iPhone ロック 解除

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【最新情報】iPhoneの顔認証が急にできない場合の原因と対処法10選

iPhoneの顔認証ができない(Face IDが使えない)トラブルが急に発生したらどう対処するべきでしょうか。画面を注視するだけで画面ロックを解除できるiPhoneの顔認証.非常に便利な機能ですが顔認証できない、急に画面ロックが解除できないなどの問題が起きるケースがあります。iPhoneの顔認証ができないと毎回パスワードを入力しなければいけないので不便ですよね。

この記事では、iPhoneの顔認証が急にできない(Face IDが使えない)場合の原因と対処法をご紹介します。

Part1.なぜiPhoneの顔認証が急にできない(Face IDが使えない)のか?

iPhoneの顔認証(Face ID)は、Appleが提供する生体認証システムの一つで.ユーザーの顔をスキャンしてデバイスのロックを解除したり、認証が必要なアクションを実行したりするために使用されます。Face IDは、ユーザーの利便性とセキュリティを向上させるために設計された技術です。

iPhoneの顔認証(Face ID)が急にできなくなる理由はいくつか考えられます。

原因1.最新のiOSアップデートにより顔認証が使えない

お使いのiPhoneのiOSバージョンが最新でない場合、顔認証の機能が正常に作動しないことがあります。最新のiOSバージョンにアップデートして問題を解決できないか試してみましょう。

原因2.iPhoneに顔認証が設定または登録できない

iPhoneで顔認証の設定が不十分、または登録できていない状態のままではiPhoneの顔認証は使えませんのでiPhoneに顔認証の設定を確認してみましょう。

原因3.お使いのiPhoneにFace ID機能が搭載されていない

Face IDはすべてのiPhoneに搭載されているわけではありません。Face ID機能が搭載されていないiPhoneで顔認証の設定・登録はできないので注意しましょう。では、Face IDに対応しているiPhoneとiPadのモデルを確認しましょう。

Face ID機能 対応 iPhone

原因4.顔がマスク・帽子・メガネなどで覆われている

マスクやメガネ、帽子などで顔が覆われているとiPhoneの顔認証で解除できないことがあります。マスク着用時Face IDをオンにしたり、メガネを登録したりすることで改善できる可能性があります。

原因5.App StoreでFace IDの使用を許可されていない

iPhoneにアプリをインストールするときに顔認証できないならFace IDを使用する項目で「iTunes StoreとApp Store」をオンにしているかチェックしてみましょう。

原因6.再起動時に.iPhoneパスコードを設定してないのに

お使いのiPhoneやiPadを再起動するとき、パスコードの入力を求めます。パスコードを入力しないと、iPhoneやiPadは使用できません。しかし、パスコードを設定していないのに、パスコード入力を求められることもあります。

原因7.照明条件

暗い場所や強い逆光など、環境条件によってはFace IDが正確に顔を認識できないことがあります。

Part2.Face IDが認識しないでパスコードを要求される場合の解除方法

iPhoneの顔認証に連続して失敗するとパスコードの入力を要求されますが、パスコードが分からない場合はどうするべきでしょうか。次は、パスコード入力なしでiPhoneの画面ロックを解除する方法をご紹介します。

今回はTenorshare 4uKeyというiOSデバイスのロックを解除するためのプロなソフトを利用します。Tenorshare 4uKeyはFace IDを使った顔認証や設定したパスコードの入力なしでiPhoneの画面ロックを解除できる専門ツールです。iPhoneシステムを傷つけることなくロックを解除できるので、ロック解除後も問題なく正常にiPhoneをお使いいただけます。わかりやすいガイドが表示される操作画面と優しい操作性で初めての使用者に好評の非常に使いやすい専門ツールです。

4uKeyを使って、iPhoneの顔認証(Face ID)とパスコードのロックを解除する

4uKeyをお持ちでない場合、ソフトをダウンロードしインストールしてください。

  • 4uKeyをパソコンにダウンロードして起動し、「解除開始」をクリックします。

    画面ロック解除
  • iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し「開始」をクリックしましょう。

    iPhone パスコード 解除
  • iOSファームウェアパッケージが検出されますので、保存先を指定した後「ダウンロード」を押します。

    ファームウェアをダウンロード
  • ファームウェアがダウンロードされると、「解除開始」をクリックして、顔認証(Face ID)とパスコードロックの解除作業が開始します。数分間に、顔認証(Face ID)とパスコードのロックが解除できます。

    iPhone パスコードを解除

関連記事: マスク着用時.顔認証でiPhoneのロックを解除できない場合の対処方法

Part3.iPhoneの顔認証(Face ID)が反応しない・認識できない場合の対処法10選

iPhoneの顔認証(Face ID)が急に反応しない・認識できない場合の対処法を見ていきましょう。これらの手順を試して問題を解決してください。

対処1.iPhoneを再起動する

iPhoneで顔認証できないトラブルが急に発生した場合、iPhoneを再起動すると解決することがあります。iPhoneの片方の音量調節ボタンとサイドボタンを長押しすると電源オフスライダが表示されますので、電源をオフにしてから再び電源を入れて顔認証を試してみましょう。

iPhone 再起動

対処2.iPhone自体からすべての設定をリセットする

再起動を試してもiPhoneの顔認証ができない、または登録や設定ができないならiPhoneのすべての設定をリセットすると効果的なケースがあります。すべての設定をリセットしてもiPhoneに保存されている写真やアプリなどが削除されることはありません。設定だけがリセットされます。

  • Step1: 「設定」から「一般」を選択します。

  • Step2: 一般画面の一番下にスクロールして、「転送またはiPhoneをリセット」をタブします。

  • Step3: 「リセット」をタブして、「すべての設定をリセット」を選択します。

  • Step4: 「パスコードを入力」画面が出て、iPhoneのパスコードを入力します。

  • Step5: もう一度「すべての設定をリセット」をタブして確認します。

すべての設定をリセット

対処3.Face IDをリセットして再設定する

iPhoneの顔認証ができないトラブルではFace IDをリセットして再設定すると直ることがあります。

  • Step1: 「設定」から「Face IDとパスコード」を選択します。

  • Step2: 「Face IDをリセット」をタップします。

  • Step3: 再び「Face IDを設定」を選択して、顔を登録してみます。

Face ID リセット

対処4.マスクとメガネ付きの顔認証を登録する

マスクを着けている状態でiPhoneの顔認証を利用する場合は「マスク着用時Face ID」をオンにしましょう。

  • 「設定」から「Face IDとパスコード」を選択します。
  • 「マスク着用時Face ID」をタップします。
マスク着用時Face ID 設定

iPhoneの顔認証ではメガネを登録することもできます。

  • 「設定」から「Face IDとパスコード」を選択します。
  • 「メガネを追加」をタップします。
マスク着用時Face ID 設定

対処5.Face IDがApp Storeでのアプリインストールと購入を許可する

Face IDの設定からApp Storeでの購入を許可しないとiPhoneのアプリインストールで顔認証ができない原因になります。

  • Step1: 「設定」から「Face IDとパスコード」をタップします。

  • Step2: 「iTunes StoreとApp Store」をオンにします。

アプリインストール 許可 Face ID

対処6.iPhoneを最新のiOSソフトウェアにアップデートする

iPhoneの顔認証ができない場合、アップデートが関係している可能性があります。iPhoneを最新のiOSバージョンにアップデートできるなら更新してみましょう。

  • Step1: 「設定」から「一般」を選択します。

  • Step2: 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

  • Step3: 最新のiOSバージョンを確認して、「ダウンロードしてインストール」をタブします。

  • Step4: パスコードを入力して、iPhoneのアップデートが開始します。

  • Step5: iOSのアップデートが終了したら、iPhoneは再起動されます。

iPhone 最新のiOS アップデート

対処7.照明条件の確認

Face IDは照明条件によって認識精度が変わることがあります。暗い場所や強い逆光ではなく、適切な照明環境で試してください。

対処8.TrueDepthカメラの方向を確認する

iPhoneの顔認証(Face ID)が認識できない場合、TrueDepthカメラの方向を確認することが重要です。TrueDepthカメラは、顔を認識するために顔の位置や角度、デバイスの持ち方を正確に捉える必要があります。

  • デバイスの向き:Face IDは、iOS 16以降のiPhone 13以降のモデルでは縦向きでも横向きでも機能します。それ以前のモデルでは縦向きの状態でFace IDを使用する必要があります。
  • デバイスの位置:デバイスを顔から腕の長さ程度、またはそれよりも近い25〜50センチの距離に保ってください。TrueDepthカメラが顔を正確に捉えるためには適切な距離が必要です。
  • 顔の位置:顔がTrueDepthカメラに対して正しく向けられているか確認してください。顔がカメラに正対していることが重要です。
  • デバイスの傾き:デバイスを適度な角度に持ち、カメラが顔を捉えられるようにします。極端に傾いていると、認識が難しくなることがあります。
  • デバイスの状態:TrueDepthカメラやセンサーの周辺に汚れや指紋がないか確認し、清掃しておいてください。

対処9.専門のロック解除ツールを使用する

上記に紹介したTenorshare 4uKeyは、iPhoneやiPadのパスコードを忘れた場合やデバイスがロックされてしまった場合に、パスコードを解除するためのサードパーティ製のツールです。Face ID(顔認証)が認識できず、パスコードも忘れてしまった場合に4uKeyを使用してロックを解除できます。

以下は4uKeyの主要な機能の紹介です。

  • 画面ロックを解除:4桁/6桁のパスコード、Touch IDまたはFace ID、あらゆるタイプの画面ロックを解除できる
  • Apple IDを削除:iOSデバイスからApple IDを削除する
  • スクリタイムタイム・パスコードを解除:データを失うことなくiOSデバイスのスクリタイムタイムパスコードを削除する
  • MDMロックを解除:iOSデバイスでモバイルデバイス管理となりモート管理をバイパスする
  • パスワードマネージャー:iOSデバイスに保存されている様々なパスワードを見つける

デバイスのロック解除を行うと、データが消去される可能性があるため、事前にバックアップを取っておくことを強くおすすめします。

対処10.Appleサポートに連絡

以上の対処法で問題が解決しない場合は、ハードウェアに問題がある可能性があります。Appleサポートに連絡してプロのサポートを受けてください。

まとめ

iPhoneの顔認証ができないトラブルが急に発生した場合の原因と対処法をご紹介しました。iPhoneの顔認証の設定・登録ができないときはiPhoneの再起動や設定のリセットを試してみましょう。定期的にiPhoneシステムを更新していないユーザーは、iPhoneで顔認証できない原因がアップデートにあるかもしれません。

Face IDの認証に連続して間違うとパスコードの入力を求められる場合、Tenorshare 4uKeyを使うとiPhoneからFace IDとパスコードロックを消去して正常に利用できる状態に戻せますので安心です。

数ステップでiPhone15のロックを削除
  • パスワードなしでiPhone・iPad・iPodからApple IDのロックを削除可能
  • iPhone/iPadのロック画面からからパスコード/Touch ID/Face IDを簡単に解除
  • スクリーンタイムパスコードApple ID・MDMプロファイルを速やかに削除可能 
  • iTunesまたはiCloudを使わずにiPhone/iPad/iPod Touchを修復 
  • iOS 18ベータ/iPadOS 18ベータやiPhone 15/iPhone 15 Plus/iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Maxに対応