Apple IDなしでiPhoneを工場出荷時の状態に戻す(初期化する)最適な2策

  Apple IDはふだんさほど使うことがない人も多いです。しかし使わなければパスワードなどを忘れてしまうことがあります。

  設定をリセットする時などには必要となるのですが、Apple IDが忘れたためリセットできないこともあるでしょう。そこでAppleIDがない、Apple IDのパスワードを忘れたのでリセットできない時の対処法を考えてみます。

Apple IDなしでiPhoneを工場出荷時の状態に戻す

iTunesを使ってApple IDなしでiPhoneを工場出荷時の状態に戻す

iTunesを使ってApple IDなしでiPhoneをリセットする方法を紹介します。この方法ではApple IDは必要ありませんが、パソコンにiTunesをインストールしておく必要があるので、注意してください。

  ステップ1 パソコンでiTunesを起動させて、iOSのデバイスを接続してください。

アカウントのロックを解除

  ステップ2 このコンピュータを信頼しますかと表示がでるので、イエスを選択すると、iTunesにデバイスが表示され、選択してクリックします。

アカウントのロックを解除

  ステップ3 デバイスを復元という項目がでるので、そこをクリックして画面の指示に従って操作しましょう。

アカウントのロックを解除

以上の方法でiTunesから、iPhoneを工場出荷の状態に戻すことができます。あらかじめインストールしておく必要がある上、iTunesが正常に動作しないこともあるので、注意しておきましょう。

Apple ID / iTunesとパスコードなしでiPhoneを工場出荷時の状態にリセットする方法

最後にApple ID / iTunesとパスコードを使わずにiPhoneをリセットする方法を紹介します。この方法で必要となるのはTenorshare 4uKeyというアプリです。このアプリを使うことで、簡単にApple IDを削除してリセットすることができます。機械に詳しくない人でも手軽に行えるので、とても便利なアプリです。

  ステップ 1.プログラムを起動させて、Apple IDを削除をクリックしましょう

Apple IDを削除

  ステップ 2.iPhoneをパソコンと接続すると、ソフトの画面に開始と表示されるのでクリックします。

開始をクリック

  ステップ 3.アプリが自動的にApple IDを削除してくれるので、後は本体操作でリセットができます。

Apple IDを削除している

  工場出荷時の状態に戻るとデバイスが再起動します。これで新しいデバイスとして設定できるようになります。

iTunesよりも挙動が安定しているため、iPhoneのリセットではサードパーティーのアプリを使う人も少なくありません。安定していて簡単に操作でき、速いのは大きなメリットです。

まとめ

iPhoneをApple IDなしでリセットする方法でした。iTunesを使った方法もありますが、やはりあらかじめインストールしておく必要があるため、 4uKeyの方が使い勝手がいいです。操作もシンプルで、素早くIDを削除してリセットできるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 13トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能
Update 2019-07-25 iPhone初期化
お役に立ちましたか?
はい
いいえ
記事に対するご意見・ご感想をお寄せください