iPhone ロック 解除

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【超簡単】iPhone スクリーンタイム「制限を無視」を1分で非表示にする方法

iPhoneのスクリーンタイム機能は、デバイスの使用時間を管理し、特定のアプリやコンテンツへのアクセスを制限するための強力なツールです。しかし、「制限を無視」オプションが表示されることで、特に子供たちが簡単に制限を回避できる場合があります。

この記事では、スクリーンタイムの「制限を無視」オプションを迅速に非表示にする方法を紹介します。これにより、iPhoneの使用制限をより効果的に管理し、デジタルウェルビーイングを向上させることができます。

制限を無視

Part1:スクリーンタイム機能とは?スクリーンタイムの制限を設定する方法

iPhoneのスクリーンタイム機能は、デバイスの使用時間を管理し、特定のアプリやコンテンツへのアクセスを制限するための強力なツールです。スクリーンタイムには使用制限の機能が付いており、iPhoneで指定したアプリなどの使用時間を制限できます。

スクリーンタイムの機能

スクリーンタイムの機能はiPhoneの利用状況を確認するだけではなく、iPhoneを管理するための複数の設定もあります。スクリーンタイムの機能は次の通りです。

  • 休止時間…電話や許可してあるAppのみ使用可能になる設定です。
  • App使用時間の制限…1日あたりのAppの使用時間に制限を設けます。
  • 通信/通話…日中や休止時間中にやりとりできる相手を設定します。
  • 常に許可…休止時間やApp使用時間の制限などの最中であっても常に利用できるAppを設定します。
  • コンテンツとプライバシーの制限…iPhoneに表示するコンテンツの種類を設定したり、購入やダウンロードを制限したりします。

スクリーンタイムの制限を設定する方法

iPhoneの使いすぎを防止したい場合は、スクリーンタイムの制限を設定しましょう。まずは、iPhoneの設定から「スクリーンタイム」>「スクリーンタイムをオンにする」と進み初期設定を行います。

スクリーンタイムを設定

初期設定後に各種アプリの制限を変更する際はiPhoneの設定から「スクリーンタイム」>「App使用時間の制限」の制限から可能です。

App使用時間の制限を設定

Part2:スクリーンタイム「制限を無視」を非表示にする【手順付き】

スクリーンタイム制限無視をなくす方法を解説します。スクリーンタイムの初期設定のままでは「制限を無視」が表示されるので、忘れずに「制限を無視」を非表示にします。また、スクリーンタイムの設定を変更されないように、スクリーンタイムのパスコードも設定しておきましょう。

  • iPhoneの設定からスクリーンタイムをタップします。

  • 「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップして、パスコードを設定します。

  • 「休止時間」を開き、「スケジュール」を設定して、「休止時間中にブロック」をオンにします。

    スクリーンタイム「制限を無視」を非表示にする

それで「制限を無視」が非表示になり、代わりに「時間延長の許可を求める」が表示されます。「時間延長の許可を求める」をタップすれば、「あと1分」と「スクリーンタイム・パスコードを入力」のみ表示されます。

「制限を無視」を非表示にした

Part3:スクリーンタイムパスコードを忘れた場合の解除法-Tenorshare 4uKey利用

スクリーンタイムパスコードを設定している場合、スクリーンタイムの設定を変更するにはスクリーンタイムパスコード入力が必要です。しかし、同パスコードは使用機会が多くはないので、忘れてしまったというケースも多々あるでしょう。Tenorshare 4uKeyを使えばiPhoneのデータ損失を引き起こすことなくスクリーンタイムパスコードを解除できます。

Tenorshare 4uKeyのメリット:

  • わかりやすいアイコンで直感的に操作できる使いやすいインターフェイス
  • 無料のカスタマーサポート
  • 簡単な作業手順
  • 初めてでも問題なく使える

Tenorshare 4uKeyを使ったスクリーンタイムパスコード解除手順:

  • Tenorshare 4uKeyをパソコンにダウンロードしてインストールします。

  • パソコンでTenorshare 4uKeyを起動して「スクリーン・タイムパスコードを解除」をクリックします。

    4uKeyを起動
  • iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し、認識されたことを確認します。

    iPhoneをパソコンに接続
  • 画面の指示に従いスクリーンタイムパスコードを簡単に削除できます。削除出来たら、デバイスが再起動されます。

    スクリーンタイムパスコードを削除

Part4:スクリーンタイムに関する質問

Q1: 「使用制限終了時にブロック」が出ない場合はどうする?

すべてのAppおよびカテゴリで「使用制限終了時にブロック」が出ない場合「制限を無視」を非表示にできないままです。スクリーンタイムのパスコードが設定されていない可能性がありますので、設定>スクリーンタイム>スクリーンタイム・パスコードを使用から設定しましょう。

Q2: スクリーンタイム「今日は制限を無視」をすればどうなる?

スクリーンタイムで今日は制限を無視を選択したことが無い方は、タップするとどうなるのか疑問に思うでしょう。今日は制限を無視を選ぶと、あらかじめ設定されている使用時間の制限が無視できます。

追記:スクリーンタイムの制限を無視する方法はあるの?

スクリーンタイムの制限を無視する具体的な方法について説明しますが、これらの情報は教育目的で提供され、意図的に制限を回避することを奨励するものではありません。

1. パスコードの取得

スクリーンタイムパスコードを知っている場合、そのパスコードを使用して制限を無視できます。パスコードを知らない場合は、パスコードを取得する必要がありますが、これは保護者や管理者の許可を得るべきです。

2. 新しいApple IDの作成

新しいApple IDを作成してデバイスにサインインすると、一部のスクリーンタイム制限を回避できる場合があります。この方法は、デバイスの設定によって異なる結果をもたらすことがあります。

3. 設定のリセット

設定をリセットすることでスクリーンタイム設定を初期化できますが、データが消失するリスクがあります。この方法は最終手段として考えるべきです。

設定方法:設定アプリを開く > 一般 > リセット > すべての設定をリセット

4. アプリの再インストール

特定のアプリの使用制限を回避するために、アプリを一度削除して再インストールすることで一時的に制限を無視できる場合があります。

5. スクリーンタイムのオフ

スクリーンタイム自体をオフにすることで制限を完全に無効にできます。これにはパスコードが必要です。

設定方法:設定アプリを開く > スクリーンタイム > スクリーンタイムをオフにする

注意点

これらの方法は、教育目的で提供されています。スクリーンタイムの制限は、デジタルウェルビーイングを保ち、健全なデバイス使用習慣を維持するためのものです。制限を無視することは、これらの目的を損なう可能性がありますので、制限を解除する前に、その理由や影響をよく考えてください。

まとめ

iPhoneスクリーンタイムの「制限を無視」ボタンを非表示にすることで、子供のスマホ利用をより効果的に管理することができます。パスコードを忘れてしまった場合は、Tenorshare 4uKeyなどのソフトウェアを使って解除することができます。

新着記事: 【iphone・ipad】パスコードが合ってるのにロック解除ができない時の対処法

数ステップでiPhone15のロックを削除
  • パスワードなしでiPhone・iPad・iPodからApple IDのロックを削除可能
  • iPhone/iPadのロック画面からからパスコード/Touch ID/Face IDを簡単に解除
  • スクリーンタイムパスコードApple ID・MDMプロファイルを速やかに削除可能 
  • iTunesまたはiCloudを使わずにiPhone/iPad/iPod Touchを修復 
  • iOS 17/iPadOS 17やiPhone 15/iPhone 15 Plus/iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Maxに対応