iPhone ロック 解除

【2024年】iPhoneスクリーンタイムの抜け道6選をご紹介

現代のスマートフォン利用が急速に増加する中で、特に子供たちのスマホ使用時間を適切に管理する重要性が高まっています。そこで、Appleが提供する「スクリーンタイム」という機能が役立ちます。しかしながら、この機能には抜け道や裏ワザも存在します。この記事では、iPhoneスクリーンタイムの抜け道や裏技を網羅し、その重要性について詳しく解説します。

Part1.iPhoneスクリーンタイム時間とは

iPhoneスクリーンタイム時間とは、ユーザーがスマホやアイフォンを使っている時間を計測し、そのデータを基に利用制限を設定できる機能です。

この機能は、アプリごとに利用時間を設定でき、バランスの取れたスマホ使用を促進するために非常に役立ちます。特に子供のスマホ利用を制御するために、親が設定することが一般的です。

iPhoneスクリーンタイム時間を設定するメリット/デメリット

iPhoneのスクリーンタイムを設定することで得られるメリットはたくさんあります。

まず、スマホの使いすぎを防ぐことができ、特に子供たちの健康管理にも役立ちます。また、ブルーライト時間の削減による視力保護や、一定時間を過ぎると自動的に使用を制限することで、夜の睡眠の質も向上させることができます。

一方で、デメリットとしては、過度に制限しすぎるとユーザーの自由度が減少し、ストレスが溜まることがあります。また、設定を忘れてしまうと、解除するのが難しくなることもあるため、慎重に設定する必要があります。

抜け道を知る重要性

iPhoneスクリーンタイムを設定することは、有益な点も多いですが、時折困惑する場合もあります。たとえば、パスコードを忘れてしまった場合や、特定のアプリだけを使い続けたい場合などです。そのような時に、スクリーンタイムの抜け道を知っていることは非常に便利です。このような情報を正しく理解し活用することで、必要に応じて適切に対応できるようになります。

Part2.iPhoneスクリーンタイムの抜け道6選

スクリーンタイム抜け道1.Tenorshare 4uKeyででスクリーンタイム制限を解除する【データ損失なし】

Tenorshare 4uKeyは、iPhoneやiPadのロック解除を簡単に行うための強力なツールです。忘れたパスコードの解除、Apple IDの削除、MDM(Mobile Device Management)ロックのバイパス、スクリーンタイムパスコードの削除など、多様な機能を提供します。

また、デバイスがリカバリモードに入ってしまった場合の強制解除や、iTunesなしでのデバイスリセットも可能です。最新のiOSバージョンを含むほとんどのiPhone、iPad、iPod touchに対応しており、シンプルな操作でユーザーの問題を迅速に解決します。公式サイトからソフトウェアをダウンロードし、PCに接続して使用します。

Tenorshare 4uKeyをダウンロード

4ukeyのメリットとしては、データ損失なしでスクリーンタイム制限を解除できることです。

Tenorshare 4uKeyでスクリーンタイム制限を解除する方法をステップバイステップで説明します。

  • ステップ1: ソフトウェアのインストールとデバイスの接続

    1-1:Tenorshare 4uKeyをダウンロード: 公式サイトからTenorshare 4uKeyをダウンロードし、インストールします。

    1-2:デバイスを接続: インストールが完了したら、解除したいiPhoneまたはiPadをUSBケーブルでPCに接続します。

  • ステップ2: スクリーンタイムパスコード解除モードの選択

    2-1:4uKeyを起動: ソフトウェアを起動し、メイン画面から「スクリーンタイムパスコードを解除」を選択します。

    4uKeyを起動

    2-2:デバイス情報の確認: 接続されたデバイスが認識されると、デバイス情報が表示されます。確認して「解除開始」をクリックします。

    デバイス情報の確認
  • ステップ3: スクリーンタイム制限の解除

    3-1:解除プロセスの開始: 4uKeyが自動的にデバイスのスクリーンタイムパスコードを解除します。このプロセスは数分かかります。

    解除プロセスの開始

    3-2:完了メッセージの確認: 解除が完了すると、ソフトウェアに完了メッセージが表示されます。これで、スクリーンタイム制限が解除されました。

    完了メッセージの確認

これで、スクリーンタイムのパスコードが解除され、デバイスを自由に使用できるようになります。


スクリーンタイム抜け道2.タイムゾーンを変更する

スクリーンタイムの制限を回避するために、タイムゾーンを変更する方法について解説します。この方法は、特定のスクリーンタイム制限を一時的に解除することができます。

ステップ1: 設定アプリを開く

  • 1-1:設定アプリの起動: iPhoneまたはiPadのホーム画面で「設定」アプリをタップして開きます。

ステップ2: 日付と時刻の設定にアクセスする

  • 2-1:「一般」を選択: 設定アプリ内で「一般」をタップします。
  • 2-2:「日付と時刻」を選択: 「一般」メニューの中から「日付と時刻」をタップします。

ステップ3: タイムゾーンを変更する

  • 3-1:「自動設定」をオフ: 「日付と時刻」メニューで「自動設定」のスイッチをオフにします。これにより、手動でタイムゾーンを変更できるようになります。
  • 3-2:タイムゾーンの選択: 「タイムゾーン」をタップし、異なるタイムゾーンを選択します。通常は、現在の時間から大きく異なるタイムゾーンを選ぶと効果的です。
タイムゾーンを変更する タイムゾーンの選択

※注意点:

  • 一時的な回避: この方法はスクリーンタイム制限を一時的に回避するためのものであり、根本的な解除ではありません。

  • 設定の確認: タイムゾーンの変更後、スクリーンタイムの制限が適用されていないことを確認してください。


スクリーンタイム抜け道3.アプリを再インストールする

スクリーンタイムの制限を回避するためにアプリを再インストールする方法について解説します。この方法は、特定のアプリに対するスクリーンタイム制限を一時的にリセットするために使用できます。

ステップ1: スクリーンタイム制限がかかっているアプリを削除する

  • 1-1:アプリの削除: ホーム画面で削除したいアプリのアイコンを長押しします。
  • 1-2:アプリの削除選択: アプリのアイコンに表示される「削除」または「アプリを削除」をタップし、確認メッセージが表示されたら「削除」を選択します。
アプリを再インストールする

  • 2-1:App Storeを開く: ホーム画面で「App Store」アプリをタップして開きます。
  • 2-2:アプリの検索: 再インストールしたいアプリの名前を検索バーに入力し、検索結果から該当のアプリを選択します。
  • 2-3:アプリのインストール: アプリのページで「入手」または「再ダウンロード」ボタンをタップし、必要に応じてApple IDのパスワードを入力してインストールします。

ステップ3: スクリーンタイム制限のリセットを確認する

  • 3-1:アプリの起動: インストールが完了したら、再インストールしたアプリを開きます。
  • 3-2:制限の確認: スクリーンタイムの制限がリセットされ、アプリの使用が可能になっていることを確認します。

※注意点:

  • 一時的な回避: この方法は一時的にスクリーンタイム制限を回避するためのものであり、時間の経過とともに再度制限がかかる可能性があります。

  • データの損失: アプリを削除すると、そのアプリに保存されているデータが失われる場合があります。重要なデータがある場合は、事前にバックアップを取っておくことをお勧めします。


スクリーンタイム抜け道4.iPhoneを初期化

スクリーンタイムの制限を回避するためにiPhoneを初期化する方法について解説します。この方法は、スクリーンタイムの制限を完全に解除する最も徹底的な方法ですが、デバイス上のすべてのデータが削除されるため、使用には注意が必要です。

ステップ1: データのバックアップ

  • 1-1:iCloudバックアップ: 設定アプリを開き、「[ユーザー名]」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」を選択し、「今すぐバックアップを作成」をタップします。
  • 1-2:iTunesバックアップ: PCまたはMacにiTunesをインストールし、iPhoneを接続。iTunesを開き、デバイスアイコンをクリックして「今すぐバックアップ」を選択します。

ステップ2: iPhoneを初期化

  • 2-1:設定アプリを開く: ホーム画面で「設定」アプリをタップして開きます。
  • 2-2:「一般」を選択: 設定メニューから「一般」を選択します。
  • 2-3:「リセット」を選択: 「一般」メニューの下部にある「リセット」をタップします。
  • 2-4:「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択: リセットメニューで「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、確認画面でパスコードを入力して「iPhoneを消去」をタップします。
iPhoneを初期化

ステップ3: iPhoneの再設定

  • 3-1:iPhoneの起動: 初期化が完了すると、iPhoneが再起動し、設定画面が表示されます。
  • 3-2:初期設定の実行: 言語や国の設定、Wi-Fiの設定など、画面の指示に従って初期設定を進めます。
  • 3-3:バックアップの復元: 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」または「iTunesバックアップから復元」を選択し、事前に作成したバックアップを使用してデータを復元します。

※注意点:

  • データの損失: 初期化を行うと、iPhone上のすべてのデータが削除されます。必ずバックアップを取ってから実行してください。

  • 時間と労力: 初期設定およびデータの復元には時間がかかるため、十分な時間を確保してください。

  • 制限の再設定: バックアップから復元すると、以前のスクリーンタイム設定も復元されることがあります。この場合、新しい設定でスクリーンタイムを再設定することができます。


スクリーンタイム抜け道5.iCloudでiPhoneを消去してスクリーンタイムを解除

スクリーンタイムの制限を回避するために、iCloudを使用してiPhoneをリモートで消去する方法について解説します。この方法は、iPhone上のすべてのデータを削除し、スクリーンタイム制限も解除されます。

ただし、この手法はデバイスの完全な消去となるため、データのバックアップとデバイスの所有権を持つことが必要です。

ステップ1: デバイスの確認と準備

  • 1-1:デバイスの確認: iPhoneのシリアル番号やIMEIを確認して、正しいデバイスを特定します。
  • 1-2:バックアップ: iCloudまたはiTunesを使用して、重要なデータをバックアップします。

ステップ2: iCloudでiPhoneを消去する

  • 2-1:iCloudにログイン: 別のデバイスやブラウザを使用してiCloudにログインし、[すべてのデバイスを見る]をクリックします。
  • 2-2:デバイスの選択: 消去したいiPhoneを選択します。
  • 2-3:デバイスを消去: [iPhoneを探す]をクリックし、[このiPhoneを消去]を選択します。その後、指示に従って消去プロセスを完了します。
iCloudでiPhoneを消去してスクリーンタイムを解除

ステップ3: iPhoneの再設定と復元

  • 3-1:初期設定: iPhoneを再起動し、初期設定を行います。言語、国、Wi-Fi接続などを設定します。
  • 3-2:データの復元: 初期設定が完了したら、以前のバックアップからデータを復元します。これにより、必要な情報が復元され、スクリーンタイムの制限も解除されます。

※注意点:

  • データの消去: iCloudを使用してiPhoneを消去すると、デバイス上のすべてのデータが永久に削除されます。慎重に操作してください。

  • 所有権の確認: デバイスをリモートで消去するには、デバイスがあなたの所有であることを確認する必要があります。

  • セキュリティ: iCloudを使用してデバイスを消去すると、デバイスが紛失または盗難にあった場合に重要なセキュリティ対策となります。


スクリーンタイム抜け道6.ウェブブラウザを使用する

スクリーンタイムの制限を回避するためにウェブブラウザを使用する方法について解説します。この方法は、スクリーンタイムの制限がかかっていないウェブブラウザを利用して、制限されたコンテンツにアクセスすることができます。

ステップ1: 制限のかかっていないウェブブラウザを選択

  • 1-1:制限の確認: iPhoneのホーム画面から設定アプリを開き、「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシー制限」を確認します。
  • 1-2:ウェブコンテンツフィルタリング: ここで、ブラウザー制限が設定されていないか確認します。制限がかかっていないブラウザを選択します。

ステップ2: 制限されたコンテンツにアクセスする

  • 2-1:ウェブブラウザを起動: 選択した制限のかかっていないウェブブラウザを起動します。
  • 2-2:制限されたコンテンツへのアクセス: ウェブブラウザを使用して、制限されたコンテンツにアクセスします。これには、制限されたウェブサイト、アプリのウェブビュー、オンラインコミュニケーションツールなどが含まれます。

※注意点:

  • 制限のバイパス: この方法は、スクリーンタイムの制限を回避する方法の一つですが、制限のかかっていないウェブブラウザが必要です。一部のブラウザーはスクリーンタイムの制限に対応しているため、事前に確認することが重要です。

ウェブブラウザを使用する

まとめ

今回、iPhoneスクリーンタイムの抜け道6選をご紹介しました。iPhoneのスクリーンタイム機能は、子供のスマホ使用時間を制限するために非常に有用です。しかし、時にはその制限を解除したり、裏ワザを駆使して抜け道を探す必要がある場合もあります。特に、iPhoneスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合や、設定に関する問題が発生した場合には、抜け道が非常に役立ちます。

紹介した6つの方法—特にデータ損失なしにスクリーンタイム制限を解除できる Tenorshare 4uKeyは、多くのユーザーにおすすめです。実際にツールを利用する際には、公式操作ガイドを参考にすると良いでしょう。

数ステップでiPhone15のロックを削除

  最終更新日 2024-05-28 / カテゴリ  iPhoneパスコード解除

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください