iPhone ロック 解除

iPadからApple IDを完全に削除する方法

不要になったiPadを家族や知り合いに譲りたい時、また外部に売却したい時、メールや写真、支払いの情報などプライベートな情報はなるべく削除して、きれいな状態で手放したいものですよね。iPad内の情報はApple IDに紐づいて記録されているため、あなたの個人の情報を残さないためにはApple IDをiPadから削除する必要があります。本記事ではiPadからApple IDに紐づいた情報を消去する方法についていくつかご案内したいと思います。

1.方法1:iPadの本体からApple IDを削除する

iPadを初期化することでApple IDアカウントから端末を切り離し、iPad内の情報を削除する方法です。

  • iPhoneで「設定」を開き、「一般」を選択します。
  • 一番下までスクロールし「リセット」を選択します。
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。
  • メッセージウィンドウの「iPhoneを消去」をタップします。

    manage accounts

方法2:iCloudの「探す」からiPadのApple IDを消去する

「iPadを探す」機能で、Apple IDアカウントからiPad端末を切り離し削除する方法です。Web上で行う方法と、アプリを利用する方法の2つをご紹介します。

Web上で行う場合

  • icloud.com/find」にアクセスしてApple IDでサインインします。
  • 「すべてのデバイス」プルダウンから、消去したいアカウントのiPadを選択します。
  • iPadの「探す」アプリを起動し、「デバイスを探す」より消去したいアカウントのiPadを選択します。
  • 画面右上に選択したデバイスのポップアップが表示されるので、「iPadを消去」を選択してアカウントを削除します。

「探す」アプリを利用する場合

  • iPadの「探す」アプリを起動し、「デバイスを探す」より消去したいアカウントのiPadを選択します。
  • 画面下部の「このデバイスを消去」を選択してアカウントを削除します。

    manage accounts

方法3:iTunesの復元からiPadのApple IDを削除する

PCにiTunesがインストールされている場合、「復元」の機能でiPadを初期化し、Apple IDアカウントを端末から切り離します。

  • ケーブル等でiPadとPCを接続します。
  • iTunesを起動し、ウィンドウの左上近くにあるデバイスボタン(iPhoneマーク)をクリックします。
  • 「概要」を開き、「iPadを復元」をクリックします。
  • ダイアログの案内に従い「iPadを探す」が有効になっている場合、iPadを操作して「iPadを探す」をオフにします。iPadの「設定」→「ユーザ名」を開き、「探す」をタップして「iPadを探す」をオフにします。
  • 再度ダイアログボックスが表示されたら「復元」をクリックします。

方法4:MacのFinderからiPadのApple IDを復元する

macOS Catalina 10.15 以降を搭載したMacでは、「Finder」で復元を実行し、iPadを初期化することが可能です。

  • 端末を USB ケーブルでコンピュータに接続します。パスコードの入力や「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作します。
  • 「Finder」ウィンドウにデバイスが表示されるので、復元したいiPadを選択し、ページ中央の「iPadを復元」をクリックします。
  • 確認画面が表示されたら「復元」をクリックすると、デバイスの初期化が開始されます。

方法5:専門的なApple ID削除ツールを利用する

もし以前の所有者の情報が残ったまま端末を譲り受け、Apple IDにサインインできず上記の方法が取れない場合は、専門的なApple ID削除ツールを使うことをお勧めします。Tenorshare 4uKeyは簡単なステップでApple IDを削除することができるツールです。使用方法は以下を参考にしてください。

  • Tenorshare 4uKeyをPCにインストールします。

  • ソフトを起動し「Apple IDを削除」を選択します。

    Apple ID 削除 - 4ukeyのガイド
  • USBケーブルを使ってロック解除したい端末とPCをつなぎます。「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示された場合は、デバイスのロックを解除して「信頼」をタップします。

    コンピュータを信頼 - 4ukeyのガイド
  • 「削除開始」ボタンをクリックして、現在iPhone、iPad、またはiPod touchに関連付けられているApple IDとiCloudアカウントを削除します。

    Apple ID ロック 解除 - 4ukeyのガイド
  • 以上でApple IDが削除されました。

iPadのApple IDを削除する事前準備

Apple IDを削除する際、アカウントに紐づいた情報を整理するための事前準備がとても重要です。事前準備を怠ってしまうと、大事な情報がなくなってしまったり、最悪の場合その端末でAppleのサービスを受けられなくなってしまうこともあります。以下の項目を確認してからApple ID削除を行ってくださいね。

  • 準備1:iPadのデータをバックアップする
  • Apple IDを削除することによってアカウントに紐づいていた情報がAppleのサーバから削除され、写真・動画、アプリの情報、Apple Payなどにアクセスできなくなる可能性があります。保存しておきたい必要なデータはiCloud以外の場所(PCのローカルディスクや外部メディアなど)にバックアップを取っておいてください。

  • 準備2:App StoreからApple IDをサインアウトする
  • App Storeをサインアウトしておかないと、新たな所有者が再度サインインしようとしたときに削除したApple IDのサインインを求められる可能性があります。IDをすでに削除してしまっていると、最悪の場合二度とサービスを使用できなくなることもあるので、事前に忘れずにサインアウトしてください。

  • 準備3:Apple サービスからApple IDをサインアウトする
  • iCloudやFacetimeなどの他のAppleサービスもApp Storeと同様に、再度サインインしようとしたときに削除したApple IDのサインインを求められることがあります。これらも忘れずにサインアウトしてください。

  • 準備4:「iPadを探す」を無効にする
  • 「iPadを探す」に紐づけたままApple IDを削除してしまうと、再度新しいApple IDでサインインした際に設定を紐づけなおすことができません。Apple IDを削除する前に必ず「iPadを探す」をオフにしてください。

まとめ

以上、iPadからApple IDを削除する方法と事前準備についてご説明いたしましたがいかがでしたでしょうか?iPadは学校での学習に使用されるなど、子供に譲り渡したりするケースも少なくないと思います。子供が安全に使用するためにも、Tenorshare 4uKeyなどを使用してiPadに情報を残さずすっきり削除してから譲り渡したいですね。本記事が皆さんの快適なiPadライフのお役に立つことが出来れば幸いです。

関連記事: 【2022最新】iPhoneの画面ロックを解除する裏ワザ

数ステップでiPhone14のロックを削除
  • パスワードなしでApple IDを削除可能
  • 簡単にiPhone/iPadからパスワード/Touch ID/Face IDを解除
  • スクリーンタイムパスコードApple ID・MDMプロファイルを速やかに削除可能 
  • iTunesまたはiCloudなしでiPhone/iPad/iPod Touchを修復 
  • iOS16/iOS 15.7/iPadOS 15やiPhone 14/iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxに対応

  最終更新日 2022-04-14 / カテゴリ  Apple ID

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください