iPhone ロック 解除

スクリーンタイム使用時間をごまかす?スクリーンタイム解除の裏ワザ5選


スクリーンタイムの使用時間を消す方法は?
いつでも使えるように、スクリーンタイムをごまかす方法を知りたい

スクリーンタイムの使用時間をごまかす方法がわかると、必要なときにiPhoneが使えて便利です。解除方法もわかると役立つでしょう。今回はスクリーンタイムの使用時間をごまかす方法、かつスクリーンタイムを解除する方法をご紹介します。

Part1.「スクリーンタイムの使用時間」とは

スクリーンタイム 使用時間

iOS12以降から搭載されたデバイスの利用レポートや利用時間を制限する機能をスクリーンタイムと呼びます。ファミリー共有しているiOSデバイスであれば、スクリーンタイムを使うことにより、管理者が他のユーザーのデバイスを管理して制御が出来ます。保護者が子どものデバイスを管理するために用いられる場面も多いでしょう。

スクリーンタイムによりiPhoneの使用時間に関して付けられる制限は2つあります。

  • アプリの使用時間の制限
  • 許可したアプリのみ使用できる時間の設定

つまり、「スクリーンタイムの使用時間」とは、スクリーンタイムの機能を使いiPhoneの使用に制限をかけられた時間、またはアプリの使用時間の制限を指します。

Part2.スクリーンタイムの使用時間をごまかす方法4つ

スクリーンタイムでiPhoneに制限をかける際、パスコードを設定するかどうかを決められます。パスコードを設定すると、パスコードを知っているユーザーのみがスクリーンタイムの機能制限を変更できます。

しかし、スクリーンタイムの使用時間に、どうしても制限のかかっているアプリを利用したい状況が出てくることもあるでしょう。

そこで、スクリーンタイムの使用時間をごまかす方法をお伝えします。

方法1.日付と時刻を変更

iPhoneの日付と時刻を変更して、使用を制限されている時間外にする方法です。簡単な方法ですが、対策が取られており、スクリーンタイムのパスコードが設定されている場合は使えません。

  • 「設定」から「一般」を開き「日付と時刻」をタップします。
  • 「自動設定」をオフにすると手動で日付と時刻が変更できます。日付を1日進めるなどして、スクリーンタイムの使用時間をリセットしましょう。

    日付と時刻を変更

方法2.アプリを再インストールする

スクリーンタイムの使用時間はアプリごとに記録されるため、アプリを削除して再インストールすることで、使用時間をリセットできます。

  • ホーム画面で制限されたアプリを長押しします。
  • 「×」ボタンをクリックしてアプリを削除します。
  • App Storeで削除されたAPPを探してから再インストールします。
  • 方法3.制限されたアプリのウェブ版を使用する

    制限されたアプリがある場合、そのアプリのウェブ版(例えば、InstagramやYouTubeのウェブサイト)をSafariなどのブラウザで使用することで、アプリの使用時間を記録させずにアクセスできます。

    方法4.バックグラウンドでの動作を利用

    一部のアプリはバックグラウンドで動作し続けるため、画面がオフになっている間も使用時間をカウントしない場合があります。これを利用してスクリーンタイムの使用時間をごまかすことができます。

Part3.スクリーンタイムを解除する裏ワザ5選

スクリーンタイムの使用時間をごまかす方法は制限が多く、実際に試すのは難しいケースがあります。そこで、スクリーンタイムを解除する方法を試してはいかがでようか。

次は、スクリーンタイムを解除する裏ワザを解説していきます。

方法1:【おススメ】iPhone画面ロック解除ソフトでスクリーンタイムを解除

iPhone画面ロック解除ソフトのTenorshare 4uKeyなら、iPhoneのデータを失うことなくスクリーンタイムを解除します。スクリーンタイムのパスコードが設定されていても、パスコードを入力せず解除でき、操作が簡単で動作がスピーディな非常に使いやすいソフトです。

  • Tenorshare 4uKeyをダウンロードして起動します。

  • 「スクリーン・タイムパスコードを解除」を選択します。

    スクリーンタイム・パスコード 解除 - 4uKey
  • iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

    iPhoneをPC/Macに接続 - 4uKey
  • 「解除開始」をクリックしすると、しばらくスクリーンタイム・パスワードが削除されます。

    スクリーンタイム パスコード 解除開始 - 4uKey

関連記事: 【最新】iPhoneの画面ロックを解除する裏ワザ

方法2:Macからスクリーンタイムを解除

Macをお持ちであれば、Macからスクリーンタイムを解除できます。スクリーンタイムのパスコードが設定されている場合は、オフにする際にパスコードの入力を要求されます。

  • Appleメニューから「システム環境設定」を開き「スクリーンタイム」をクリックします。

    スクリーンタイム 使用時間 消す Mac
  • 「オプション」から「オフにする」をクリックして、スクリーンタイムが解除されます。

    スクリーンタイム 使用時間 消す Mac-2 スクリーンタイム 使用時間 消す Mac-3

方法3:設定からiPhoneをリセット

iPhoneの設定からリセットするとスクリーンタイムが解除できますが、同時にiPhoneのデータがリセットされるので、事前にバックアップを取っておきましょう。

  • 「設定」から「一般」を開き「リセット」を選択します。
  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

    iPhoneをリセットしてスクリーンタイムを消す

方法4:iCloudの「iPhoneを探す」で初期化

スクリーンタイムの解除にはiCloudの「iPhoneを探す」機能からiPhoneを初期化する方法が使えます。初期化するとiPhoneのデータは消えるので注意しましょう。

  • 端末またはパソコンのブラウザからiCloudを開きサインインします。
  • 「iPhoneを探す」を選択します。
  • スクリーンタイムを削除するiPhoneを選択し「iPhoneを削除」をクリックします。
  • デバイス上のすべてのデータが削除される警告が表示されますが、「続ける」をタブして、このiPhoneの設定とデータが削除されます。

    スクリーンタイム 消す

方法5:iTunesを使って初期化

iTunesを使ってiPhoneを初期化してスクリーンタイムを解除します。初期化に伴いiPhoneのデータは消去されるので、バックアップから復元しましょう。

  • iTunesを起動したパソコンにUSBケーブルでiPhoneを繋げます。
  • スマホアイコンをクリックして「iPhoneを復元」を選択します。

    iTunesを使ってスクリーンタイム 消す

まとめ

スクリーンタイムの使用時間をごまかす方法とスクリーンタイムを解除する方法をお伝えしました。初期化すると、スクリーンタイムの使用時間をリセットできますが、iPhoneのデータが消えるので注意しましょう。

iPhone画面ロック解除ソフトのTenorshare 4uKeyは、データを失うことなくスクリーンタイムの使用時間をリセットできるので、スクリーンタイムの使用時間をごまかす必要が無くなります。

数ステップでiPhone15のロックを削除

  最終更新日 2024-06-17 / カテゴリ  iPhone スクリーン タイム

(クリックしてこの記事へコメント)

(5 票、平均: 3.4 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください