iPhone ロック 解除

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

Apple IDの電話番号変更でログインできない時の対処法

Apple IDでログインするときに、パスワードを忘れてしまったとき、登録されている電話番号にSMSを送ってパスワードのリセットをすることができます。しかし、電話番号を変更していてそのSMSを受け取れないときはどうしたらいいでしょうか。今回は、電話番号を変更してしまいログインできないときの対処法を説明します。

対処法1. iPhoneの設定からApple IDのパスワードをリセットする

まず、すでにApple IDでログインしていて信頼済みのデバイスになっているiPhoneの「設定」を開きます。その後、ユーザ名をタップすると、「パスワードとセキュリティ」があるので「パスワードの変更」を選択します。画面ロックのパスコードを入れると、新しいApple IDのパスワードを登録することができます。

Apple IDを確認する

対処法2. App StoreからApple IDのパスワードをリセットする

次に、AppStoreを経由してApple IDのパスワードをリセットする方法です。Apple公式サイトのApple ID管理ページにアクセスし、IDを忘れた場合のページに行きます。Apple IDを入力すると、登録されている電話番号に2要素認証のSMSが送られるので、そのコードを入力します。すると、新しいApple IDのパスワードを設定できます。

対処法3. iTunesでApple IDのパスワードを変更する

iTunesでiTunes Storeにサインインし、サインインした状態のままであれば、iTunes Storeから「アカウントを表示」を選択します。アカウント情報画面でApple ID欄の横の編集をクリックすると、パスワードを変更することができます。

対処法4. 4uKeyを使ってApple IDのロックを削除するHOT

ここまでは、端末が信頼済みである場合や、電話番号がわかっている場合の対処法でした。電話番号が変更してログインできない場合、4uKeyのような専用ソフトを使うとApple IDを削除できます。

  • ソフトを起動し、「Apple IDを削除」を選択します。iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。

    Apple ID 削除
  • 「削除開始」ボタンを押すと、iPhoneに関連付けられているApple IDが削除されます。

    Apple ID ロック 解除
  • ロック解除が完了すると、別のApple IDにログインするか、新しいアカウントを作成できます。新しいアカウントで新しい電話番号で登録すれば、今後は正常に使うことができます。

    Apple ID ロック 解除開始

対処法5. Appleサポートに問い合わせる

Apple.comで、Appleサポートに問い合わせることもできます。Appleサポートでパスワードのリセットなどで検索し、問い合わせを行ってください。ただし、Appleサポートではパスワードのリセットはできないため、パスワードリセットの手順を紹介されるなどになる可能性があります。

まとめ

電話番号を変更してしまいパスワードの変更ができない場合は、Apple IDでログインすることができません。信頼済みとして登録されている端末やログインしているAppStoreがあれば、その場合でもパスワードの変更をすることができますが、そのような手段がない場合は、4uKeyを使うと、電話番号がわからなくてもApple IDをリセットすることができます。

関連記事: iPhoneのススクリーンタイム制限を無視できない!対策法を徹底解説

数ステップでiPhone15のロックを削除
  • パスワードなしでiPhone・iPad・iPodからApple IDのロックを削除可能
  • iPhone/iPadのロック画面からからパスコード/Touch ID/Face IDを簡単に解除
  • スクリーンタイムパスコードApple ID・MDMプロファイルを速やかに削除可能 
  • iTunesまたはiCloudを使わずにiPhone/iPad/iPod Touchを修復 
  • iOS 18ベータ/iPadOS 18ベータやiPhone 15/iPhone 15 Plus/iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Maxに対応