iPhone ロック 解除

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

とても簡単!学校のiPadでデバイス管理を自力で解除するやり方

iPadのデバイス管理(MDM)を解除する方法をご存じですか? iPadのデバイス管理は、学校などが導入することで、デバイスを安全かつ便利に使用できます。しかし、学校を卒業した後は、iPadを監視できる機能でもあるデバイス管理を解除したいと考える人もいるでしょう。この記事では、学校のiPadで自力でデバイス管理を解除する方法を紹介します。

1、デバイス管理(MDM)とは何ですか?

モバイルデバイス管理(MDM)は、iPadなどのApple製デバイスを遠隔で監視または管理する仕組みです。学校などでは、管理下のデバイスにMDMの構成プロファイルをインストールすることで、デバイスを一元的に監視し、場合によってはデバイスにロックをかけたり、制限を付けたりすることができます。

iPadのモバイルデバイス管理の主な機能

iPadのモバイルデバイス管理(MDM)には、以下のような主な機能があります。

  • アプリの利用:MDMを使用すると、iPadにアプリを自動的にインストールすることができます。管理者は、必要なアプリを選択して、配布することができます。また、MDMは、アプリの更新や削除も自動的に実行することができます。
  • セキュリティ設定の管理:MDMを使用すると、iPadのセキュリティ設定をリモートで管理することができます。たとえば、パスコードの要求、自動ロックの設定、データ暗号化の有効化などを行うことができます。
  • デバイスの監視:MDMを使用すると、iPadの位置情報や利用状況を監視することができます。管理者は、iPadがどこにあるか、どのアプリが使用されているかなどを確認することができます。
  • デバイスの制限:MDMを使用すると、iPadの機能を制限することができます。たとえば、カメラの使用を禁止すること、Siriの使用を制限すること、App Storeへのアクセスを制限することができます。
  • データの削除:MDMを使用すると、紛失したiPadのデータを削除することができます。また、従業員が退職した場合には、iPadのデータを削除することができます。
  • ドキュメントの共有:MDMを使用すると、iPadで作成されたドキュメントを共有することができます。たとえば、社内の従業員だけがアクセスできるファイル共有システムを作成することができます。

これらの機能は、iPadを組織内で管理するために必要なものであり、セキュリティや効率性を向上させることができます。

2、iPadのデバイスを削除すると、どうなる?

iPadのデバイス管理を解除するには、プロファイルを削除する必要があります。しかし、学校がiPadにインストールしたプロファイルを削除すると、学校側にバレることがあります。また、デバイス管理(MDM)のパスワードが不明な場合、iPadからMDMプロファイルを削除することはできません。次は、デバイス管理(MDM)のパスワードがわかる場合と不明な場合に分けて、iPadのデバイス管理を解除する方法を解説します。

3、iPadの設定から管理用のプロファイルを削除する方法【パスワードが必要】

デバイス管理(MDM)のパスワードがわかる場合、iPadの設定からMDMプロファイルを削除できます。同時に、学校がかけた制限も解除されますが、iPadは初期化され、保存されているデータが全て消えてしまいます。重要なデータがある場合は、事前にバックアップを取ることをお勧めします。

そして、学校にはiPadのMDMプロファイルを削除したことがバレるので注意してください:

  • Step1: iPadの「設定」から「一般」を開きます。

  • Step2: 「VPNとデバイス管理」を選択します。

  • Step3: MDMのプロファイルを選択し、「削除」をタップします。

  • Step4: MDMのパスコードを入力します。

4、専門的なiPadロック解除ソフトでデバイス管理を削除する【パスワード不要】

デバイス管理(MDM)のパスワードがわからず、iPadを自由に使用したい場合、専門的なiPadロック解除ソフトであるTenorshare 4uKeyを使用して、デバイス管理(MDM)を削除することができます。

Tenorshare 4uKeyは、100%の成功率を誇る専門的なiPadロック解除ソフトで、使いやすい画面のガイドに従ってクリックするだけで、デバイス管理を解除することができます。これにより、iPadを自由に使用することができます。

  • Tenorshare 4uKeyをパソコンにインストールして起動し、「MDMロックをバイパス」を選択します。

    MDMをバイパス
  • iPadをUSBケーブルを使ってパソコンに接続します。iPadが認識されたら、「バイパス開始」をクリックします。

    MDMをバイパスし始める

関連記事:
【2024完全版】学校のiPadの制限を解除する裏ワザまとめ
【2024年TOP7】学校のタブレットでできるゲームサイトまとめ

まとめ

iPadのデバイス管理を解除する方法を紹介しました。MDMのパスワードを知っている場合は、iPadの設定からMDMプロファイルを削除して、学校に設定されたデバイス管理を解除できます。しかし、パスワードが不明な場合は、Tenorshare 4uKeyを使用して、学校のデバイス管理を削除することができます。Tenorshare 4uKeyは、MDMパスワードを入力する必要がなく、画面の指示に従ってクリックするだけで、iPadに設定された学校のデバイス管理を解除できる使いやすいソフトです。

数ステップでiPhone15のロックを削除
  • パスワードなしでiPhone・iPad・iPodからApple IDのロックを削除可能
  • iPhone/iPadのロック画面からからパスコード/Touch ID/Face IDを簡単に解除
  • スクリーンタイムパスコードApple ID・MDMプロファイルを速やかに削除可能 
  • iTunesまたはiCloudを使わずにiPhone/iPad/iPod Touchを修復 
  • iOS 17/iPadOS 17やiPhone 15/iPhone 15 Plus/iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Maxに対応