当ウェブサイトでは、クッキーを使用しております。当サイトを継続してご利用いただくには、クッキーの使用を承認する必要があります。クッキーポリシー
同意して閉じる

iTunesを使わずにiPhoneをiOS 11ベータ版からダウングレード

APPLEが公式iOS版を発表して、iPhoneが自動的にアップデートする情報を受けました。ニーザーがiOSファームウェアをダウングレードして、インストールと進み、対応するシステムを更新します。また、非公式iOS版がいつもiTunesで情報更新しますが、iTunesを利用して、パブリックベータ版からダウングレードできます。

今回の記事で、iTunesなしで、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻る方法を紹介します。

iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻る 

iPhone X/8(Plus)/7/7 Plus/SE/6/6 Plus/6s/6s Plus /5sが iOS 11パブリックベータ版から以下の版に戻りますが、iTunesないで、『Tenorshare ReiBoot』を利用して、IPSWファイルをダウンロードして、iPhone がiOS 11パブリックベータ版からダウングレードできます。

以下の操作方法をご覧ください。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download

ステップ1:Tenorshare ReiBootをダウンロード、iPhoneをパソコンに接続します。

iPhoneをパソコンに接続

ステップ2.「今すぐ修復」をクッリクと進み、「ダウンロード」をタップします。 適切なファームウェアをダウンロードします。PCにファームウェアがあったら、右下の「インポート」をタップしてインストールします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ3.ダウンロードした後で、「修復開始」をタップします。

システムを修復

ステップ4. システム修復が成功します。

システムを修復成功

そうすると、iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻ります。

以上の操作のビデオで、見てみましょう!

次は、IPSWファイルのことをちょっと説明します。

IPSWファイルとは何?

iOSファームウェアは、別名「IPSW」や「OFW(Official FirmWare)」とも呼ばれます。iPhoneやiPad, iPod touchでは、Appleが提供するTSS Severによって署名されているiOS(ファームウェア)へのアップグレード、ダウングレードが可能になっています。ですから、IPSWファイルを利用して、ダウングレードできます。

また、そのファイルをニーザーが一般に見えません。iPhoneの対応するiOSファームウェアを見つけて、ダウンロードして、インストールするのはちょっとめんどくさいですが、失敗した可能性もあります。

この問題を解決して、以下は、iTunesなしで、自動的にIPSWファイルをダンロードして、少し時間がかかって、iOS 11パブリックベータ版から戻る方法をシャアします。

最後に

iTunesなし、IPSWファイルを利用して、iPhone がiOS 11パブリックベータ版から戻ります。ここはiPhone/iPad をiOS 11パブリックベータ版からiOS 10に戻す方法をご参照ください。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

無料ダウンロ―ドWin 10/8.1/8/7/XP対応
Secure Download
無料ダウンロ―ドMac OS X 10.8-10.13対応
Secure Download

/ Posted by 石原 侑人 to iOS 11 Follow @石原 侑人