当ウェブサイトでは、クッキーを使用しております。当サイトを継続してご利用いただくには、クッキーの使用を承認する必要があります。クッキーポリシー
同意して閉じる

【iPhone】iOS 11でairdropできない・使えない時の対処法

  AirDrop(エアドロップ)はワイヤレスでデバイス間データを共有する機能で、それを使って音楽や画像のやり取りを日常的に行っています。しかし、最近Airdropにて写真を友達へ転送しようとしたら、うまくできませんでした。その問題を解決するには、どうすればいいでしょうか?

  今回は、iOS 11を搭載するiPhone X/8/7/6sなどでAirdropできない・使えない時の対処法をご紹介しますので、同じ不具合問題に悩んでいる方はぜひ、チェックしてください。

airdrop iphone

Part 1:iPhoneの設定や接続状況を確認

1. iOS 11のコントロールセンターでAirDropの設定を確認

  iOS 11にアップデートした後、コントロールセンターの表示が変わって、AirDropは直接表示されなくなりました。そして、「iOS 11でiPhoneがエアドロップできない」と思っている人もたくさんいます。実際はそうではありません。では、設定方法を見てみましょう。

  iPhone/iPadのコントロールセンターを開いて、左上にあるWiFi/モバイルデータ通信/Bluetoothいずれかのボタンをを強めに長押しします。そして、詳細画面が出てきます。そこに、AirDropをタップして、「受信しない」状態から「連絡先のみ」か「すべての人」に変更します。これで、AirDrop機能が有効になります。

ios airdrop

2. インターネット通信状況(WiFiとBluetooth)を確認

  Airdropを利用する際には、Wi-Fi とBluetoothは両方ともオンにする必要になります。コントロールセンターでこの二つの機能が有効であることを確認してください。3方とも有効に設定した場合は、念のため、オン/オフを数回切り替えましょう。

エアドロップできない時の対策

Part 2:Airdropが使えないときの対策

3. Airdropが使えないときのデータ転送(TenorShare iCareFone)

  AirDropの利用は共有範囲の設定や、デバイス間の距離、Wi-Fi 信号品質などの影響を受けます。送受信が不安定になりやすいし、大量な曲や写真を一気に転送したい時には、やはりやや不便を感じますね。Airdropが使えないとき、iPhoneからMac/Windowsへのデータ転送は『Tenorshare iCareFone』を利用すれば簡単に実現できます。

  ステップ1:デバイスをパソコンと接続

  まずはソフトをインストールして、立ち上げます。その後、USBケーブルでお使いのiOSデバイスをコンピュータに接続します。

  ステップ2:データをiPhoneからiTunesまたはパソコンへ転送

  接続できたら、「ファイル管理」>「音楽」を順番にクリックし,音楽管理ページで転送したい曲を選択し、「エクスポート」をタップしてパソコンに保存します。

エアドロップが使えないときのデータ転送

  また、機種変更して、任意の2台のiOSデバイス間で連絡先やメモ、音楽、ビデオ、アプリなどすべてのデータを選択的に移行、または丸ごと転送をしたいときは『 Tenorshare iTransGo』を利用することをお勧めします。

iPhone データ 移行

4. iPhone/iPad/iPodを再起動

  iOSデバイスには急にうまく動作しない場合は、とりあえず電源落として、もう1度電源ONにすれば直ることはよくありますので、。Airdropが使えない・反応しない場合はとにかく一回iPhone/iPadを再起動します。電源を切るには、iPhone Xは、電源ボタンといずれかの音量ボタン(-)を同時に押し続けます。それ以外のiOSデバイスはサイドボタンを押し続けば実行できます。

iphone 再起動

5. 修復ソフトでiOSを更新また不具合を解消

  iOSは最新バージョンではない場合は、各機能に色んな不具合が発生する可能性もあります。「『Tenorshare ReiBoot』でアイフォンを修復すると、ソフトウェアが最新バージョンにアップデートされますし、デバイスの動作不良も解善されますので、まさに一石二鳥のツールです。物理的な損害がなければ、大部分の不具合問題がこのソフトで解消できます。

  操作手順もシンプルで、「全てのiOSフリーズを修復」をタップして、次のページで最新ソフトウェアをダウンロードしてから、「修復開始」をクリックします。修復作業は5分くらいで完了できます。

iPhone 不具合
最後に

  iOS 11を搭載するiPhoneでAirdropできない・使えない時は、上記の方法に従って操作すればだいたい解決できます。また、サイズの大きいファイルをすばやく転送、デバイスの空き容量を増やし、本体を最適化にしたい時はぜひ、Tenorshare iCareFoneを利用してみてください。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhone向け本格的ファイルマネージャー

  OSや端末を問わず、iTunesとiCloudの制限を受けることなく、iPhoneにある音楽・写真・ビデオ・連絡先など多種のデータを簡単に管理・転送・バックアップ復元&可能。

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 11 Follow @山崎 あずさ