カテゴリ一覧

iOS 14でiPhone/iPadのインスタが開かない時の対処法

最近ではSNSをするのが当たり前になってきました。その中でも特に高い人気があるのがインスタグラムです。ただiOS14のiPhoneやiPadで開かないことがある、という話も出ています。ずっと開かないのではなく、何かのタイミングで開かない、または落ちてしまう現象があるそうです。

iOS14でiPhoneのカメラが使えない時の対策

こうした現象が起こった時には、どういった対処をとればいいのでしょうか。そもそも直るものなのという不安がある人もいるはずなので、基本的な対処法から1つずつ解説していきます。

対策① デバイスを再起動

iOS14のデバイスでインスタが開かない、または落ちるといった状況になった時に、最も簡単な対処法が再起動することです。電源ボタンを長押しするだけで再起動はできます。意外と再起動で直るケースは多いです。

対策② ネットの接続状況を確認

iOS14のiPhoneでインスタが開かない、落ちるといった時にはネットの接続状況を確認してください。電波の状況や、Wi-Fiがつながっているかは画面上部のアイコンで確認できます。問題がない場合は、インスタ側のサーバーに問題があるかもしれません。この場合はユーザー側はすることがないので、大人しくインスタ側のサーバーが復旧するのを待ちましょう。

対策③ アプリを最新バージョンにアップデート

iOS14のデバイスでインスタが開けない理由の1つに、不具合が起こっているケースがあります。その代表的なのがアプリのバージョンが古くなっていることです。

この場合の直し方は、アプリを最新のものにアップデートしてください。アプリストアを開いて、インスタが最新版かどうか確認するだけです。仮にアプリに不具合がある場合は、修正版がすぐに配信される可能性が高いでしょう。

対策④ アプリを再インストール

どうしてもインスタグラムが開かない時は、アプリを再起動したり、再インストールするのも方法の1つです。アプリの再起動はタスク画面から消去して、再び起動させるだけです。再インストールは以下の手順です。

  • ステップ1 インスタグラムを削除します。
  • ステップ2 アプリストアから再びインスタグラムをインストールします。
  • ステップ3 登録しておいたアカウントでログインします。

以上です。アプリを一度削除してもアカウントが生きていれば、データの消失などはありません。

対策⑤ iOSシステム修復ツールで復元

最後にiOS14のデバイスでインスタが開かない時の対処法として、iOSの修復ツールであるTenorshare ReiBootを使った方法を紹介します。インスタが開かない、落ちる理由は様々です。そのためアプリの再インストールをしてもダメだった場合は、iOS側の不具合を疑った方がいいでしょう。これを初心者でも簡単に解決できるのが、ReiBootになります。

ステップ 1. ReiBootをPCにインストールして起動させ、デバイスを接続します。

iPhoneをPCに接続

ステップ 2. ReiBootの画面にある、あらゆるiOS不具合を解消をクリックして、次の操作画面に「修復開始」をクリックます。

iPhoneを修復

ステップ 3. 修復開始をクリックして、ファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

ステップ 4. ファームウェアのダウンロード後、今すぐ修復をクリックしてiPhoneの修復作業を開始します。

iOS不具合解消

対策⑥ iOS新バージョンの修正を待つ

どの方法を試してもInstagramが開かない場合は、iOSの新バージョンで修正されるのを待つしかありません。Instagram本体の故障という線もありますが、こちらはかなり確率が低いです。ただ新iOSバージョンなので、非対応かもしれません。

まとめ

iOS14のiPhoneやiPadでインスタが開かない時の対処法でした。アプリが起動しない理由は、デバイス側の不具合かアプリの不具合かの2つの原因が考えられます。最もシンプルな対処はデバイスを再起動させることで、次にアプリの再起動や再インストールを検討してください。それでも不具合が修正できないのなら、ReiBootを使うといいでしょう。iOSの不具合を簡単に修正してくれるので、初心者でも扱いやすいソフトです。

  最終更新日 2020-09-16 / カテゴリ  iOS 14

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください