IPSWとは—IPSWの作用と保存場所

iPhone関連でIPSWという言葉を聞くことがあります。このIPSWとはいったい何を指す言葉なのでしょうか。基本的な内容から「どこに保存されているのか」まで確認していきましょう。

IPSWとは

IPSWファイルとはiOSファームウェアのファイルです。iPhoneやiPadなどiOSが搭載されたデバイスが、アップデートをする時にダウンロードして使います。

iPhoneであれば最近だとiTunesを使うのではなく、単体でできるOTAを利用する人も多いようです。

ただこのファームウェアが残っていると、なにかあった時に復元できるため便利なのです。

IPSWファイル

IPSWの保存場所

ではiTunesを使ってiOSデバイスをアップデートした時に、どこにIPSWは保存されるのでしょうか。

実はMacとWindowsで保存される場所が違いますので、それぞれに確認をしていきましょう。

Mac上のiTunesでダウンロードしたIPSWの場所

Macに搭載されているiTunesでダウンロードをした場合、IPSWの保存場所はこちらです。

\Users\username\Library\iTunes\iPhone Software Updates\

この中のusernameはお使いになっているパソコンの、ユーザー名で登録されているものになります。

万が一のことを考えておくと、ファイルサイズは大きいですがIPSWファイルは残しておく方がいいでしょう。ただ容量が不足するようであれば、一時的に削除しておいて再度IPSWファイルをダウンロードする方法もあります。

Windows上のiTunesでダウンロードしたIPSWの場所

WindowsのiTunesでIPSWファイルをダウンロードした時の、保存ページはこちらになります。

Windows8もしくは10の場合だと以下となります。ここで紹介したusernameも、Macの時と同様です。

\Users\username\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\Software Updates

IPSWの作用:iPhoneを復元する

iTunesでIPSWを使ってiPhoneを復元

iTunesでIPSWを使ってiPhoneなどのiOSデバイスを復元する方法を紹介しましょう。と言っても複雑な手順は必要ありません。まず、IPSWをダウンロードしてパソコンに置いていきます。iPhoneなどのデバイスをパソコンに接続して、iTunesを起動します。その後iTunesのデバイスのページを開き、更新を確認とクリックするだけです。

この時にWindowsであればSHIFTキーをMacならOPTIONキーを同時に押して、「アップデートを確認」をクリックします。

iOS12IPSWファイル

「アップデート」をクリックして「iOS 12」へのダウングレードがはじめます。

iOS13をダウングレート

ダウンロードした後iOS 13やiPadOS 13のベータ版で作成したバックアップは復元することはできません。iOS 12で作成したバックアップしか復元できません。ご注意ください。

IPSWを使ってiPhoneを復元(iTunesを使わず)

最後にiTunesを使わないIPSWでiPhoneを復元する方法を紹介します。この方法ではiTunesの代わりに、Tenorshare ReiBootというソフトを使います。様々なiPhoneの不具合を簡単にできるツールで、初心者でも手軽に利用できるのが特徴です。

ステップ1 ステップ1:reibootを起動したパソコンとiPhoneを接続します。

「今すぐ修復」をタップ

ステップ2 reibootの画面で、あらゆるiOS不具合を解消をクリックし、次の画面では下にある高級モードを選択してください。

高級モード

ステップ3 IPSWファイルをダウンロードして、修復が開始されます。

修復完成

まとめ

IPSWを使ったiOSデバイスの復元方法でした。iOSのアップデートファイルのことで、これがiTunesに残っているとダウングレードや復元などができます。ただReiBoottを使うことで、より手軽で簡単にIPSWを活用できるでしょう。

  最終更新日 2020-02-13 / カテゴリ  iOS 13

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください