当ウェブサイトでは、クッキーを使用しております。当サイトを継続してご利用いただくには、クッキーの使用を承認する必要があります。クッキーポリシー
同意して閉じる

iOS 11にアップグレード後、iPhoneが再起動を繰り返す場合の対策

  iPad、iPhone iPhone X/8(Plus)/7/7 Plus/SE/6/6 Plus/6s/6s Plus/5sはiOS 11にアップデードした後、何かの不具合でいきなり再起動を繰り返し止まらなくなることがあります。その場合、「iOS 11アップデートエラーのせいだろうか?」「ウィルスに感染した?」「iPad/iPhoneは故障した?」と心配して直接的に修理専門店へ修理に行く方がもいるでしょう。

  修理専門店へ行ってもいいですが、時間と費用がかかってちょっと不便でしょう。それに、店舗や対応する人によって「何も問題ない!」という不親切なスタッフもあるでしょう。

  そのため、できるだけ自分の力でアイフォンの再起動終わらない「リンゴループ」に対処して解決できればかっこいいじゃないですか。今回は皆さんに三つの無料だし、手軽いし解決法をお勧めします。

iPhoneを再起動ループから救出

手動でデバイスを強制リブート

  手動で強制リブートでiOS 11にアップデートによるの再起動ループを解決できます。やり方はこちらです:

  iPhone SE/6/6s/5sの場合

  ① ホームボタンと電源ボタンを同時に長押します。

  ② 十秒ほど待ちます。

  ③ スクリーンにアップルのロゴが表示されたらボタンを離れます。デバイスは強制再起動します。

  iPhone 7/7sの場合

  ① ホームボタンと音量ボタンを同時に長押します。

  ② 十秒ほど待ちます。

  ③ スクリーンにアップルのロゴが表示されて、デバイスは自動にリブートします。

手動でiPhoneを強制リブート

修復アプリ「Tenorshare ReiBoot」で、iPhoneをリカバリーモードに入る/解除

  もし手動リブートで二つボタンを同時に長押すのはちょっと難しければ、もっと操作が安いソフトウェアをおすすめします。

  ホームボタンが動作できない場合、『Tenorshare ReiBoot』はただ一回クリックでリカバリーモードに入れます。リンゴループ、iOS 11/10.3.3/10.3.2/10/9にアップデートにフリーズなどの不具合を解消できます。リカバリーモードに入る操作手順は以下通りです。

  ステップ1:Tenorshare ReiBootをダウンロード、USBケーブルでデバイスをパソコンに接続します。

Tenorshare ReiBootをダウンロード

  ステップ2:デバイスを認識した後、「リカバリーモードを入る」をクリック、デバイスが自動的にリカバリーモードに入ります。

リカバリーモードを入る

  ステップ3: 「リカバリーモードを解除」をクッリクします。リカバリーモードにフリーズしたユーザーが利用します。

リカバリーモードを解除

「Tenorshare ReiBoot」を利用して、起動しないiPhoneの復元

  何回iPhone/iPadが再起動しますが、リンゴループして起動できません。再起動無限ループを復元できるソフト「Tenorshare ReiBoot」を試みてみましょう!
その操作手順は以下通りです。

  ステップ1:「Tenorshare ReiBoot」を立ち上げ→iPhoneをパソコンに接続→「すべてのiOSフリーズを修復」をタップ→「今すぐ修復」をクリック

iOSフリーズを修復

  ステップ2:適切なファームウェアをダウンロードします。PCにファームウェアがあったら、右下の「インポート」をタップします。

ファームウェアをダウンロード

  ステップ3.「修復開始」をタリックして、リンゴループになったiPhoneを修理します。

リンゴループになったiPhoneを修理
最後に

  以上でiOS 11 Beta5/4/3(パブリックベータ3)にアップデートした後、iPhoneがいきなり再起動を繰り返し止まらなくなる時、正常的な状態で復元方法でございます。皆さん、もうわかりましたか?iOS 11にアップデートした後、不具合がある場合の対処法は

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
信頼できる高性能iOS不具合修復ツール

  全てのiOSデバイスと最新の iOS 12 に対応し、起動障害やiOSクラッシュをはじめ、データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを50種類以上のiOS不具合問題から復旧可能。

/ Posted by 石原 侑人 to iOS 11 Follow @石原 侑人