iTunesとiPhoneが同期できない時の7つの対策

iTunesでiPhone/iPad/iPod/iPod touchを同期しようとした時に、何らかの不具合が発生し同期できないことがありますね。iTunesでiPhoneが同期できない・認識しない場合は、まず以下の対処方法を行ってください。

iPhoneとiTunesが同期できない時基本対策

1、物理的条件を変更することで、iTunes同期できない状況を解消

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続している場合、USBケーブルの不具合で同期できないケースもあります。一度USBケーブルを外してから再度接続、または別のApple純正のUSBケーブルを試しましょう。接続している周辺機器がある場合は、これらの機器が影響して正常に動作していないことを回避するように、それらのものも外してください。ほかに、USBポートが故障をしている可能性も考え、別のUSBポートも試してください。

この方法でiTunes同期エラーを解決できない場合、下記の方法をお試しください。

2、ストレージ不足によるiPhone同期問題を解決

iPhone・iPad・iPodのストレージがいっぱいになっていると同期ができないことがあります。もしもストレージがいっぱいになっていたら、不要なファイルをiPhoneで削除して、空き容量を確保してから再びiTunesで同期を行ってください。

ティップス:より直感的にiPhoneのファイルを整理できる「Tenorshare iCareFone」を使えば、iPhoneストレージ整理も、データ転送も楽々になります。

3、iTunesと同期する前に、「iCloudミュージックライブラリ」をオフ

時々Apple Musicがオンになっていることが原因で、iTunesとiPhoneが同期できないことがあります。その場合は、iPhone・iPad・iPodの設定を開き、「ミュージック」に入り、一度「iCloudミュージックライブラリ」をオフにしてください。

解決方法は意外に簡単かもしれませんね。ただ、この方法はダメの場合、次の方法をチェックしてみましょう。

4、iTunesで「音楽の同期」を再設定

iTunesでiPhoneへ音楽を同期するには、「音楽の同期」にチェックを入れる必要があります。すでに「音楽の同期」にチェックを入れたが同期できない場合は一度このチェックを外してから、再度チェックを入れて同期を試します。

ステップ1:iPhoneをPCに接続してiTunesを開、左上にあるiOSデバイスのアイコンをクリックして端末の管理画面に入ります。

ステップ2:「ミュージック」を選び、「音楽を同期」のチェックを外します。警告が表示されたら「削除」をクリックしてください。

ステップ3:再び「音楽を同期」にチェックを入れて、「適用」をクリックします。

上記の方法でiTunesとiPhone・iPad・iPodの同期できない状況を解消できない場合、次の方法でiTunesを修復しましょう!

iTunesとiPhoneが同期できない時の対策

システム修復より、iPhone同期できない不具合を解消

5、iTunesを修復して、同期できない不具合を解消

iTunesの同期ができない時にはまず、iTunesのバージョンアップをお試しください。単純にiTunesのバージョンが古くてiPhoneと同期ができない、という簡単な理由の場合も多いのです。ですから、まずiTunesのバージョンアップをしてみて、iPhoneと同期が可能か確認します。それでも解決できなければ、iTunesを無料修復しましょう。

iTunesで同期できない時iTunesをアップデートする

Tenorshare TunesCare」はiTunes向けの修復ソフトです。iOSデバイスとiTunesが同期できない問題が、たった3ステップで解決できます。是非一度お試しください。

ただ、iTunesの動作が重くて、よくクラッシュする場合、「Tenorshare TunesCare」より、「Tenorshare iCareFone」でiTunes同期を行うことおすすめします。

6、iPhoneのiOSを最新にして、iTunes同期を再試行

iPhoneのiOSが古いバージョンのままでも本来同期はできるはずですが、たまに古いiOSを搭載するとiPhoneとiTunesが同期できない不具合も発生しますので、iPhoneのiOSは最新のバージョンにアップデートします。iPhoneのiOSをバージョンアップするだけで簡単に解決してしまうこともあります。

iOS 13/12にアップデートできない場合のまりますので、その場合、「Tenorshare Reiboot」でiPhoneのアップデートを行ってください。

iTunes同期できない問題を確実に解決できる方法

7、iTunesを使わずにiPhoneへ音楽を入れる方法

以上の対処方法を行ってもiTunesとiPhoneが同期ができない問題を解決できない場合、またはより便利なiPhoneデータ転送方法を探しているなら、iTunesを代替できる転送ソフト「Tenorshare iCareFone」の使用をおススメします。iTunes同期と異なって、Tenorshare iCareFoneを使ったデータ転送はiPhone内の既存データをが上書きされてしまうことがなく、直接に追加することができます。データ転送のほかに、iPhoneのデータ管理や、バックアップ、iOS簡単修復ももできます。

まず下記ボタンより「Tenorshare iCareFone」を無料ダウンロードして、パソコンにインストールしましょう。

それでは、iTunesを使わずに、パソコンの音楽をiPhoneに同期する方法を紹介します。

ステップ1:「Tenorshare iCareFone」を起動し、iPhoneをパソコンにUSBケーブルで接続します。

iTunesで同期できない時iCareFoneでiPhoneの音楽を管理する

ステップ2:iPhoneが認識されると、「ファイル管理」 >「音楽」を順番にクリックします。音楽管理ページに入ったら、既存の音楽ファイルが表示されます。そしで、「追加」ボタンをクリックします。

iTunesでiPhoneが同期できない時iCareFoneで音楽をインポートする

ステップ3:iPhoneに入れたい音楽ファイル或いはフォルダを選択して、画面右下の「開く」をクリックすれば、パソコン中の音楽をiPhone・iPad・iPodに同期することができます。

iTunesでiPhoneが同期できない時iCareFoneでiPhoneに音楽を同期する

「曲の入れ方」パソコン からiPhoneに音楽を入れる方法・iTunes から iPhoneに音楽を追加する方法の参考動画です。

また、写真や動画などをiPhoneに同期したい場合は、ソフトのホーム画面で各データに対応する管理画面で行えます。iTunesより軽くて、使いやすい「Tenorshare iCareFone」はiPhoneユーザーが持つべきソフトと思います。

以上はiPhoneとiTunesが同期できない時に自分でできる7つの対処法です。iTunesでiPhoneの同期がうまく行かない時、「Tenorshare iCareFone」を使えば、より快適なデータ転送が実現可能です。また、「iTunesで同期をするとデータが消えてしまう」という心配もありませんので、ぜひ一度お試してみてください。

  最終更新日 2020-07-14 / カテゴリ  iTunesエラー

(クリックしてこの記事へコメント)

(10 票、平均: 2.7 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください