iPhoneデータをバックアップする3つの方法

iPhoneバックアップはなぜ必要?

  iPhoneには撮影した写真や動画のほか、連絡先、仕事関連資料、アプリデータがたくさん詰まっていて、iPhoneユーザーにとってこれらのデータはとても重要なものです。しかし、デバイス故障や紛失、誤操作によるデータ消去など、大切なデータが消えてしまうことはあります。

  何かトラブルが起こってiPhoneのデータが失われたとき、バックアップを取っていれば簡単にデータ復旧を行なうことができますが、そうでない場合にはデータ復旧ソフトや業者を利用してもなかなか復旧できません。つまり、iPhoneのバックアップは障害に備えた保険です。

  ここでは、いざというときに備えてiPhoneのデータをバックアップする方法を3つまとめてご紹介します。

完全無料・ケーブルでiPhoneをバックアップ

  iTunes を使用したバックアップ方法のメリットは、パソコンがあればだれでも行うことができるという点と、Wi-FiがなくてもUSBケーブルを繋いで実行することができるという点です。iTunesバックアップでは、iPhoneの写真、動画、連絡先、Appデータ等ほぼすべてのデータと設定情報がコピーされ、パソコンに保存可能です。

  それでは、iTunesでiPhoneをバックアップする方法を説明していきます。

  ステップ1:iTunesを開き、iPhoneに付属するLightningケーブルでデバイスをコンピュータに接続します。

  ステップ2:左上にある「デバイス」アイコンをクリックしてiPhoneの管理画面に入ります。

  ステップ3:「概要」タブを選択し、「今すぐバックアップ」を実行しすればOKです。

  バックアップが終わると「最新のバックアップ」に作成日が表示されますので、最新のバックアップになっているか確認できます。

iTunesでiPhoneをバックアップ

  ちなみに、左の「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れると、バックアップファイル暗号化でiPhoneのデータを保護することができます。

  ただ、iTunesを使う場合、データを一括バックアップとなります。すべてのデータをバックアップするにはすごく時間がかかりますので、ご注意ください。選択したデータだけをバックアップするには、ここをクリックしてください。

Wi-fiでiPhoneをiCloudにバックアップ

  iCloudはWi-Fi経由でiPhoneのバックアップを実現できます。そのメリットは、PCとの接続は不要です。つまりパソコンがなくても、ケーブルがなくても、Wi-fiさえあれば、iPhoneのバックアップが可能です。iPhoneの設定でiCloudバックアップを有効にすれば、自動・手動でバックアップを作成することができます。

  ステップ1:iPhoneをWi-Fiに接続します。

  ステップ2:「設定」アプリを開き、「ユーザ名」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」をオンにして、バックアップを作成します。

iCloudでiPhoneをバックアップ

  これで、ロック中かつ電源接続中のiPhoneがWi-Fiに接続されると、iCloudバックアップは自動で実行されます。また、手動でバックアップする際は、【今すぐバックアップを作成】をタップすればいいです。

  iCloudバックアップは便利とはいえ、デメリットも多いです。まず、無料プランだと5GBしか利用できず、有料プランを購入してもiCloudの容量不足でバックアップできないことが多いです。そして、バックアップしたデータは全部オンラインですから、ハッキングされる恐れがあります。また、iPhoneをiCloudにバックアップする操作は、すごく電量がかかりますので、電量不足や充電していない場合におすすめしません。

初心者にやさしい・iPhoneデータをバックアップする最適法

iTunes要らず、選択したiPhoneデータだけをバックアップ

  iCloud では容量不足でバックアップできない、そしてiTunesは重い・うまく同期できないので使いたくない場合もありますね。ここで、iPhone/iPad/iPod専用のデータバックアップソフト「Tenorshre iCareFone」をおススメします。iCareFoneを使えば、iPhoneのバックアップと復元が簡単にできますし、それ以外にiPhoneのデータ転送・管理もできます。

   

  iPhoneのデータをバックアップする前に、まず下記ボタンより、iCareFoneを無料ダウンロードしましょう。

  ステップ1:「Tenorshare iCareFone」を起動して、iPhoneをパソコンに接続します。

iPhoneをパソコンに接続する

  ステップ2:「バックアップ&復元」を選択して、バックアップしたい項目にチェックを入れて、「バックアップ」をクリックして開始します。iPhoneのバックアップが完了するまでしばらくお待ちください。

iPhoneバックアップ

  バックアップが完了後、パソコンで作成したiPhoneのバックアップファイルの中身を確認することができます。また、バックアップからのデータ復元もiCareFoneでできます。(選択したデータだけを復元することは可能です。)

  以上は、iPhoneをバックアップする三つの方法です。デバイス紛失・故障、または誤操作によるデータ破損や消失など、不測の事態に備えて、日頃からiPhoneのバックアップを取っておきましょう。特にiOS12にアップグレードする前に、iPhoneのバックアップを必ず行ってください。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneのバックアップに最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを簡単管理
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送に役立つ