GPS位置情報変更・偽装

【iOS17.4にも対応】最新のiPhone・iPad用ポケモンGO位置偽装アプリのおすすめ

パソコンなしiPhoneでポケモンGOの位置情報を偽装するアプリはあるのでしょうか?

『Pokemon GO』は、位置情報を活用して、実世界で遊ぶゲームです。ポケモンを捕まえるためにはたくさん歩く必要がありますが、外に出たくない、家にいてゲームをしたい時、外に出たくても出られない状況が続いている時、ポケモンGOを初めとした位置情報ゲームが楽しみにくくなっているでしょう。

しかし、2024年6月7日から、ポケモンGOが315.2バージョンの更新をリリースし、iAnyGoを含むすべての位置情報偽装アプリが無効になりました。具体的な問題は位置情報の変更後にエラー「ポケモンGOで位置情報の取得ができない(12)」と表示されることです。でも、心配する必要がありません。この状況に対応して、業界最高な位置情報偽装アプリiAnyGoの開発チームはその最新の解決策を積極的に探しました。詳しい解決策について、下記の記事で紹介しましたので、ぜひ最後までご覧くださいね。

では、今回はiPhone・iPadにも対応できる最新のポケモンGO位置偽装アプリをお勧めします。iOS 17にアップグレードしているユーザーも安心して利用可能です。

ポケモンgo

ポケモンGOの位置情報をチートするアプリ7選

アプリ1、iPhone/iPadの位置情報を偽装するアプリTenorshare iAnyGoを使う【脱獄せず】

iPhone/iPadで位置情報を偽装するアプリを使ってポケモンGOをチートするなら、まずお勧めするのはiAnyGoです。Tenorshare iAnyGoはワンクリックでどこへでもiPhone/Androidの位置情報を偽装/変更できる専門ソフトで、ケーブル不要、Wi-Fi接続だけでGPSの位置情報を変えます。ポケモンGO、モンスターハンターNow、ドラクエウォークなどの位置情報ゲームでも利用できるのがその魅力でしょう。特に、ポケモンGOのプレイヤーにとって、外出できない原因で、自分のお気に入りのポケモンを入手できないのはもったいないと感じるでしょうか。この場合、iAnyGoを使うと、現実世界でどこへ行かなくても珍しいポケモンを捕まえられます。

また、WindowsとMacのパソコンに対応していますし、日本語対応もしていますし、初心者でも扱いやすいのがポイントです。面倒な設定をiPhone側でしなくても良いのも嬉しいでしょう。

最近、ポケモンGO公式の更新により、ポケモンGOでいずれの位置偽装アプリを使っても、「位置情報の取得ができない」エラーが表示されました。これに対して、iAnyGoチームはすでに最新の解決策を探しました。つまり、ポケモンGOカスタマイズ版のインストールアシスタントPoGo Wizardをダウンロードしてから、PoGo WizardとiAnyGoを組み合わせてポケモンGOをプレイーする方法です。iAnyGoを購入したユーザーはiAnyGo公式DiscordーPoGo Clubに参加してカスタマーセンターに連絡し、無料のPoGo Wizardをゲットできますよ。PoGo WizardとiAnyGoを使ってポケモンGOで位置情報を引き続き偽装する手順は以下の通りです。

  • ワンクリックでどこへでもiPhone/iPadの位置情報を変更可能
  • 脱獄不要で地図上にルートを作成し、目的地に移動可能
  • ポケモンGOの動きの方向を360度自由に調整可能
  • 最新のiOS 17.4とiPhone 15、iPad 10シリーズにも対応可能
  • まず、PoGo Wizardをダウンロードします。

  • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

    ianygoで位置情報を変更する
  • ログインすると、ポケモンGOのインストールを選択するボタンが表示されます。

  • PoGo Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。ここで、PoGo Wizardのインストールが完了しました。

    ianygoで位置情報を変更する
  • つぎに、インストールしたばかりのPoGo Wizardを開くだけで、iAnyGoをダウンロードし、位置を自由に変更できるようになります。

  • Tenorshare iAnyGoをPC/Macにインストールして起動します。

  • iPhoneやiPadをパソコンに接続して、「位置情報の変更」機能を選択します。

    ポケモン go 位置 偽装 アプリ iAnyGo
  • 検索ボックスに目的地の座標を入力して、「変更開始」をタブします。そして、位置がすぐ新しい場所に変更されます。

    ポケモンgo 位置偽装 最新 iphone iAnyGo

Tenorshare iAnyGoは単純位置の情報偽装できだけではなく、2点間でのルート移動を偽装するとマルチスポット移動もできます。マルチスポット移動は複数地点を登録して、その場所を巡回するような偽装情報です。

アプリ2、PokeGo++を使ってポケモンgoのGPS情報をずらす【脱獄必要】

iPhoneでポケモンGOの位置偽装をする時に、最も代表的なのがPokeGo ++でしょう。PokeGo++は、ポケモンGOというゲームの改造版アプリの一つです。また、通常のポケモンGOの機能に加えて、さまざまな改良や追加機能を提供します。例えば、位置偽装機能を含んでいたり、特定のポケモンの位置を見つけやすくしたり、移動速度の制限を解除したりすることができます。iPhone専用のかなり便利なアプリで、これをメインに使っている人も少なくありませんでした。

PokeGo ++
  • PokeGo ++のIPAを探してiPhoneにインストールします。

  • 非公式のアプリになるため、プロファイルの認証が必要となります。

  • iPhoneの設定、一般、プロファイルとデバイスの管理、エンタープライズAPPへとタップして進みます。

  • PokeGo ++があるので信頼するをタップします。

注意:ですがあまりにも不正が過ぎるため、ポケモンGOを提供する会社から提訴されています。その結果として2019年の6月にサービスが停止しています。公式サイトや情報交換サイトも閉鎖されているため、今後も復活する可能性はかなり低いでしょう。

アプリ3、iSpooferでiPhoneの位置情報を偽装する

ポケモンGOの位置偽装ができるアプリとしては、iSpooferも有名でしょう。前段でお伝えしたPokeGo ++と似たようなアプリですが、こちらは現在も利用可能となっています。ただし警告がくることもあるので、使用する場合は自己責任です。

ポケモンgo 位置偽装 最新 iphone
  • iSpooferの公式サイトからIPAをiPhoneからインストールします。

  • 信頼できないアプリと表示された場合はプロファイル認証を行います。

  • 設定から一般、プロファイルとデバイスの管理、エンタープライズAPPno項目からHeNan Mobileとある点をタップします。

  • 信頼するをタップでインストールできます。

  • 位置を指定して移動を開始します。

他にもポケモンGOをプレイする上で便利な機能が、色々と付属しているのが特徴です。ただし日本語対応はしていません。またリスクが高い点も忘れないでください。

関連記事: 【iSpoofer編】ポケモンgoで位置偽装・チートする裏ワザ

アプリ4、iTools【パソコン必要】

iToolsはPCにインストールして使うタイプのものです。ポケモンGOの位置偽装をするだけではなく、iTunesの代替ソフトとしても利用できます。どちらかと言えば、位置偽装の機能の方がおまけ的な存在でしょう。使い方は以下の通りです。

ポケモンgo チート 最新 iphone
  • PCにiToolsをインストールして起動します。

  • iPhoneなどのデバイスをパソコンに接続します。

  • ホーム画面の仮想場所をクリックすると地図が開きます。

  • 希望の場所にピンをドロップします。

  • 移動を開始するで位置情報を偽装できます。

  • 特に操作は難しくありませんが、日本語には対応していないようです。

関連記事: iToolsでポケモンgoの位置偽装する方法

アプリ5、TUTUアプリでポケモンGOをチートする

TUTU Appは、ポケモンGOのプレイヤーにとっても馴染み深いアプリです。このアプリは、位置偽装の機能を提供し、プレイヤーがポケモンを捕まえたり、ジムバトルに参加したりする際に、自分の実際の位置情報を偽装できるようにします。また、iOSとAndroid両方にも対応できます。

  • まず、TUTU Appをデバイスにダウンロードします。TUTU Appは公式のApp StoreやGoogle Play Storeでは提供されていないため、TUTU Appの公式ウェブサイトや信頼できるソースから入手する必要があります。

  • TUTU Appをダウンロードしたら、デバイスにインストールします。インストールが完了したら、デバイスの設定で信頼されていない開発元からのアプリのインストールを許可する必要がある場合があります。

  • TUTU Appを起動し、位置偽装機能を有効にします。これにより、ポケモンGO上で自分の実際の位置情報を偽装することができます。

  • TUTU Appで位置偽装機能を有効にしたら、ポケモンGOを起動します。通常通りにゲームにログインし、プレイを開始します。

  • TUTU Appで偽装したい位置を設定します。これにより、ポケモンGO上で自分の実際の位置ではなく、偽装した位置が表示されるようになります。

  • 偽装した位置でポケモンを見つけたら、通常通りに捕まえることができます。位置情報が偽装されているため、実際の位置から離れていてもポケモンを捕獲することができます。

アプリ6、Anytoでポケモンの位置情報を偽装する

Anytoも人気のiOSむけの位置情報を変更するツールの一つで、このアプリを使うと、自宅でもお気に入りのポケモンをゲットできます。詳しい操作手順は以下のとおりです。

  • まず、AnyToを公式ウェブサイトからダウンロードし、インストールします。AnyToはPanda Helperなどのサードパーティーからも入手できます。

  • AnyToを起動し、メイン画面で「移動する」ボタンをクリックします。

  • デバイスをコンピューターに接続し、AnyToが自動的に接続されたデバイスを検出するのを待ちます。

  • 次に、画面上の地図を操作してポケモンGOの偽装したい場所を選択します。地図上で目的の場所を見つけるためにピンチ操作を使うことができます。

  • 選択した場所に移動するため、画面下部の「移動」ボタンをクリックします。デバイスが指定された位置に移動されて、ポケモンGOでその位置を利用できるようになります。

アプリ7、Ultfone iOS Location Changerで位置情報を変える

UltFone iOS Location Changerも、iPhoneやiPadのユーザーがGPS位置を簡単に変更できるiOSデバイス向けの便利なツールです。このツールを使用すると、任意の場所や座標に仮想的に移動し、位置情報偽装を行うことができます。

  • UltFone iOS Location Changerを起動し、iPhoneをパソコンに接続します。「位置情報の変更」を選択して免責事項にチェックを入れ、「開始」をクリックして次に進みます。
  • 目的地の住所を入力するか、GPS座標を入力します。入力した場所が画面に表示されるので「変更開始」をクリックすると、iPhoneの位置が変更されます。

  • 歩かずにポケモンGOをプレイするなら、メイン画面で「シングルスポット移動」または「マルチスポット移動」に切り替えます。

  • 実際の位置情報が出発点になります。地図をクリックして目的地を選択したり、移動速度をカスタマイズしたりして「移動開始」を選択します。家にいながら作成したルートに沿ってiPhoneの位置情報が移動します。

追加情報:ポケモンGOでの位置偽装に関するよくあるご質問

  • 質問1:ポケモンGOは歩けなくてもいいの?
  • はい!ポケモンGOで位置偽装アプリを使うと、現実世界でどこへ歩かなくても数多くのポケモンを入手することは可能です。位置偽装アプリとして、まずお勧めのはiAnyGoです。iAnyGoを使うと、脱獄不要で、位置情報を変えます。

  • 質問2:ポケモンGOの位置情報設定ができないのはなぜですか?
  • ポケモンGOで位置情報設定ができない場合、デバイスの位置情報サービスが有効になっているか、ポケモンGOが位置情報にアクセスすることを許可しているか、GPSが正常に機能しているか、最新バージョンのアプリを使用しているか、ネットワーク接続が安定しているかを確認する必要があります。

  • 質問3:ポケモンGOの位置偽装はBANされますか?
  • はい、ポケモンGOの位置偽装はNianticの利用規約に違反する行為であり、BAN(アカウント停止)の対象となる可能性があります。Nianticは、ポケモンGOのプレイヤーが不正行為を行った場合に厳しく対処しており、位置偽装やその他のチート行為はこれに該当します。それで、iAnyGoなど安全なアプリを利用することをおすすめです。

※今ならPC利用せず、アプリバージョンのAnyToもあるので、大変便利になります。

まとめ

上記では、7つのiPhone/iPad向けのポケモンGOの位置情報をチートするアプリをご紹介しています。位置偽装アプリは様々なものがありますが、やはりアカウント停止のリスクがある点は十分に注意してください。Tenorshare iAnyGoのようなPCから操作する方がおすすめです。日本語にも対応していますし、初心者でも使いやすい点が多いのもポイントでしょう。

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用

  最終更新日 2024-06-08 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(25 票、平均: 3.5 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください