お勧めのiPhone・iPadポケモンGO用位置偽装アプリ

ポケモンgoをより便利にプレイできるのが位置偽装アプリです。端的にお伝えしますと、iPhoneなどのデバイスの位置を偽装するアプリになります。昨今では外に出たくても出られない状況が続いているため、ポケモンGOを初めとした位置情報ゲームが楽しみにくくなっているでしょう。そうした時に役立ってくれます。

ポケモンgo

ただし多くの位置情報ゲームで、位置偽装アプリは不正手段となっている点には注意が必要でしょう。では実際にどんなアプリがあるのか確認していきます。

ポケモンGOの位置偽装アプリ6選

1、Tenorshare iAnyGo

Tenorshare iAnyGoはiPhoneで、ポケモンGOの位置を偽装できるアプリの1つです。ポケモンGO以外の位置情報ゲームでも利用できるのが魅力でしょう。

パソコンにインストールするタイプですが、日本語対応もしていますし、初心者でも扱いやすいのがポイントです。また面倒な設定をiPhone側でしなくても良いのも嬉しいでしょう。では以下に使い方を紹介します。

  • ステップ1、Tenorshare iAnyGoをインストールして起動します。
  • ステップ2、iPhoneやiPadのデバイスをパソコンに接続します。

    iPhoneをianygoに接続する
  • ステップ3、Tenorshare iAnyGoの画面にある「シングルスポット移動」モードまた「マルチスポット移動」モードを選択して、ルートと移動速度を設定します。

    マルチスポット動作を選択する
  • ステップ4、スマホでポケモンGOを起動した後、iAnyGoの画面の「移動開始」をクリックすればできます。

    移動開始をクリックする

Tenorshare iAnyGoは単純位置の情報偽装できだけではなく、2点間でのルート移動を偽装するとマルチスポット移動もできます。マルチスポット移動は複数地点を登録して、その場所を巡回するような偽装情報です。

2、PokeGo ++

iPhoneでポケモンGOの位置偽装をする時に、最も代表的なのがPokeGo ++でしょう。iPhone専用のかなり便利なアプリで、これをメインに使っている人も少なくありませんでした。

PokeGo ++
  • ステップ1、PokeGo ++のIPAを探してiPhoneにインストールします。
  • ステップ2、非公式のアプリになるため、プロファイルの認証が必要となります。
  • ステップ3、iPhoneの設定、一般、プロファイルとデバイスの管理、エンタープライズAPPへとタップして進みます。
  • ステップ4、PokeGo ++があるので信頼するをタップします。

ですがあまりにも不正が過ぎるため、ポケモンGOを提供する会社から提訴されています。その結果として2019年の6月にサービスが停止しています。公式サイトや情報交換サイトも閉鎖されているため、今後も復活する可能性はかなり低いでしょう。探せばまだインターネット上にアプリは落ちているかもしれませんが、使うとしても自己責任でお願いします。アカウント停止処分にされる可能性が高いためです。海外のソーシャルニュースサイト「reddit.com」:https://www.reddit.com/r/PokemonGoSpoofing/comments/br5nsg/pokego_r11601432_ispoofer_27301432_free/ にダウンロードリンクがあります。

3、iSpoofer

ポケモンGOの位置偽装ができるアプリとしては、iSpooferも有名でしょう。前段でお伝えしたPokeGo ++と似たようなアプリですが、こちらは現在も利用可能となっています。ただし警告がくることもあるので、使用する場合は自己責任です。

iSpoofer
  • ステップ1、iSpooferの公式サイトからIPAをiPhoneからインストールします。
  • ステップ2、信頼できないアプリと表示された場合はプロファイル認証を行います。
  • ステップ3、設定から一般、プロファイルとデバイスの管理、エンタープライズAPPno項目からHeNan Mobileとある点をタップします。
  • ステップ4、信頼するをタップでインストールできます。
  • ステップ5、位置を指定して移動を開始します。

他にもポケモンGOをプレイする上で便利な機能が、色々と付属しているのが特徴です。ただし日本語対応はしていません。またリスクが高い点も忘れないでください。

4、iTools

iToolsはPCにインストールして使うタイプのものです。ポケモンGOの位置偽装をするだけではなく、iTunesの代替ソフトとしても利用できます。どちらかと言えば、位置偽装の機能の方がおまけ的な存在でしょう。使い方は以下の通りです。

iTools
  • ステップ1、PCにiToolsをインストールして起動します。
  • ステップ2、iPhoneなどのデバイスをパソコンに接続します。
  • ステップ3、ホーム画面の仮想場所をクリックすると地図が開きます。
  • ステップ4、希望の場所にピンをドロップします。
  • ステップ5、移動を開始するで位置情報を偽装できます。
  • 特に操作は難しくありませんが、日本語には対応していないようです。

5、iMyFone AnyTo

iMyFone AnyToもiPhoneのポケモンGOで利用できる位置偽装アプリです。こちらもパソコンにインストールして使うタイプになります。では使い方を確認しておきましょう。

iMyFone AnyTo
  • ステップ1、iMyFone AnyToをPCにインストールして起動します。
  • ステップ2、PCとiPhoneなどのデバイスを接続します。
  • ステップ3、地図が表示されるので、目的地を設定します。
  • ステップ4、画面の指示に従ってデバイスをDFUモードにします。
  • ステップ5、目的地を設定して移動するで位置情報が偽装できます。

このiMyFone AnyToも2点間移動や、マルチスポット移動が可能です。

まとめ

2020年でもiPhoneで利用できるポケモンGOの位置偽装アプリでした。位置偽装アプリは様々なものがありますが、やはりアカウント停止のリスクがある点は十分に注意してください。iPhoneにインストールして使うタイプが多いですが、実はTenorshare iAnyGoのようなPCから操作する方がおすすめです。日本語にも対応していますし、初心者でも使いやすい点が多いのもポイントでしょう。

  最終更新日 2021-07-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(5 票、平均: 4.4 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください
phone-banner-img