GPS位置情報変更・偽装

iPhone向けのGPS位置情報をごまかす方法

「不安だな、個人情報は少しでも知られたくないわ」"

意外と知られていませんが、iPhoneにはあなたが今まで訪れた場所や、良く行く場所を記録する機能が備わっています。あなたの家や職場、学校、良く訪れるレストランなど、プライベートな位置情報も記録されているのです。本記事では、そんな方のためにiPhoneの位置情報をごまかす方法をご紹介します。

iPhoneのGPS位置情報をごまかしたいケースとは

家族や友人に位置を知られたくない

最近は恋人同士、家族で位置情報を共有して、相手が「どこで」「何をしているか」モニターする方が増えています。相手の身を案じて利用するなら便利な機能ですが、行動履歴がまるわかりのため、不要なトラブルを招いてしまう可能性もあるようです。

アプリに自分のプライベートな情報を知られたくない

GPSベースのアプリでは常にあなたの位置情報を記録しています。悪用されることはまずありませんが、プライベートな個人情報は少しでも知られたくない!

位置情報ベースのアプリを便利に使いたい

GPS情報をベースとしたアプリをより便利に利用したい方も中にはいるようです。しかし、非公式な方法なため、あくまでユーザーの自己責任となります。

iPhoneのGPS位置情報をごまかす方法

位置情報サービスをオフにする

  • 「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をタップします

  • 「位置情報サービス」のスライドをオフにします

  • ポップアップが表示されるので、「オフにする」を選択します

  • 位置情報サービスをオフにする

他のiOSデバイスで同じApple IDにログインする

  • 「探す」アプリをタップします

  • 「デバイスを探す」をタップします

    iCloudを使う

同じApple IDでログインし、別の場所にデバイスがあれば、その場所を自分がいる位置情報として相手に送ることが可能です。

位置情報変更ソフト「iAnyGo」でiPhoneの位置情報をごまかす

iOSではiPhoneの位置情報を変更するのはカンタンにはできません。そこで一部のユーザーは「脱獄」などグレーゾーンの方法を使っていました。Tenorhare iAnyGoは、脱獄する必要なく、iPhoneの位置情報をごまかしできます。「iAnyGo」の使い方を確認していきましょう。

  • iPhoneをライトニングケーブルでPCと接続し、接続したら「開始」ボタンをクリックします。

  • ianygoで位置情報モードを変更する
  • 検索窓に変更先のアドレスを入力し、「変更開始」をクリックします。

  • ianygoの場所を選択

これで位置情報をベースとしたアプリにも変更後の位置情報が反映されます。

まとめ

いかがでしたか? カンタンな方法でiPhoneの位置情報をオフにすることができました。インターネットが普及した現在では、プライベートな情報は隠しておきたいですよね。自分の行動履歴を少しでも残したくない方は、位置情報をオフにするか紹介した方法で位置情報を操作するのがいいかもしれません。その時はiAnyGoのような専門位置情報ソフトを利用すると安全でカンタンですよ。

関連記事: iPhoneの位置情報に行動履歴の確認と削除方法

脱獄せずにGPS位置情報に自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone現在の位置情報を変更
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • GPXファイルをインポートして、ルートをより手軽に設計

  最終更新日 2021-09-28 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(3 票、平均: 4.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください