GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iPhone向け】パソコンあり・なしでiPhoneのGPS位置情報を偽装できる方法・アプリベスト8を徹底解説

この記事では、iPhoneの位置偽装をパソコンなしで行う方法を紹介しています。位置情報を使ったゲームやSNS、出会い系アプリなどしていると、iPhoneの位置偽装をパソコンなしでできるといいなと思うことってありますよね。iPhoneの位置偽装をパソコンなしで行う方法はいくつかありますので、機能や使いやすさに応じて最適なアプリを選びましょう。

Part1.専門なGPS位置偽装アプリでiPhoneの位置を偽装する【パソコン必要】

まずは、iPhoneの位置偽装をパソコンを使って行う方法からご紹介します。

アプリ1:iAnyGo

Tenorshare iAnyGoはパソコンを介してiPhoneの位置情報を偽装するアプリです。パソコンを使ってiPhoneの位置情報を偽装するメリットとしては、iPhoneの脱獄が不要なこと、iPhoneにファイルをインストールしなくていいことが挙げられます。一方、デメリットはパソコンを用意することです。iAnyGoはパソコンが必要ですが、安全かつ簡単にiPhone・Androidの位置情報を偽装できる方法です。位置偽装に関する機能もテレポート、自動歩行、ジョイスティックと豊富に備わっていますよ。

メリット

  • 日本語に完全対応&カスタマーサポートがある
  • 日本語で使い方ガイドが表示されるのでわかりやすい
  • 位置情報の偽装に関する機能が豊富で使いやすい

これから、iAnyGoの詳しい操作方法を紹介します。

  • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

    gps joystick 機能しない
  • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

    gps joystick 反応しない
  • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

    ianygo ジョイスティックの移動

アプリ2:iTools

iToolsとはiPhoneの位置偽装をパソコンを使って行うアプリのひとつで、iTunesと似たような機能を持つという特徴があります。iTunesには位置情を偽装する機能はありませんが、iToolsでは位置情報を変更するだけというシンプルな機能ですがついています。デメリットとしては、日本語に対応していないことが挙げられるでしょう。

iTools Virtual Location モンハンNow 位置情報 偽装

アプリ3:iSpoofer

iSpooferはポケモンGO向けに開発された位置情報偽装アプリです。ポケモンの個体値を調べる、強化されたスローをするなどポケモンGOのチート機能が使えるため、ポケモンGOトレーナーには魅力的なアプリかもしれません。ですが、iTools同様に日本語に対応していない点がデメリットとして挙げられます。

iSpoofer  iphone 位置情報 ずらす 無料

Part2.パソコンなしでiPhoneの位置を偽装できるアプリ

次は、iPhoneの位置偽装をパソコンなしで行う方法です。

アプリ1:iAnyGo iOS APP

iAnyGo iOS APPはiPhoneの位置偽装をパソコンなしで行う方法のひとつで、アプリをダウンロードする時はパソコンが必要となりますが、アプリのダウンロード後はパソコンが無くても問題ありません。iPhoneだけでポケモンGOの位置偽装が可能なので、いつでもどこでもポケモンGOの位置情報を変更しながらプレイを楽しめます。テレポート、自動歩行、ジョイスティックとパソコン版と同じく豊富な機能が備わっています。

メリット

  • 日本語に完全対応している
  • 位置情報の偽装に関する機能が豊富
  • アプリのダウンロード後はパソコンが無くても位置情報偽装できる

アプリ2:GPS Joystick

GPS JoystickはiPhoneの位置偽装をパソコンなしでできる方法ですが、最近ではGPS Joystickを使って位置偽装できなかったという声も相次いでいます。アプリ名の通り、ジョイスティック機能が付いていて、自由に位置情報を変更できるところが特徴です。アプリの知名度が高くなったため、運営側の対策が進み、使えなくなる事例も増えているというデメリットがあります。

Fake GPS Location - GPS JoyStick 使い方

アプリ3:Fake GPS Location

Fake GPS Locationは無料で使える位置情報変更アプリです。ですが、位置情報変更機能はテレポートのみとシンプルです。自動歩行やジョイスティック機能を使って位置情報ゲームを楽しみたいユーザーには不向きな方法と言えるかもしれません。無料で位置情報を変更するシンプルなアプリを求めているユーザーに最適です。

Fake GPS Location - GPS JoyStick

アプリ4:Location Faker

Location Fakerはサードパーティ製アプリを提供するCydiaから入手できるアプリです。iPhoneの位置偽装をパソコンなしで出来る方法ですが、Cydiaを設定する必要があります。Cydiaの設定が完了したらLocation FakerをiPhoneにインストールして起動しましょう。地図上で位置情報を変更したい場所にピンを立てると、iPhoneの位置情報が更新されます。

location faker

アプリ5:GPS Track Anywhere

GPS Track Anywhereは公式サイトから配布されていないため、GPS Track Anywhereを紹介しているサイトからファイルをダウンロードする必要があります。iPhoneを位置偽装できるパソコンなしの方法ではありませんが、公式サイトから入手できないためセキュリティの面で不安が残ります。なるべく個人情報が保存されていない状態のiPhoneで位置情報を偽装したい時に使うようにすると良いでしょう。

GPS Track Anywhere

まとめ

以上、この記事ではパソコンなしでiPhoneの位置偽装を行う方法をご紹介しました。iPhoneの位置偽装をパソコンなしで行う場合、方法によってはセキュリティ面に不安が残りますので気を付けましょう。iPhoneの位置偽装をパソコンなしで行えるTenorshare iAnyGoは、位置情報を変更する機能が豊富で使いやすいですよ。ぜひ試してみてくださいね

関連記事: 【ポケモンGO向け】PGSharpの使い方・機能・ダウンロード・インストール方法

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用