iPhoneデータ復元・活用術

【2024最新】iPhoneからUSBに写真を移す対策5つ|パソコン経由/なし

iPhoneからUSBメモリに写真をバックアップししたい。写真が多すぎるのですが、大量に移そうとするとエラーが起きやすいので、どうすればいいでしょうか?"

iPhoneのストレージ容量が不足している場合にはUSBメモリーを利用してiPhone内の写真を保存するのは便利ですが、転送する際に時々エラーが起きる可能性があります。

この記事では、iPhoneからUSBに写真を移す方法をいくつか紹介します。また、写真が多すぎる場合も安全に写真を移す方法もあります。どの方法を選ぶかは、自分の状況や好みによって異なるでしょう。ただし、注意すべき点は、iPhoneのバージョンによって異なる場合があることです。忘れずに確認しましょう。

Part1:【パソコンなし】iPhoneからUSBメモリに写真を直接に移す

USBメモリは、容量が大きいほど写真をたくさん保存できます。また、Lightning - USBアダプターは、iPhoneとUSBメモリを接続するために必要なアダプターです。iPhoneのバージョンによっては、Lightning - USBアダプターが異なる場合がありますので、注意が必要です。以上が、iPhoneからUSBメモリに写真を移すために必要なものです。これらを用意することで、スムーズな写真の移動が可能となります。

ステップ1:アダプタに「Lightning - USBケーブル」を接続して電源に接続します。USBメモリをiPhoneにつなぎます。
ステップ2:写真アプリを開き、移したい写真を選択します。
ステップ3: 移したい写真を選択し、共有アイコンをタップします。
ステップ4: 最後にUSBデバイスを選択して写真を保存します。
USBメモリー iPhoneの写真を保存

注意点

  • USBメモリは故障してしまう可能性もありますし、なくしてしまうこともあるでしょう。事前にデータをバックアップしたほうがいいです。

Part2:【パソコン経由】iPhoneからUSBメモリに写真を移す方法4つ

方法1:iCareFoneでiPhoneの写真を直接USBに転送する【一括/選択的】

まず紹介するのは「Tenorshare iCareFone」というiPhone写真の専用転送ツールです。iCareFoneを利用すればiPhone/iPad写真のバックアップ・転送・復元をより便利かつ簡単に管理するだけでなく、重複した写真の検出と削除もサポートされています。ここではiCareFoneを使ってiPhoneの写真を直接的にUSBへ転送する手順を紹介します。

Step1iPhoneとパソコンをUSBで接続し、iCareFoneを起動させます。

デバイスをPCに接続する

Step2トップ画面から、「データ管理」>「写真」をクリックして進んでください。iPhone内の写真が一覧になりますので、USBに転送したいものを選択して「エクスポート」をタップします。

iPhone 写真をエクスポート

Step3エクスポートをタップした後に転送先を選択できますのでUSBメモリを指定すれば終了です。

iPhone 写真をエクスポート

方法2:MicrosoftフォトでiPhoneからUSBメモリに写真を移す

MicrosoftフォトはWindows 8以降のOSであれば、標準的にインストールされていますので、別途導入する必要もありません。Windows 10以降であれば標準的にドライバーがインストールされていますので、特別な設定は必要ありません。これらの準備が整えば、次に手順に従ってiPhone写真をUSBメモリに移すことができます。

ステップ1:まずはiPhoneをPCに接続して、Microsoftフォトを開きます。
ステップ2:続いて、iPhone内の移したい写真を選択し、共有アイコンをタップします。
ステップ3:すると、USBデバイスを選択するよう促されるので、保存先となるUSBメモリを選択して保存するだけです。
「フォト」 iPhone 写真 USBメモリに移行

方法3:WindowsエクスプローラでiPhoneからUSBに写真を保存する

Windowsエクスプローラを使う方法は簡単で、操作も直感的です。ただし、エクスプローラを使った操作に慣れていない人にとっては、手順に戸惑うこともあるかもしれません。 手順は以下の通りです。

ステップ1:iPhoneをPCに接続します。そしてエクスプローラを開きます。
ステップ2:「このPC」に移動し、デバイスの中「Apple iPhone」が表示されます。これをクリックし、「Internal Storage」>「DCIM」の順で進んでください。
ステップ2:ステップ3:DCIMフォルダを開き、ここでiPhone写真を選択してドラッグ&ドロップで保存できます
 Windowsエクスプローラ iPhone 写真 USBメモリに移行

方法4:iCloudでiPhoneからUSBメモリに写真を転送する

iCloudを使う場合、写真ライブラリをオンにしておく必要があります。その後、iCloud.comにログインして対象の写真を選択し、ダウンロードしてからUSBメモリに保存します。この方法は、Windows PCやMacなど、どんなデバイスでも使えるため、使い勝手が良いです。 手順は以下の通りです。

ステップ1: iCloudの写真ライブラリをオンにします。PCでiCloud.comにログインします。
ステップ2:移したい写真を選択してダウンロードします。USBメモリに保存します。

注意点

  • iCloudを使う場合は、Apple IDが必要です。
  • また、写真の転送にはインターネット接続が必須となるため、通信環境によっては時間がかかることもあります。iPhone写真のデータ量が多い場合にも注意が必要です。
  • iCloudを使う場合、手軽さと汎用性のバランスを考えつつ、利用するかどうかを検討するとよいでしょう。

追加情報:iPhoneからUSBに写真を移せないのはなぜ?

1.USBドライブの互換性

一部のUSBドライブはiPhoneと互換性がない場合があります。特に古いモデルや特定のメーカーの製品では問題が発生することがあります。

2.ケーブルやアダプタの問題

使用しているケーブルやアダプタが不適切な場合や、正しく接続されていない場合もあります。特に、Lightning to USBアダプタやUSB-Cアダプタの品質に問題があると、データ転送ができないことがあります。

3.許可の問題

iPhoneがUSBデバイスに写真を転送するためには、デバイスのアクセス許可が必要です。接続時に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」といったメッセージが表示されることがあります。これを許可しないとデータ転送は行えません。

まとめ

iPhoneの写真をUSBメモリに移す方法は様々ですが、自分に合った方法を選ぶ際には、使用するパソコンのOSやUSBメモリの容量なども考慮することが重要です。また、自分が普段どのような環境で写真を整理・管理しているかも考えてみましょう。その中で、日常にiPhoneデータを整理するには「Tenorshare iCareFone」が一番おすすめです。手軽に写真を転送・整理できます。ぜひご活用ください!

関連記事: iTunes バックアップから写真を取り出す・復元する方法

iPhoneデータ転送に最適・iOS 17対応
  • 無料でiPhone/iPad/iPodで必要なデータを一括バックアップ、選択したデータだけもバックアップ可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMSを無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 現在のデータを消去せずにファイルを選択的に復元可能
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能

  最終更新日 2024-05-23 / カテゴリ  iPhone写真

(クリックしてこの記事へコメント)

(8 票、平均: 4.3 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください