iPhoneの写真をUSBメモリに転送する方法

  iPhoneの写真をUSBメモリに転送する移し方を紹介します。iPhoneのデータ容量も無限ではありませんので、古い写真などは別の記憶媒体に移してしまうのがベストです。

2ステップでiPhoneの写真を直接USBに転送

ステップ1:iPhoneの写真をパソコンに取り込む

  iPhoneの写真を、USBを使ってパソコンに保存するのが第一です。

  残念ながらiPhoneから直接的にUSBを使ってメモリにデータを転送する方法はありませんので、手順をしっかりと理解しておきましょう。

Windowsの場合:自動再生を使って写真をパソコンに取り込む

  iPhoneの画像をUSB経由でWindowsに移動させる場合、自動再生を使うのが便利です。

  まずはiPhoneを純正のライトニングケーブルを使ってWindowsに接続します。パソコンにiTunesをインストールしていると自動再生が始まります。その場合は、画像とビデオのインポートをクリックしましょう。

  iTunesがインストールされていない場合は自動再生が始まりません。そこでスタートキーを右クリックでエクスプローラーを起動させます。次にiPhoneを選択して右クリックで画像とビデオのインポートを行うようにしてください。

  最後にiPhone内にある写真データが表示されますので、必要なものを選択してインポートを開始すれば終了です。

Macの場合:写真アプリを使って写真をMacに取り込む

  Mac経由でiPhoneから画像をUSBメモリに移すのなら写真アプリが良いでしょう。iTunesを利用した方法になるので覚えておくと便利です。

  最初にMacのiTunesを起動させて設定から自動同期をオフにしておきます。その後、ライトニングケーブルでiPhoneを接続しましょう。iPhoneを接続するとMacの写真アプリが立ち上がりますので、デバイスからiPhoneを選択します。

  写真をクリックしてiPhone内の画像を表示させてから、同期させると終わりです。

ステップ2:iPhoneの写真をパソコンからusbメモリに保存

  iPhoneから様々な方法でパソコンに写真を取り込む方法を紹介しました。パソコンに保存された写真のデータはUSBメモリに保存するのも簡単です。手順としてはエクスプローラーを開いて、外部デバイスでUSBメモリを選択してから、写真データのフォルダごとドラッグアンドドロップすればコピーできます。

iPhoneの写真を直接USBに転送する方法

Tenorshare iCareFone」という転送ツールを利用すれば直接的にUSBへと写真を転送できます。まずは、お使いのパソコンにiCareFoneをインストールしましょう。

  Step1、iPhoneとパソコンをUSBで接続し、iCareFoneを起動させます。

デバイスをPCに接続する

  Step2、トップ画面からファイルの管理、写真をクリックして進んでください。

iPhone 写真管理

  Step3、iPhone内の写真が一覧になりますので、USBに転送したいものを選択してエクスポートをタップします。

iPhone 写真をエクスポート

  Step4、エクスポートをタップした後に転送先を選択できますのでUSBメモリを指定すれば終了です。

iPhone 写真をエクスポート
最後に

  iPhoneの写真をパソコンに転送させるための方法は様々です。しかし、パソコンに経由してからの手順を踏まずにすむ「iCareFone」がいちばん便利でしょう。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 石原 侑人 to iPhone写真 Follow @石原 侑人