パソコンの動画をiPhoneに転送する方法

  パソコンに保存してある動画をiPhoneへと転送・保存する方法はあるのでしょうか?

  この問いへの回答ですが、主な方法としては2種類あります。1つはiTunesを使った方法で、もう1つがiTunes以外の転送ツールを使った方法です。どちらも初心者の方に優しい方法ですので、以下のやり方を参考に実行してみましょう。

パソコンの動画をiPhoneに転送する公式的な方法

  まずは、パソコンにある動画をiPhoneに転送する際に、もっとも使われる公式的な方法をご紹介します。基本的に無料で使えますが、それぞれにディメリットもあります。詳細は、以下の内容をご参照ください。

iCloudを使って動画をiPhoneに転送する

  パソコンからiPhoneに動画を転送する時に、iCloud Driveを利用することがよくあります。この方法を利用すると、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに繋がる必要がなく、具体的な操作も簡単です。

  ステップ1、icloud.comにログインして、iCloud Driveタブをクリックして、iPhoneに転送したい動画をアップロードします。

iCloud driveに動画を追加

  ステップ2、iPhoneで「ファイル」アプリを開き、動画をダウンロードします。

iCloud driveから動画をダウンロード

  これで、iCloud経由でパソコンの動画ファイルをiPhoneに転送するのが完了です。ここで注意すべきなのは、iCloudは5GBしか無料使用できませんので、サイズの大きい動画ファイルを転送したいなら、追加ストレージを購入する必要があります。

iTunesを使って動画をiPhoneに転送(同期)する

  iTunes経由でパソコンの動画をiPhoneに転送する場合は、大きく分けて「動画をiTunesに取り込む」と「iTunesから動画をiPhoneに同期」の2ステップがあります。

iPhoneに転送する動画をiTunesに取り込む

  1.iTunesを起動して、ライブラリからムービーを選択します。そして、メニューから「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」をクリックします。

  2.追加したい動画を選択して、「開く」をクリックすれば、追加完了です。

  追加した動画・ビデオはムービーライブラリ内で確認することができます。そして、動画をダブルクリックすることで、再生することができます。ただし、iPhoneで再生できる動画の形式はMP4とMOVのみで、動画形式が適用ではない場合は、動画の形式変換を実行してください。

iTunesでパソコンに保存してある動画ファイルをiPhoneへ入れる

  iPhoneに転送したい動画をiTunesに取り込んだら、同期機能を使って動画・ビデオをiPhoneに転送しましょう。

  ステップ1:iTunesを起動したままで、iPhoneを付属のUSBケーブルでパソコンと繋ぎます。左側にあるiPhoneのアイコンをクリックして、iPhoneの管理画面に入ります。そして、「設定」項目で、「ムービー」を選択します。

  ステップ2:「ムービー」項目から、「ムービーを同期」の項目にチェックを入れて、下に出てくるムービー欄からiPhoneに送りたい動画を選びます

  ステップ3:最後に画面右下に表示されている「適用」を選択すれば、iTunesよりiPhoneへの動画転送がスタートします。

iTunesで動画をiPhoneに転送する

  iTunesを利用する場合はストレージ容量の制限がありませんが、操作上にはやはり面倒ですね。また、iTunesが開けなくなったり、同期できなくなったりする問題がたまに発生し、パソコンに動画を削除したら、iPhoneの中の動画も同期により削除されます。このような複雑な操作を避けるため、iTunesを使わなくてもiPhoneに動画を転送できる簡単な方法を紹介します。

Tips:無料でiPhoneに転送する動画をMP4/MOV形式に変換する方法

  ご存知のように、iPhoneに動画を送るなら、その動画の形式は必ずMP4、あるいはMOVでないといけません。もし転送しようとする動画は上述の形式ではない場合、まず動画をMP4形式に変換する必要があります。

  ここで「ClipConverter」という有名な無料動画変換サイトを紹介します。このサイトで変換したい動画をアップロードしたら、出力形式を「MP4」か「MOV」にして、「続行」をクリックするだけで、動画をMP4/MOVに変換し始めます。

無料で動画をMP4形式に変換

  動画のアップロードにはちょっと時間がかかりますが、完全無料ですから、ほかの製品よりおすすめです。

パソコンの動画をiPhoneに転送するもっとも簡単な方法

  iPhone・iPad・iPod向けのデータ管理ソフト「Tenorshre iCareFone」を使って、パソコンに保存してあるMP4動画ファイルを直接にiPhoneへ転送することができます。このソフトを使うと、事前の準備は必要なく、同期で不意な上書きによるiPhoneの既存データ損失を防ぐこともできます。まず、下記ボタンより、iCareFoneを無料ダウンロードしましょう。

  ステップ1:まずはTenorshare iCareFoneを立ち上げてiPhoneをPCに繋ぎます。接続できたらソフトのホーム画面で。「ファイル管理」→「ビデオ」の順に選択します。続いて管理ページに入り、iPhoneに既存なビデオファイルがある場合、少し経てば動画のデータが表示されます。

iPhoneに動画を転送

  ステップ2:「追加」ー「ファイル」をクリックして、転送したい動画を一括で選択して、最後に「開く」を選択すれば、動画が自動的にiPhoneへと転送されます。

パソコンの動画をiPhoneに転送

  たった2つのステップでデータの転送が完了できます。iCareFoneは動画をiPhoneに入るだけではなく、iPhoneからパソコンに動画を転送することも可能です。「Tenorshare iCareFone」を使えば、iPhoneに転送した動画を一時パソコンから削除しても大丈夫です。また、iCareFoneで音楽、写真、連絡先などのデータ管理も上述と同じように簡単ですから、iPhoneユーザーにおすすめします。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhoneビデオ Follow @山崎 あずさ