iPhoneデータ管理

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iPhoneから削除された電話帳を復元する方法

iPhoneの電話帳が消えてしまった、ということを経験したことはありませんか。iOSのアップデートをしたり、新しいアプリを入れたり、本体をリセットしたり、iTunesでバックアップをとったりしたときに、「電話帳が消えてしまっている!?」ということが起きます。自分で電話帳のデータを消した覚えはないのに、でも、もしかしたら何かしてしまったかもしれない…というときに、こちらの電話帳を復元する方法を試してみてください。

方法1:バックアップなしでTenorshare UltDataから電話帳のみを復元

Tenorshare UltData は、バックアップをパソコンに保存していない場合でも、iPhoneの端末内にデータが残っていないかどうかを検出して、データが残っていれば元に戻すことができるソフトウェアです。

  • まず、UltDataをパソコンで起動してください。左側の「iOSデバイスから復元」を選びます。

    ultdata-iosを使う
  • 無事UltDataがiOSデバイスと接続できると、復元したいデータを選ぶ画面になります。個人データやメディアデータを選ぶことができますが、今回は削除された電話帳を復元したいので、「連絡先」にチェックを入れます。右下の「スキャン」を押してください。

    スキャンします
  • すると、iOSデバイスのスキャン結果が表示されます。iOSデバイス内にデータが残っていれば、表示されますので、復元したいデータを選択して、「復元」を選択してください。これで連絡先のデータを復元できました。

    写真を復元

方法2:iCloud.comからiPhoneの連絡先を復元

iCloud.comからiPhoneの連絡先を復元する方法です。

iClould.comはiPhoneのサービスで、利用している場合は自動的にバックアップを取ってくれていることが多いです。パソコンでiCloud.comにアクセスし、iCloudへログインしてください。Apple IDとパスワードが必要です。iCloudの画面で、復元を行うと、自動的にiOSデバイスの中身が、バックアップをとった時点へ復元されます。

iCloud.comからiPhone連絡先を復元

方法3:iTunesからiPhoneの電話帳を抽出

iTunesを使用しても、電話帳のデータを復元することができます。ただし、それは定期的にパソコンとiOSデバイスを接続して、iTunesにデータのバックアップをとっていればの話です。いまはiCloudでの自動バックアップが主流なので、iTunesでバックアップをしている人は少ないでしょう。

iTunesからiPhone電話帳を抽出

方法4:iCloudからiPhoneの電話帳を復旧

iCloudから電話帳を復旧する方法もありますが、これは新しいiOSデバイスを購入したときに、一時的に古いiOSデバイスの連絡先をiCloudにバックアップしておいて、新しいiOSに移動させるというものです。どうしても電話帳が復元できない、というときに使う方法としては適していません。

iCloudからiPhone電話帳を復元

まとめ

さて、いかがでしょうか。iPhoneから電話帳データが消えてしまったときに対処法について説明しました。焦っているときに、iClould.comにログインしたり、iTunesにバックアップデータが残っていないかを確認したりするのは、手間だと感じるかもしれません。バックアップが残っていても、その内容が、ほしい内容かどうかもわかりません。Tenorshare UltData であれば、データの中身をすぐに確認できるので、直感的に操作ができます。ぜひ、いざというときに使ってみてください。

関連記事: iPhoneの通話履歴・着信履歴を復元する方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出