iPhoneデータ管理

消えたiPhoneメッセージを復元する方法

メッセージアプリを使って連絡を取ることって結構あります。もし、メッセージの整理中に間違って大事なメッセージを消してしまったらどうしますか。そんな時でもメッセージを復元する方法はあるので、諦めなくて大丈夫です。それでは、これから消えたiPhoneメッセージを復元する対策について見ていきましょう。

iPhone メッセージが消えた原因

なぜiPhoneのメッセージが消えたのか、その原因から考えていきましょう。

  • iPhoneメッセージの保存期間が無期限ではない

  • iCloud ではメッセージのバックアップがオフになっている

iPhoneメッセージの保存期間が無期限ではない

iPhoneメッセージの保存期間は30日、1年、無期限から設定できます。お使いのiPhoneメッセージの保存期間がどうなっているかチェックしてみましょう。

  • 設定を押します

  • メッセージをタップします

  • メッセージの保存期間を選択します

  • 保存期間を変更できます

  • 保存期間を変更

iCloudではメッセージのバックアップがオフになっている

メッセージのバックアップがオフになっているとiCloudで保存されません。iCloudのメッセージバックアップの設定を確認する方法です。

  • 設定をタップします

  • Apple ID>iCloudと選択します

  • メッセージがオンになっているかチェックします

  • メッセージがオン

iPhoneメッセージを復元する対策

大事なメッセージを消してしまった時は、これから紹介するiPhoneメッセージを復元する対策を試してみてください。

パソコンない場合:iCloudを利用してiPhoneメッセージを復元

iCloudを利用してiPhoneメッセージを復元する方法はパソコンなしでできます。けれども、iPhoneを初期化しなければならずメッセージ以外のデータもiCloudバックアップから復元されるので注意しましょう。

  • 設定をタップします

  • 一般を選択します

  • 「転送またはiPhoneをリセット」をタップします

  • 「すべてのコンテンツを設定を消去」から「続ける」と押します

  • iPhoneを初期化

次はiCloudバックアップからデータを復元する方法です。

  • iCloudバックアップから復元をタップします

  • iCloudにサインインします

  • バックアップファイルを選びます

  • バックアップファイルを選び

注意:この方法はデータが失われるリスクがあります。

パソコンある場合:iTunesでiPhoneメッセージを復元

パソコンがあるならiTunesからiPhoneのメッセージを復元できます。この方法もメッセージだけではなくその他のデータもiPhoneへ復元されるので注意しましょう。

  • iPhoneをパソコンと接続してiTunesを開きます

  • スマホアイコン>概要とクリックします

  • 「バックアップを復元」を押します

  • 「バックアップを復元」を押します

バックアップなしの場合:iOS復元アプリを通じてiPhoneメッセージだけを復元

iPhoneメッセージの復元がバックアップなしからできるiOS復元アプリを紹介します。iOS復元アプリ「Tenorshare UltData-iOS」は、バックアップなしからメッセージだけを復元できます。復元したいデータを選べるので、余計なデータも一緒に復元されてしまうという煩わしさから解放されるでしょう。

  • Ultdataを起動して iOSデバイスから復元をクリックします

  • iosデバイスから復元
  • メッセージにチェックを入れてスキャンを押します

  • スキャンして
  • 復元したいメッセージを選択して復元をクリックします

  • 写真を復元

まとめ

消えたiPhoneメッセージを復元する方法はありますが、メッセージ以外のデータも復元されてしまうので使い勝手は良くありません。メッセージだけを復元したい、iOS復元アプリUltdataを利用すればその希望を叶えられます。単独でメッセージだけを回復可能、さらにメッセージのみならず他のデータについてもバックアップなしからの復元に対応しています。

関連記事: 消えたiPhoneのメモを復元する方法

  最終更新日 2021-09-22 / カテゴリ  iPhoneデータ復元

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください