iPhoneデータ管理

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iCloudからLINE(ライン)のトーク履歴を復元する方法

LINE(ライン)は、日本で主流のコミュニケーションツールとして、定着して久しいです。そうなると、機種変更でもLINEのトーク履歴はしっかり引き継いで復元したいところです。トーク履歴を引き継ぐ場合、バックアップを作成するのは一般的ですが、iPhoneユーザーの場合、バックアップ先はiCloudを利用すると便利です。今回はiCloudを利用したトーク履歴の復元方法共に、バックアップを持たない場合の復元方法についても、併せてご案内いたします。

Part1:iCloudからLINEトーク履歴を復元前にやること

機種変更前のiPhoneのLINEトーク履歴を、iCloudにバックアップしておく必要があります。既にバックアップは取得済みであっても、最新のバックアップを取っておくことで、差分なくスムーズな復元を行うことが出来ます。また、バックアップを取る際には、iCloudの容量に十分な余裕を持たせておくことをおすすめします。

  • 1.「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」と進みます。
  • 2.「iCloud Drive」のボタンをタップしてオンにします。
  • 3.LINEを開き、設定(歯車のマーク)をタップします。
  • 4.「トーク」>「トークのバックアップ」と進みます。
  • 5.「今すぐバックアップ」をタップします。

Part2:iCloudからLINEトーク履歴を復元する方法

LINEトーク履歴をiCloudからのバックアップで復元する方法です。iCloudのバックアップは、最後のバックアップファイルのみ保存となりますので、復元対象のデータは、直近で取得したバックアップの内容となります。

  • 機種変更後のiPhoneにLINEをインストールします。
  • LINEを開き、電話番号、認証番号とパスワードでログインします。
  • 「トーク履歴の復元」をタップします。
  • iCloudバックアップからLINEトーク履歴が復元されます。
iCloudからLINEメッセージを復元

Part3:バックアップなしでLINEトーク履歴を復元する方法【簡単】

iCloudを始め、どこにもLINEトーク履歴のバックアップを取得していない場合は、バックアップからの復元はできないということになります。そのような場合は、データ復元の専門ソフトを活用しましょう。「Tenorshare UltData」であれば、iOS本体のストレージをスキャンすることで、バックアップがなくとも目的のデータを復元することが出来ます。復元可能なデータは、LINEを始め、連絡先、写真、動画、SMSメッセージなど、35種類以上と多岐に渡っています。

  • UltDataを立ち上げたら、ソーシャルアプリデータをバックアップ&復元をクリックします。

    LINEデータをバックアップ&復元
  • 復元したいソーシャルアプリ(LINE)ををクリックします。

    「LINE」をクリック
  • スキャンが完了したら「デバイスに復元」または「PCに復元」をクリックします。

    LINEトーク履歴を復元

まとめ

LINEトーク履歴を復元する方法について、ご案内いたしました。iCloudの容量の問題で、機種変更前のiPhoneからバックアップを取得できない場合は、UltDataを活用することをおすすめいたします。UltDataによりiPhone内からPCで一度LINEデータを復元し、機種変更後のiPhoneに移行するととても便利です。また、UltDataは、目的のデータだけ復元することができるため、LINEトーク履歴に限らずご利用のiPhoneのデータを損なうことなく、広くデータ復元の対応をすることが出来ます。

関連記事: iPhoneの30日以上に削除した写真を復元する裏ワザ

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 16まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先写真動画LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出
6
03
05
47