iPhoneデータ管理

iCloudからメモをiPhoneに復元する対策

スマートフォンの普及により、今まで手書きしていたメモや日程管理などを片手で簡単に入力・管理している方がほとんどだと思います。しかし、作業などが終わり見る必要がなくなったメモを削除した後、「まだ確認しなきゃいけない事があった」「間違えて他のメモを削除してしまった!」などの経験があるのではないでしょうか?そこで今回は、iCloudに保存されているメモをiPhone上に復元させる方法をご紹介していきます。

方法1:「最近削除した項目」でメモを復元する

メモを削除/紛失しても、その後30日間はiPhone上に保存されています。ですので、30日以内であれば簡単に取り戻すことができます。

  • ホーム画面上で「メモ」をタップ

  • 「最近削除した項目」をタップ

  • 画面右上の「編集」をタップ

  • 取り戻したいメモを選び、画面左下の「移動」をタップ

  • 戻したいフォルダを選択すると、そのフォルダに復元されます。

    「最近削除した項目」からメモを復元

方法2:iCloudバックアップからメモを元に戻す

もし、メモを削除/紛失する前にiCloud上にメモを保存していた場合、iCloudバックアップ機能を利用しメモを復元する事が出来ます。

  • ホーム画面の「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→「パスワードを入力」→「iPhoneを消去」→「確認」→「Apple IDパスワードを入力」→「消去」の順でタップします。

  • iPhoneを起動させ、「言語」→「国」→「キーボード」→「Wi-Fiネットワークを設定」→「位置情報サービスを有効」→「Touch IDを設定」→「Appとデータ」→「iCloudバックアップから復元」の順でタップします。

注意:この方法はデータが失われるリスクがあります。

方法3:iCloud.comでメモを復元する

iCloud.comからメモを復元する手順をご紹介します。

  • iCloud.comにログイン

  • メモをクリック

    iCloud.comからメモを復元する
  • 画面左側の「最近削除した項目」をクリック

  • 復元したいメモを選択し「復元」をクリック

    「最近削除した項目」をクリック

方法4:高品質の復元ソフト「UltData」でiCloudからメモを復元する【バックアップなし】

高品質の復元ソフト「Tenorshare UltData」を使ってiCloudからメモを復元させる方法をご紹介します。UltDataは最先端のデータ復旧技術を使用して、バックアップなしの状態からでもiPhone本体からメモの復元を可能にする専門的な復元ソフトです。

  • PCでUltDataを立ち上げて、iPhoneとPCをUSBケーブルで接続する

  • 「iOSデバイスから復元」をクリック

    ultdata-iosを使う
  • 「メモ&添付ファイル」にチェックを入れてスキャンをクリック

    スキャンします
  • 画面右下の「PCに復元」を選択する

    メモを選択
  • スッテップで行うことができ、簡単にデータを復元する事が出来ます。

    メモを復元

まとめ

今回はiCloudからメモをiPhoneに復元する方法をご紹介しました。パソコン操作が苦手という方には、iPhoneメモ復元専用ソフト「UltData」がおすすめです。簡単に操作出来ますので、万が一の時に備えてUltDataを入手しておけば、トラブルが起こった時に慌てることなく冷静に対処することが出来ます。

関連動画

関連記事: バックアップなしでiPhoneメモを復元するやり方

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 16まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先写真動画LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-06-30 / カテゴリ  iPhoneデータ復元

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください