iPhoneデータ管理

パソコン無しでiPhone動画を復元する対策

iPhoneで消すつもりのない動画を削除してしまうことがありませんか?今回はパソコン無しでiPhone動画を復元する対策をいくつかご紹介します。もし動画を誤って消してしまった場合は焦らずにご紹介する方法を試してみてください。

パソコンがない場合はiPhone動画を復元する対策

パソコンがない場合について、4つの対策をご紹介いたします。

対策1:iPhone本体から直接に動画を復元

iPhoneから消した動画は30日間は「最近削除した項目」から復元することができるようになっています。もし、誤って削除してしまったことにすぐに気づけば、「最近削除した項目」を確認してみてください。

  • 「写真」を開きます

  • 「最近削除した項目」を選択します

  • 復元したいを開き、右下の「復元」をタップします

    「最近削除した項目」から動画を復元

対策2:iCloudバックアップから削除した動画を取り戻す

iCloudでバックアップを有効にしていれば30日以上経過してしまい、本体から動画が消えてしまっても、パソコンがあればiCloud Driveから復元することができます。

  • パソコンでiCloudにアクセスし、サインインします

  • iCloud Driveを選択します

  • iCloud Driveの右下にある「最近削除した項目」をクリックします

  • 復元したい動画ファイルを選択して「復元」をクリックします

    iCloud Driveをクリック

対策3:Googleフォトアプリで消した動画を復活

Googleフォトを使用していればGoogleフォトのアプリから動画をダウンロードすることができます。

  • Googleフォトアプリを開きます

  • 復元したいiPhone動画の右側にある「…」を押します

  • ダウンロードを選択します

    Googleフォトをクリック

対策4:Dropboxから削除された動画を元に戻す

Dropboxを使用していればそこからダウンロードすることもできます。

  • Dropboxを開きます

  • 復元したい動画データの右側にある「…」を押します

  • 「共有」をタップし、「ファイルをエクスポート」を選択します

    ファイルをエクスポート
  • 「画像を保存」を選択します

パソコンがある場合はiPhone動画を復元する対策

対策5:専門の復元ソフト「UltData」でiPhone動画を復元

今までご紹介した方法のどれを使っても動画の復元をできなかった方は、もしパソコンがあれば、パソコンで専門のiPhone動画復元ソフト「Tenorshare UltData」を使用して、簡単に動画を復元することができます。

  • iPhoneをパソコンに接続し、「iOSデバイスから復元」オプションを選択します

    ultdata-iosを使う
  • スキャンしたい項目を選択し、その後「スキャン」をクリックします

    スキャンします
  • プレビューから復元したいファイルを選択し、「復元」をクリックします

    動画を選択
  • 最後に、消えた動画を成功に復元する事が出来ます

    動画を復元

まとめ

もし万が一間違えてiPhoneの大事な動画を消してしまったら何としても取り戻したいですよね。そんなときは焦らず今回ご紹介した方法を試してみてください。iPhone本体だけでは復活させることができなかったら、パソコンを使える方はiPhone動画復元専用ソフト「UltData」を是非使用してみてください。

関連記事: バックアップなしでiPhone動画を復元する3つの対処法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-02-11 / カテゴリ  iPhoneデータ

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください