iPhoneデータ管理

iPhoneから削除したカレンダーを復元する4つの対策

iPhoneのカレンダーアプリを利用して上手に予定管理をしている人にとって、突然の不具合などでカレンダーが削除されてしまうのは致命的なことだと思います。失うわけにはいかない情報ほどバックアップのありがたみが身に沁みますね。今回は、iPhoneからカレンダーが消えた場合について、バックアップを使った復元方法はもちろん、バックアップがない場合でも復元ができる方法について、便利なツールのご紹介を交えておまとめいたしました。

対策1:iCloudバックアップファイルから消えたiPhoneカレンダーを復元

iCloudのバックアップファイルがある場合は、iPhoneをリセットし、初期設定にて、復元可能です。但し、選択したバックアップ日時時点の設定とデータにすべて書き換えられるため、注意が必要です。

  • 「設定」>「一般」>「リセット」>「全てのコンテンツと設定を削除」を選択します。

    iCloudバックアップから復元
  • リセット後のiPhoneの初期設定時に「iCloudバックアップで復元」を選択します。

    iCloudバックアップからカレンダーを復元

対策2:iCloud.comからiPhoneの消えたカレンダーを復元

カレンダーのみのバックアップがあれば、iCloud.comで選択的に復元が可能です。iPhoneの「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」と進んでいき、「カレンダー」がオンになっているかご確認ください。オンの場合は、以下の手順で復元が出来ます。

  • iCloud.comにサインイン後、「アカウント設定」を開きます。

  • 「詳細設定」のうち、「カレンダーとリマインダーの復元」を開いてください。

  • 復元したい日時がある場合は、「復元」をクリックで復元が出来ます。

    iCloud.comから復元

対策3:iTunesバックアップファイルから消えたiPhoneカレンダーを復元

iTunesバックアップファイルを取っている場合は、iTunesから復元を行うことが可能です。但し、バックアップファイルの日時時点の設定とデータにすべて書き換えられるため、やはりよく考えて実行する必要があります。

  • PCとiPhoneをケーブルで接続し、iTunesを開きます。

  • 「概要」内の「バックアップを復元」を選択します。

  • 復元したいバックアップファイルを選択して実行します。

    iTunesからカレンダーを復元

対策4:専門的な復元ツールを利用して削除したiPhoneカレンダーだけを復元

バックアップファイルがない場合は、諦める前に専門の復元ツールを利用することをおすすめします。Tenorshare UltDataであれば、iPhoneから直接データを復元することが可能です。iPhoneのデータ復元に対して高い成功率を誇り、安全かつ速やかに復元を実行することが出来ます。

  • Tenorshare UltDataをPCにインストールし、立ち上げます。

  • 「iOSデバイスから復元」をクリックします。

    ultdata-iosを使う
  • 「カレンダー&添付ファイル」にチェックを入れ、「スキャン」をクリックしてください。

    スキャンします
  • スキャン結果から復元対象を選択し、「PCに復元」をクリックすると復元が開始されます。

    写真を復元

まとめ

iPhoneのカレンダーアプリが消えた場合の復元方法について、ご紹介いたしました。カレンダーアプリでの予定管理は、手帳にはないスマートな機能がたくさんあり、とても便利ですよね。しかし、賢く活用し続けるためにはリスクヘッジも重要です。Tenorshare UltDataであれば、直接本体から復元ができるほか、iCloudやiTunesのバックアップファイルからの復元を行うことも可能です。万一に備えて、こうした便利なツールも把握しておくことをおすすめいたします。

関連記事: 【2022年】iPhoneで消えたLINEのトークを復元する方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 16まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先写真動画LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-08-17 / カテゴリ  iPhoneデータ復元

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください