iPhoneデータ復元・活用術

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

スマホが水没する時ショートからの復活方法!iPhoneとAndroidを普通に使える

スマホが水没してショートした後に復活して、普通に使える状態に戻った経験はありませんか。iPhoneが水没してショートした後復活したからといって、何も問題がないとは限りません。

こちらの記事では、携帯が水没したら普通に使うことができるのか、ショート後に復活させる方法をご紹介します。

Part1.スマホが水没したら普通に使えますか?

iPhoneやAndroidが水に濡れた際に、スマホは防水仕様のため、少量の水であれば正常に動きます。 しかし、完全に水没した場合は早急に水分を拭き取り、修理をしなければデータが消えるだけなく、買い替えが必要になります。

iPhoneやAndroidが水に濡れた

1.スマホの防水性能は完全防水ではない

スマートフォンの防水機能は「完全」なものではありません。 iPhoneの防水機能とは、例えば水が少しかかってしまった程度なら大丈夫です。しかし防水機能は劣化していくため、徐々に衰えていってしまいます。 加えて、トイレに落としたり誤って洗濯してしまった場合などはどうしようもありません。

2.内部に水が浸入したまま使うとスマホがショートする

もし水没した後に復活した携帯の内部に水が残っていた場合、使っている時ショートしてしまう恐れがあります。 スマホの中に残っている水分が原因で中の基盤がショートしてしまうと、完全に故障して復活しなくなる恐れもあります。 そのため、データの破損を防ぐためにも水没して内部に水が入ったスマホを使うのは避けるべきです。

3.スマホの内部が濡れているかは素人では確認できない

スマートフォンが水没した後に、内部が濡れているかは普通の人は判断できません。 iPhoneやAndroidが水没して普通に使えるとしても、内部に水が入っていない訳ではないです。スマホの内部が暮れているかは、中を開けて確認して初めて分かります。 そのため、電源が普通につくからといってそのまま使うとスマホが故障してデータが破損してしまう恐れがあります。注意してください。

Part2.スマホは水没してもショートから復活する方法

方法1.アップルもしくは正規店に相談して水濡れした携帯本体を復活する

Appleあるいは認定を受けている正規店で修理をしてもらうことが可能です。近所にお店がなくても、配送修理を承ってもらえます。 ただし、iPhoneが水没して電源がつかない場合復活する可能性は非常に低いです。加えて、修理費も高く、治るまでに長い時間もかかってしまいます。 そのため、修理を依頼するのはあまりおすすめできません。

アップルもしくは正規店に相談

方法2.データ復旧アプリから水没したスマホのデータを復元する

iPhoneが水没しても普通に使える状態なら、データ復旧アプリを使って、データを復元して必要なものを保管しておくことをおすすめします。 「UltData for iOS」はiPhoneの破損したデータを復元するためのアプリです。iPhoneやiPadの写真や動画、メッセージ履歴、アプリ上でのやり取りなど様々なデータを復元できます。 データの復元率も非常に高いため、復活させたい写真や動画などを安全に取り出し可能です。お困りの際は、ぜひお試しください。

  • ソフトウェアをインストールし、iPhoneをPCに接続した後、スキャンを実行します。

    ultdata-iosを使う
  • スキャンが完了すると、消えた写真を含むさまざまなデータが表示されます。

    スキャンします
  • ここから、復元したいデータを選択し、復元をクリックします。これで、写真をiPhoneに復元することができます。

    データを復元

Part3.スマホ水没によるショートを防ぐための対処法

ショートを防ぐための対処法

もしスマートフォンが水没してしまった際に、復活した場合はショートを防ぐためにも以下のような対処法をとってください。

対処法1.水没したスマホの電源をオフにする

水没したスマホの電源を切って、電源が流れないようにしましょう。 スマホがショートする原因は電気です。そのため、濡れた後に使っているとスマホ内を流れる電気によってショートし、壊れてしまう恐れがあります。 そのため、まずはスマホの電源をオフにして電気が流れない状態にしてください。

対処法2.スマホの水分を拭き取り、SIMカード、バッテリーなどを取り外す

スマホについた水分を乾いた布でしっかり拭き取りましょう。この時、SIMカードやバッテリー、イヤホンなどがついていた場合は取り外してしっかり拭き取ってください。 スマホや各種パーツについた水分が原因となって、端子の故障やショートが起こる恐れがあります。そのため、外せるものは全て外して、端子部分の水分も丁寧に拭き取ってください。

対処法3.水没してしまった携帯を乾燥させる

以下のような方法で、スマホ内の水分を乾燥させましょう。

  • 乾燥剤(シリカゲル)とスマホを密閉袋内に入れる
  • 生米とスマホを密閉袋内に入れる
  • スマホを天日干しする

この時、ドライヤーの熱で乾燥させてはいけません。高温の風によって、スマホが破損してしまう恐れがあります。 また、振って水を中から出そうとするのも厳禁です。スマホ内部の水分が拡散してしまい、むしろ状態がひどくなってしまうかもしれません。

まとめ

スマホが水に濡れてしまった時は、電源をつけずに乾燥させる必要があります。もし、スマホが水没して復活した後に何も対処をせず使い続けていると、ショートしてしまう恐れがあります。 スマホがショートしてしまうと、内部のデータも破損してしまいます。万が一データが破損してしまった場合は、専用の復元アプリ「UltData for iOS」を使って復元しましょう。

iPhoneの写真や動画だけでなく、アプリのメッセージ履歴など幅広いデータを復元可能です。 専用のツールを使って安全にデータを取り出した上で、乾燥させて内部の水分を飛ばして修理を試みるようにしましょうね。

関連記事: 壊れたスマホからデータを取り出す方法はある?Android向けのご紹介