iPhone写真・活用術

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iPhone】アイフォン写真を復元する方法をご紹介!失くした画像を取り戻そう

アイフォン写真を復元したい!どうすればいいですか?

大切な思い出の写真をiPhoneフォトアルバムで保存するのが一般的で、もし誤って写真が削除されてしまった場合は何を試しても復元できなく、とても困っています。

この記事では、iPhoneから消した写真を復元する方法を一々紹介し、最も便利で適切な写真の復元方法を提供するよう努めます。

Part1.30日以内削除したアイフォン写真復元方法

アイフォン写真がうっかり削除した場合はまずiPhone「最近削除した項目」を見てください。30日以内写真を間違えて削除してしまった場合は、iPhoneの「最近削除した項目」フォルダに入っています。写真アプリ内で簡単に復元できます。ちなみに、この確認画面で「削除」をタップすると、端末から完全に削除されます。空き容量をすぐに増やしたい時などに便利ですが、削除する時は慎重に確認してください。

  • Step1: 写真アプリで「最近削除した項目」を選択します。

  • Step2: 復元したい写真を確認・選択・再表示します。

  • Step3: 「アプリとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。

  • Step4: 復元したいバックアップを選択します。

  • Step5: バックアップからデータが復元されます。

  • 「最近削除した項目」

Part2:iPhoneで30日以上に削除した写真を復活させる方法

提示:

提示:iPhoneから完全に削除しました写真を復元するにはバックアップが必要であり、もし写真をバックアップしない場合は直接的に方法6を読んで見てください。

30日以内に削除した写真であれば、写真アプリ「最近削除した項目」の機能で復元することができますが、写真の削除期限が既に30日を超える場合はどうしたらいいですか。他のところから写真を復活する方法はありますか?

この章では、削除してから30日以上経過した写真を復元する方法を解説します。自分の状況により解決法を選びましょう!

方法1:iCloudバックアップから写真を復活させる

30~40日間経過すると、アイフォン写真が端末から削除されました。その場合、「iCloud」機能を利用して、操作ミスによりの写真消すをここで復元する可能性があります。一般的に、写真を削除してから全端末に同期されるまで1~2分かかりました。

  • Step1: iPhoneの「設定」アプリを開き、「一般」>「転送またはiPhoneをリセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、iPhoneをリセットします。

    iPhoneをリセットします
  • Step2: iPhoneが再起動したら初期設定を進めて、「Appとデータ」の画面で「iCloudバックアップから復元」をタップします。

    iCloudバックアップ

方法2:iTunesから写真を復元させる

iTunesにデータをバックアップする習慣がある人にとって、うっかりiPhoneの写真を削除したら、iTunesから復元できます。

  • Step1: iPhoneをパソコンに付属のUSBケーブルで接続します。

  • Step2: パソコンのiTunesを起動し、「バックアップを復元」をクリックします。

  • Step3: 概要画面が表示し、「バックアップを復元」を選択します。

  • Step4: 復元したいバックアップ(日付やサイズなどを確認)を選択し、復元をクリックします。

  • Step5: 5.iPhoneが再起動します

    iTunesバックアップ

方法3:Googleフォトから写真を復元させる

Googleフォトに写真をバックアップしていれば、Googleフォトのアプリから端末に写真をダウンロードできます。

  • Step1: Googleフォトアプリを開く

  • Step2: 保存したい写真を選択する

  • Step3: 画面右上の「…」をタップ

  • Step4: 「ダウンロード」をタップ

  • Step5: 「画像をカメラロールに保存しました」と表示されたら完了

    Googleフォトから写真を復元させる

方法4:Dropboxから写真を復元させる

デバイスまたは iCloud から写真も消えた場合は、Dropbox や OneDrive などのクラウドストレージを確認してください。「自動アップロード」機能を有効にしてあれば、意外に写真を復活させるかもしれません。

  • Step1: Dropboxのアプリを開く

  • Step2: 「写真」を開く

  • Step3: 復元したい写真を開く

  • Step4: 「…」をタップ

  • Step5: 「エクスポート」を選択

  • Step6: 共有オプションから「画像を保存」を選択

    Dropboxから写真を復元させる

ご注意:OneDriveは、削除してから30日以内の写真のみ対応できます。

方法5:共有したSNSやメールから写真を復元させる

iPhoneから誤って消してしまった大切な写真を友人や家族に送信したり、その履歴から再度保存することでデータを元に戻すことがきます。メールやメッセージ、SNSの添付ファイルや画像ファイルを一覧表示させて、ダウンロードし直すと良い。

LINE(写真や動画の保存期限をご注意)

  • Step1: LINEアプリを開く

  • Step2: 友だちとのトークで写真をタップします

  • Step3: 面右下のダウンロードボタン​を押せます

    メールサーバーから消えたiPhoneメモを復元する

方法6:iPhone写真復元アプリから写真を復元させる

上記の方法を行ってもiPhoneの写真を保存できない場合があります。この場合、プロのiPhone写真復元アプリ(UltData for iOS)を使用することをおすすめします。

「UltData for iOS」ソフトウェアはバックアップがなくても、完全削除したiPhoneの写真を復元できます。デバイスモテルを問わず、復元された写真の画質も保証があります。

  • ソフトウェアをインストールし、iPhoneをPCに接続した後、スキャンを実行します。

    ultdata-iosを使う
  • スキャンが完了すると、消えた写真を含むさまざまなデータが表示されます。

    スキャンします
  • ここから、復元したい写真を選択し、復元をクリックします。これで、写真をiPhoneに復元することができます。

    データを復元

Part3:iPhone写真の消失を予防するためのヒント

ヒント1:定期的に写真をバックアップしておく

大切な写真は定期的にバックアップを取って誤操作を防ぐためにも重要です。

ヒント2:iCloud、Googleフォトを活用して、写真アルバムを構築する

Dropbox、iCloudやGoogleフォトなどを活用して、写真アルバムを構築して、安全にデータを保管しましょう。

ヒント3:重要な写真を外部ストレージに保存する

USBメモリ、SD カードなどの外部ストレージを使用して、重要な写真を一々保存し、写真が突然に失ったリスクを軽減します。

最後に

本記事では、6つの写真復元方法を紹介し、適切な手順とツールを使用すれば、ほとんどの写真を復元できます。この記事がiPhoneの写真復元問題を解決する一助となることを願っています。

もしiPhone本体の故障などで自力での写真復元ができるしい場合は、「UltData for iOS」写真復元アプリに依頼する方法もあります。

関連記事: iPhoneのゴミ箱から削除した写真を復元する方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 18まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先写真動画LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

最終更新日2024-06-05 / カテゴリiPhone写真