iPhoneデータ管理

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iPhoneから削除したファイルを復元する方法

iPhoneを使っていて、誤って大切なファイルを削除してしまったということは誰しも経験したことがあると思います。必要ないと思ってファイルを削除したのに、のちに必要になると気づいてしまった、保存されていると思っていたファイルが見つからず、いつの間にか削除されていたなどの問題で困っている方もいらっしゃると思います。一度削除されたものは元には戻らないと諦めるしかないのでしょうか。ご安心ください、今回はiPhoneから削除してしまったファイルを復元するいくつかの方法を、便利な復元ソフトとともにご紹介いたします。

方法1:最近削除した項目のフォルダからファイルを復元

iPhoneからファイルが消えてしまった場合、過去30日以内であれば「最近削除した項目」のフォルダから復元することができます。iPhoneでは、ファイルには削除されるまでの残りの日数があります。30日が経過すると、ファイルは完全に削除されてしまいます。

  • Step1: アプリ「ファイル」を開き、「ブラウズ」をタップします。

  • Step2: 「場所」を表示します。

  • Step3: 「最近削除した項目」をタップします。

  • Step4: 復元したファイルを選択し、「復元」をタップします。

    最近削除した項目のフォルダからファイルを復元

方法2:iCloud.com のiCloud Driveからファイルを復元

iCloud.comでも削除したファイルを復元することができます。iCloud Drive上に保存したファイルを削除した場合、30日以内であれば復元が可能です。ただし、完全に削除したファイルの復元はできません。こちらの方法はお使いのiPhoneまたはパソコンでも操作いただけます。

  • Step1: iCloud.comにサインインします。

  • Step2: 「iCloud Drive」で、「最近削除した項目」をクリックします。

  • Step3: 「すべて復元」または復元したいファイルを個別に選択し、「復元」をクリックします。

    方法2:iCloud.com のiCloud Driveからファイルを復元

方法3:専門ソフトUltDataからファイルを復元【バックアップなし】

上記2つの方法では解決しなかった場合でも、慌てる必要はありません。専用のiPhone復元アプリを使えば、手軽に消えたファイルを復元できます。復元専門のツール「Tenorshare UltData 」を使用したファイル復元の操作手順を簡単に紹介します。

  • お使いのパソコンでUltDataを起動し、「iOSデバイスから復元」をクリックします。

    ultdata-iosを使う
  • ソフトウェアがデバイスを検知されたら、スキャンして復元したい内容にチェックし、「スキャン」をクリックします。

    スキャンします
  • 「すべてのデータを表示」または「削除されたデータのみを表示」を選択し、復元したいファイルを確認します。そして「PCに復元」をクリックします。

    ファイルを復元

まとめ

iPhoneから削除されたファイルを復元 する方法をいくつかご紹介いたしました。一般的な復元方法は、一定期間内であるか、完全に削除されていないかどうかなど様々な条件を満たしていないと実現できません。一度消えてしまったものは取り返すことができないから諦めるしかない、というのは悔しいですよね。そんな場合に、復元専門ツール「Tenorshare UltData」を使えば完全削除されたファイルでも復元できます。バックアップなしで、選択的に復元でき、自分で簡単にできるところがUltDataの魅力です。ファイルや写真などのデータをiPhoneで便利に保存できるようになったとともに、そんな大切なデータを失うのもとても簡単になってしまった時代に、救世主となるUltDataは必須です。

関連記事: iPhoneで間違えて消したメモを復元させる方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 16まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先写真動画LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出
6
03
05
47