iPhoneデータ管理

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【超初心者向け】間違って削除したiPhoneアプリを復元させる方法

iPhoneを操作しているときや、ホーム画面のアプリの場所を移動させようとしたときに、動作を誤ってアプリを削除してしまったことはありませんか?毎日使用するアプリや、個人情報を扱っているアプリが消えてしまうととても焦ってしまうと思いますが、デバイスから消えてしまったアプリでも、復元できることもあります。この記事では、iPhoneから削除してしまったアプリを復元する方法と、アプリ削除を防ぐ方法を紹介します。

Part1:間違って削除したiPhoneアプリを復元させる方法

1、削除した購入済みアプリを再ダウンロードする方法

削除してしまったアプリを、まずはシンプルにApp Storeでもう一度ダウンロードしてみましょう。

  • 復活させたいアプリをApp Storeで探す
  • アプリが出てきたらダウンロードする

2、App Storeでアンインストールしたアプリを復元する方法

iOS14以降のiPhoneを使っていてアプリを削除してしまった場合は、App Storeで復元も可能です。

  • iPhoneのホーム画面の「APP Store」をタップして起動する
  • 画面右上にある人の形をしたアイコンをタップし、アカウント画面が表示させて、「購入済み」をクリックする
  • これまでにご自身が購入したアプリが表示されるので、「自分が購入したApp」をクリックする
  • このiPhone上にない」というタブをクリックし、削除したアプリが表示させる。復元させたいアプリを選択し、画面右の雲に矢印のついたアイコンをタップし、復元をスタートさせる
  • アンインストールしたアプリを復元

3、iCloudバックアップから消えたアプリを復活する手順

iCloudにバックアップをとっていれば、アプリのデータも復元できます。以下の手順で試してみましょう。

  • まず、デバイスのデータをすべて削除した後、電源をいれる
  • デバイスに表示されるメッセージに従っていくと、「App とデータ」といメッセージが表示されるので、「iCloud バックアップから復元」をタップする
  • ご自身のApple ID で iCloud にサインインしてください
  • 各バックアップの日付とサイズを確認し、適切なバックアップを選択する
  • Apple ID でサインインし、Appを復元させましょう。終了するまで、Wi-Fi に接続したまま待ってください
  • iCloudバックアップから消えたアプリを復活

4、iTunesバックアップから削除したアプリを復活する手順

iTunesのバックアップからも、アプリを復元できます。

  • iTunesを起動させ、パソコンとiPhoneをケーブルで接続する
  • iTunesの画面左端にある概要を開き、「バックアップを復元」を選択する
  • iTunesマークの通知画面が表示されるので、「iPhoneの名前」タブから復元したいバックアップデータを選び、「復元」ボタンをクリックする
  • iTunesバックアップから削除したアプリを復活

補充、UltDataでiPhoneアプリデータを復元する方法

誤って削除してしまったアプリデータを復活させるために、iPhoneのデータを復元できるソフトウェア「Tenorshare UltData」を使用する方法もあります。

  • パソコンでUltDataを起動し、「iOSデバイスから復元」オプションを選択します。

    ultdata-iosを使う
  • 電源が入っているiPhoneをパソコンに接続します。デバイスの画面に表示される「信頼」をクリックすれば、iOSデバイスが検出されます。

    USBケーブル
  • ソフトウェアがデバイスを検知すると、「復元したいデータを選択してください」というメッセージが表示されるので、復元したいデータのボックスにチェックを入れ、「スキャン」をクリックします。

    スキャンします
  • プレビュー画面で、必要なファイルを確認し、「復元」をクリックします。データはパソコンに復元されるので、すべてのデータが復元されているか確認してみましょう。

    アプリデータを復元

Part2:iPhoneのアプリを間違えて削除を防ぐ設定方法

誤ってアプリが削除されるのを事前に防ぐために以下の手順でiPhoneを設定しておきましょう。

  • デバイスのホーム画面にある「設定」から、「スクリーンタイム」をタップし、「コンテンツとプライバシーの制限」を選択する
  • コンテンツとプライバシーの制限」を有効にして、「iTunesおよびApp Storeでの購入」を選択し、「Appの削除」を「許可する」から「許可しない」にする
  • iPhoneのアプリを間違えて削除を防ぐ

まとめ

毎日使用するアプリや、重要な個人情報を扱っているアプリが消えてしまうと、どうしたらいいのか焦ってしまう方も多いと思います。再度アプリをダウンロードすることも可能ですが、バックアップを取っていない場合、以前のデータは復活できません。UltDataは、安心かつスピーディーに、消えてしまったアプリデータを復元できます。手順も簡単なので、アプリ復元の手段として試してみましょう。

関連記事: 無効化して削除したiCloud写真を復元する方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 16まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出