iPhoneデータの活用術

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iPhone】エアドロップが出てこない場合の原因と対処法

データを簡単に送受信できるAirDrop(エアドロップ)は、iPhoneユーザーにとって非常に便利な機能ですよね。 しかし、iPhoneでエアドロップを使おうとすると、「送信先が出てこない」「エアドロップが使えない」などの問題が起きることがあります。

この記事では、iPhoneで「エアドロが出てこない…」と困っている方に向けて、原因と解決方法をわかりやすくまとめています。iPhoneでエアドロップが出てこない問題は、すぐ解決するケースが多いので、落ち着いて対処していきましょう。

Part1.AirDropが出てこない一般的な原因は?

iPhoneのAirDropが出てこない時に、よくある原因を5つ紹介します。

原因1:「コンテンツとプライバシーの制限」が掛かっている

「コンテンツとプライバシーの制限」は、特定の機能を制限できるモードです。 この機能でAirDropが制限されていると、共有方法として「AirDrop」が出てこないことがあります。

原因2:BluetoothとWi-Fiが有効になっていない

エアドロップを利用するには、「Bluetooth」と「Wi-Fi」を有効にする必要があります。 片方が無効になっている場合も、エアドロップが送れないため注意しましょう。

メモ:機内モードのON/OFFは、AirDropが出てこない問題に影響しません。

原因3:iCloudからサインアウトしている

AirDropを使用する際は、送受信を行う両方の端末で、iCloudにサインインしている必要があります。 特に、新しいiPhoneを購入した直後などは、iCloudからサインアウトされている場合が多く、エアドロップが送れない原因になりがちです。

原因4:エアドロップが「受信しない」設定になっている

iPhoneの設定で、エアドロップを「受信しない」にしているデバイスは、誰からもAirDropを受信できない仕様です。AirDropの送信先の候補として出てこないため注意しましょう。

原因5:デバイスの問題(古いデバイス、容量不足など)

原因1〜4にあてはまらない場合は、デバイス自体に問題がある可能性があります。 特に、古いOSを利用している場合は、最新のAirDropが使えないことがあります。 また、ストレージ容量に十分な空きがなく、AirDropが受信できないこともあります。

Part2.AirDropが受信できない/送れない時の対処法

AirDropが受信できない・送れない時の対処方法を、6つご紹介します。 設定が不足しているケースが多いので、上から順番にチェックすることをおすすめします。

対処法1:「コンテンツとプライバシーの制限」でエアドロップを許可する

iPhoneで「コンテンツとプライバシーの制限」設定を確認し、AirDropが許可されているか確認します。 この設定で制限されていた場合は、 許可することで、AirDropが出てこない問題を解消できます。

  • Step1: iPhoneの設定から「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

  • コンテンツとプライバシーの制限でエアドロップ 許可
  • Step2: 「許可されたアプリと機能」をタップし、「AirDrop」が有効になっていることを確認します。

コンテンツとプライバシーの制限でエアドロップ 許可

対処法2:BluetoothとWi-Fiを有効にする

BluetoothとWi-Fiの両方が有効になっているか、確認しましょう。 BluetoothとWi-Fiの設定は、iPhoneの「コントロールセンター」から確認できます。

  • Step1: iPhoneの画面を 右上から下にスワイプし、コントロールセンターを開きます。

  • BluetoothとWi-Fiを有効にする
  • Step2: 「Wi-Fi」と「Bluetooth」が有効になっていればOKです。

  • BluetoothとWi-Fiを有効にする

メモ:両方有効でも、一度OFFにしてから有効にすると、エアドロップが送れない問題が解消することがあります。

対処法3:iCloudにサインインする

iPhoneでエアドロップが出てこない時は、iCloudにサインインできていない可能性があります。送受信する両方のデバイスが、iCloudにサインインしているか確認しましょう。

  • iPhoneの設定を開き、画面上部に「名前」が表示されていれば、iCloudにサインインできています。
  • iCloudにサインインする
  • 画面上部に「iPhoneにサインイン」が表示されている場合は、iCloudにログインできていません。 「iPhoneにサインイン」をタップし、Apple IDとパスワードを入力すると、iCloudにログインできます。
  • iCloudにサインインする

対処法4:エアドロップの受信設定を「すべての人」に設定する

エアドロップの受信設定を「すべての人」に設定すると、すべての人からAirDropを受信できます。連絡先に登録していないiPhoneとエアドロップする際に、送信先のデバイスが出てこない時に有効です。

  • iPhoneの設定から「一般」>「AirDrop」>「すべての人」をタップします。
  • 受信設定を「すべての人」に設定する

メモ:

  • 受信しない:全てのAirDropが受信できない設定です。
  • 連絡先のみ:連絡先に登録されている人からのみAirDropを受け取ることができます。
  • すべての人(10分間のみ):近くにいるすべての人からAirDropを受け取ることができます。10分経過すると自動で受信が停止されます。

対処法5:デバイスを最新のバージョンに更新する

AirDropを利用できるOSのバージョンは、以下の通りです。

  • iPhoneやiPad(iOS端末):「iOS 7」以降
  • Mac:「OS X Yosemite」以降 (2014年リリースのバージョン)

古いバージョンを利用している場合は、最新版にアップデートしましょう。 OSのバージョンは、以下の手順で確認できます。

iPhoneやiPad(iOS端末):設定から「一般」>「ソフトウェアアップデート」をタップします。

デバイスを最新のバージョンに更新する

Mac :りんごマーク「システム設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」をクリックします。

デバイスを最新のバージョンに更新する

対処法6:デバイスのストレージ容量を確保する

AirDropでデータを受け取るため、受信者のデバイスで十分なストレージ容量を確保しておきましょう。 デバイスのストレージ容量は、以下の手順で確認できます。

iPhoneやiPad(iOS端末) :設定から「一般」>「iPhoneストレージ」をタップします。

デバイスのストレージ容量を確保する

Mac :りんごマーク「システム設定」>「一般」>「ストレージ」をクリックします。

Part3.Tenorshare iCareFoneを使えば、容量の大きなデータも自由に転送できる!

デバイスの問題やOSのバージョンなどが影響し、エアドロップが送れないことがあります。 そのような場合は、データ転送ソフトがおすすめです。 Tenorshare iCareFoneは、iPhone専用のデータ管理ソフトで、デバイスの不具合やOSによる制限を受けずに、iPhone上のすべてのデータを無制限に転送できます。高いセキュリティ性により、大切な写真や重要なデータを安全かつ確実に転送できるので、安心して利用できる点が特徴です。

    対応可能なiPhoneのデータ一覧

  • 音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMS、アプリデータ、メモなど
  • パーソナル:連絡先、通話履歴、メッセージ&添付ファイル、カレンダー、 リマインダー、メモ&添付ファイル、ブックマーク
  • App管理:サービス終了のAppのインストール、Appの削除・更新
  • iCareFoneを起動して、お使いのiOSデバイスをPC/Macに接続します。プログラムの「写真」アイコンをクリックします。パソコンに転送したい写真や画像を選んで、オプションバーで「エクスポート」をクリックします。

    iPhone 写真をパソコンへ移行 - iCareFoneのガイド

    ※右側の「エクスポート設定」ボタンを押すと、写真(画像)の出力形式を設定することができます。対応可能な形式:tif、png、bmp、heic、jpg

    iPhone 写真の出力形式 - iCareFoneのガイド
  • iPhoneからパソコンへの写真転送作業が完了するまでしばらくお待ちください。

    iPhone 写真転送完了 - iCareFoneのガイド
  • 追加:ワンクリックでiPhone写真をPCに一括転送

    iCareFoneはウンクリックでiPhone内の写真をパソコンに一括転送することができます。

    クリックでiPhone 写真 パソコンに転送 - iCareFoneのガイド

追加情報:AirDropが出てこない問題を予防する

  • 定期的なiOSの更新
  • iOSのバージョンは、最新バージョンに保つようにしましょう。iOSを最新に保つことで、互換性の問題で iPhoneのエアドロップが出てこない事象を防げます。

  • 定期的なAirDrop設定の確認と調整
  • AirDropの設定が「受信しない」になっていると、エアドロの送信先に出てこない仕様です。まれに、iOSの更新などで設定が戻ることがあるため、定期的に確認しましょう。

  • ネットワーク干渉が多い環境では、AirDrop使用を避ける
  • 混雑している場所では、電波が干渉してエアドロップがうまく送れない可能性があります。 「設定は問題ないのに、エアドロが出てこない…」という時は、人が少ない所で試してみましょう。

まとめ

以上は、iPhoneのエアドロップが出てこない時の解決方法をご紹介しました。

AirDropが出てこない問題が発生した時は、ご紹介した方法を1つずつ確認してみてくださいね。 また、iPhoneのデータを転送する方法として、Tenorshare iCareFoneをご紹介しました。容量や料金の制限なしで、デバイス間のデータ移行がワンクリックで簡単にできる、おすすめのソフトです。

関連記事: 【最新】容量あるのにAirDropで受信できない原因と対処法

iOSとPC/Macの間で自由にデータを整理・転送
  • 無料かつ迅速でiOSデータをPC/Macにバックアップ可能
  • バックアップデータをプレビューし、必要なデータを選択的に復元可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先を無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能・iPhone画面をPCと自由に共有