iOS 16

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

容量不足でiOS 16 にアップデートできない場合の対処方法

iPhoneをiOS 16にアップデートする際に空き容量が足りずアップデートできないケースがあります。これは、iOSアップデートファイルのダウンロードに必要な容量がiPhoneに無いために発生し、空き容量を増やさない限りiOS 16にアップデートできません。この記事では、iOS 16のアップデートではどのくらいの空き容量が必要なのかと合わせてアップデートできない場合の対処法をご紹介します。

iOS 16はどのくらいのストレージ容量を占用しますか?

iPhoneのアップデートでは、AppleサーバーからiOS 16のファイルをダウンロードしてiPhoneにインストールする作業をします。そのため、iOS 16のダウンロードファイルは、約5.32 GB以上のストレージが占用されます。つまり、iOS 16のアップデートにはiOS 16ファイルの容量とインストール作業に使う容量をiPhoneに確保しなければなりません。

iOS 16 どのくらい

iOS 16のアップデート前にiPhoneの空き容量を確認する

iOSアップデート時にiPhoneの空き容量が足りないと「ストレージの空き領域がありません(ストレージは設定で管理できます。)」と表示されてアップデートができません。

iOS 16アップデート用にiPhoneのストレージを増やす方法

次は、iOS 16アップデートのためにiPhoneのストレージを増やす方法を見ていきましょう。

方法1、使用頻度の低いアプリを削除する

まずは、使用頻度の低いアプリをiPhoneから削除していきましょう。

  • Step1: [設定]≫[一般]≫[iPhoneストレージ]とタップします。

  • Step2: アプリごとに使用しているiPhoneの容量が表示されますので、容量が大きい順に使用頻度が低いアプリをタップします。

  • Step3: [Appを削除]を押して、アプリに関するデータがすべて削除されます。

    iPhoneからアプリを削除

方法2、古い価値のないボイスメールを削除する

不要なボイスメールを削除してiPhoneの容量を増やしましょう。

  • Step1: 電話アプリ>ボイスメールから不要なボイスメールを選択します。

  • Step2: ボイスメールを左にスワイプすると削除ボタンが表示されます。

  • Step3: 削除ボタンを押してボイスメールをiPhoneから削除します。

方法3、iPhoneから重要でない写真を削除する

一般的に言って、iPhoneのストレージ容量を圧迫するものは「写真」と「ビデオ」でなければなりません。写真アプリから重要でない写真と動画を削除した後、もう一度「最近削除した項目」から削除しましょう。これで、iOS 16アップデートに必要な容量を確保します。

  • Step1: iPhoneのホーム画面から写真アプリを選択します。

  • Step2: マイアルバムに入り、右上にある[選択]ボタンをクリックします。

  • Step3: 削除したい写真と動画を選択してから、右下隅にあるゴミ箱アイコンをタブします。

    iPhone 写真 削除
  • Step4: 削除した写真と動画は同アプリ内の[最近削除した項目]に移動するので、再び選択して削除を押してiPhoneから完全に消しましょう。

    iPhone 写真 削除 最近削除した項目

関連記事: iPhone内の写真を一括で削除する方法5つ!

方法4、iPhone写真をiCloudにバックアップする

すべてのデータをiPhone自体に保存すると、デバイスのメモリを大量に消費します。iCloudをオンにして、写真をiCloudにバックアップしましょう。または写真をPCに移行しましょう。

①USBケーブルでPCとiPhoneを接続する

  • USBケーブルを使ってiPhoneをパソコンに接続します。
  • パソコンがiPhoneを認識されたら、iPhoneの写真をパソコンに移動します。

②iCloudからパソコンに移す

  • Step1: iPhoneで設定>ユーザー名>iCloud>写真とタップします。

  • Step2: iCloud写真をオンにして、iPhone写真をiCloudにバックアップします。

  • Step3: パソコンからブラウザを開いてiCloudにサインインします。

  • Step4: 写真をクリックします。

  • Step5: 写真を選択してダウンロードボタンを押してパソコンに読み込みます。

方法5、iPhoneのSafariでキャッシュデータを消去する

一時的にデータを保存して次回利用時に再表示させるために使われるキャッシュデータですが、Safariはキャッシュデータが溜まりやすいので消去しましょう。

  • 設定>Safari>履歴とWebサイトデータを消去>履歴とデータを消去とタップします。

    Safari キャッシュ 消去

iPhoneストレージを最適化するためにiPhoneのデータをPCに保存する【無料】

iPhoneの写真、動画などのデータをバックアップする機能を持つTenorshare iCareFoneなら無料でパソコンにバックアップを作成できます。iPhoneのデータを選択してバックアップできるので、iCloudやiTunesよりも便利です。それでは、Tenorshare iCareFoneでiPhoneストレージを最適化するためにデータをPCに保存するやり方を見ていきましょう。

  • iPhoneをパソコンに接続してiCareFoneを起動して、「バックアップ&復元」を選択します。

    icarefone バックアップと復元
  • 写真、動画、連絡先などバックアップしたいファイルを選択し「バックアップ」を押します。

    iPhoneをPCにバックアップ
  • iPhoneのデータはすぐにパソコンにバックアップされます。終了後、[確認]をクリックしてバックアップされたデータをチェックできます。

    iPhone バックアップ完了

パソコンでiPhoneをiOS 16にアップデートする

iPhoneが容量不足でiOS 16にアップデートできない場合は、iTunesを使ってiPhoneをiOS 16にアップデートできます。iOS 16のファイルはパソコンに読み込むためiPhoneの容量を使用しません。さらに、インストールに必要なiPhoneの容量もiTunesが自動で調節してくれるためiPhoneに空き容量が無くてもiOS 16にアップデートできます。

  • iTunesを起動したパソコンにiPhoneを接続すると「iPhoneソフトウェアの最新バージョンがあります。今すぐダウンロードしてiPhoneを更新しますか」と表示されるので「ダウンロードして更新」をクリックします。

  • 前述したメッセージが表示されない場合は、iTunesでスマホアイコン>概要>更新と選択します。

  • 「iPhoneはiOS 16ソフトウェアに更新されます。更新はAppleにより検証されます。」と表示されるので「更新」を押します。

まとめ

iPhoneからiOS 16にアップデートする場合、iPhoneにファイルをダウンロードするのに十分な空き容量がないとアップデートはできません。無料でiPhoneデータのバックアップをパソコンに作成できるTenorshare iCareFoneを使うと、効率的にiPhoneの空き容量を増やせます。わかりやすいアイコンが配置された見やすいインターフェイスが特徴の使いやすいツールです。

関連記事: 【iPhone・iPad】iOS 16をアップデートする前後にすべきこと

iOSとPC/Macの間で自由にデータを整理・転送
  • 無料かつ迅速でiOSデータをPC/Macにバックアップ可能
  • バックアップデータをプレビューし、必要なデータを選択的に復元可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先を無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能・iPhone画面をPCと自由に共有