iPhoneデータ管理

iPhoneのバックアップから復元できない原因と対処法

新しいiPhoneへの機種変更時などは、とても気分が上がります。けれども、忘れずに行わなければいけない作業が1つあります。ええ、バックアップからのデータ復元作業でしょう。もし、iPhoneのバックアップからデータを復元できず引き継げなかったらとても不便です。この記事では、iPhoneのバックアップから復元できない原因と対処法についてご紹介します。

iPhoneがバックアップから復元できない主な原因

まずは、iPhoneがバックアップから復元できない主な原因についてです。

  • 原因1:iPhone本体の容量不足

  • 原因2:Apple IDを間違う

  • 原因3:iPhoneシステムが古い

  • 原因4:iTunesのパッションが最新のパーションではない

  • 原因5:機能「iPhoneを探す」がオンになっている

  • 原因6:モバイルデータ通信でインターネットを接続する

  • 原因7:iPhoneのケーブルは互換性がない

原因1:iPhone本体の容量不足

iPhoneのバックアップが復元できないなら、まずは容量不足を疑ってみましょう。容量が足りない時は、不要なデータを整理します。

  • 設定を押します

  • 一般を選択します

  • 一般を開く
  • iPhoneストレージをタップします

  • 容量を確認できます

  • iphone容量を確認

原因2:Apple IDを間違う

次は、Apple IDを間違っていないか確認しましょう。違うApple IDを使うと、全く予想しないデータがiPhoneに復元されることになります。復元前に必ず、正しいApple IDを使用しているか忘れずにチェックしましょう。

原因3:iPhoneシステムが古い

以前使っていた機種よりも新しい機種のシステムが古いケースの場合、iPhoneのバックアップが復元できないとiTunesを使って復元しようとする際にエラーとして表示されます。両方のiPhoneシステムを同じにすれば、解決できます。

原因4:iTunesのバージョンが最新のバージョンではない

iTunesを使用する必要があります。iPhoneバックアップが復元できない時は、iTunesのバージョンを確認してみましょう。

原因5:機能「iPhoneを探す」がオンになっている

iPhoneのデータをバックアップから復元する時は、「iPhoneを探す」機能をオフにする必要があります。この機能はiPhoneの操作だけで、簡単にオフにできるので復元する直前に設定がオフになっているか確認しましょう。

原因6:モバイルデータ通信でインターネットを接続する

iTunesを使用する必要があります。iPhoneバックアップが復元できない時は、iTunesのバージョンを確認してみましょう。

原因7:iPhoneのケーブルは互換性がない

パソコンのポートと互換性のないケーブルを使用していませんか。互換性のないケーブルの使用は、バックアップが復元できない原因となります。iPhoneの純正USBケーブルを使用して、復元作業をしてみてください。

iPhoneのバックアップから復元できないときの対処法

iPhoneのバックアップから復元できないときの対処法を7つ説明していきます。

1.デバイスまたはPCを再起動する

デバイスまたはPCを再起動してみましょう。

  • 電源ボタンと片方の音量ボタンを長押しします

  • オフスライダが表示されたらスライドします

  • 電源ボタンを長押しして電源を入れます

2.iPhoneとiTunesを最新パーションにアップデートする

iPhoneとiTunesを最新パーションにアップデートしていきましょう。

iPhoneの操作手順

  • 設定を押します

  • 一般をタップします

  • ソフトウェア・アップデートを選択します

  • iosを更新

iTunesの操作手順

  • iTunesを開き、メニューのヘルプ➡更新プログラムを確認とクリックします。

  • iTunesをダウンロードを押します。

  • itunesを更新

3.別のWi-Fiを接続してデータを復元する

繋げているWi-Fiの通信状況が遅いまたは不安定でiPhoneバックアップから復元できない場合は、別のWi-Fiに接続してデータ復元を試してみましょう。その際、通信が安定しているWi-Fiを選びます。

4.公式iPhoneケーブルに切り替える

パソコンを使ってiPhoneのデータをバックアップから復元する場合は、公式のiPhoneケーブルを使うことをオススメします。違うケーブルを使ってみたら、互換性が無かったというケースもあるためです。

5.「iPhoneを探す」がオフにする

お使いのiPhoneの「iPhoneを探す」設定がオフになっているか確認しましょう。iPhone操作だけで設定をオフにできるので、とても簡単です。

  • 設定➡Apple IDとタップします。

  • 設定を開く
  • 探すを選択して、設定をオフにします。

  • 設定をオフ

6.公式「Apple サポート」にお問い合わせる

「Apple サポート」に問い合わせてみましょう。 電話番号は、0120-277-535です。担当部署により異なるようですが、基本は年中無休で対応時間は朝9時から夜9時までとなっているようです。「Apple サポート」アプリを使って問い合わせも可能です。

7.「UltData-iOS」でiPhone バックアップから復元する

上記の方法が面倒くさくて操作が難しいと感じた場合は、iPhoneのデータ復元ソフト「Tenorshare UltData-iOS」を使うとよいでしょう。UltDataは機能が充実しており、使い勝手も良い。簡単な手順でiPhoneのデータを復元できます。

それでは「UltData-iOS」の操作方法を説明していきます。

  • パソコンで「UltData-iOS」を開きます

  • iosデバイスから復元
  • 復元したいデータを選択し、スキャンをクリックします

  • スキャンして
  • データを選択後、復元を押します

  • 写真を復元

まとめ

iPhoneのバックアップから復元できない原因は色々とあり、それに伴って対処法も変わってきます。iPhoneのデータ復元ソフト「UltData-iOS」を使用するだけで原因の多くを取り除けるので、スムーズに復元作業を完了させられます。また、iPhone本体のみならずiTunesやiCloudのバックアップからの復元にも対応しているので、自分が復元したいデータを選んで復元できるのも「UltData-iOS」の魅力でしょう。

関連記事: iPhoneバックアップから復元する方法

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-01-08 / カテゴリ  iPhoneデータ復元

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 1.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください