iPhone特定のアプリだけ復元する方法

みなさんは普段iPhoneのバックアップはどのように管理していますか?水没や故障などの事故によってiPhoneのデータ全体のバックアップが必要になることもありますが、中には一つのアプリだけを間違えて消してしまったなんてこともあります。この場合はiPhoneのデータ全体を復元する必要はなく、一つのアプリデータのみを復元すれば解決します。今回はその方法についてご紹介します。

特定のアプリのデータをバックアップ

まずは特定のアプリのデータをパソコンにバックアップします。今回はTenorshare iCareFoneというソフトウェアを使った方法をご紹介します。このソフトウェアはiPhoneのデータ管理や転送に便利なソフトウェアで初心者の方でも簡単に利用できるようにデザインされているためおすすめです。

  • ステップ1. パソコンにiCareFoneをインストールし、起動してiPhoneとパソコンをケーブルで接続します。 LINEをバックアップ
  • ステップ2. メニューバーのバックアップ&復元から「LINEバックアップ&復元」→「LINEをバックアップ」をクリックし、バックアップを作成します。 LINEをバックアップ
  • ステップ3.他のアプリのデータをバックアップしたい場合は、デバイスバックアップ&復元またはWhatsAPPバックアップ&復元からバックアップすることができます。

特定のアプリのデータをiPhoneに復元

続いてバックアップしたアプリデータをiPhoneに復元する方法ですが、こちらもシンプルな操作となっているので初心者の方にも行えるようになっています。

  • ステップ1. 「バックアップ&復元」をクリックし、先ほどバックアップしたデータを選択します。

    iPhone バックアップ復元
  • ステップ2. Appデータ欄の上から三つの項目にチェックを入れ、「デバイスに復元」をクリックすることができます。

    データ プレビュー表示

iTunesバックアップから特定のアプリだけ復元

また、普段iTunesでバックアップを取っている場合もそのバックアップデータから復元することも可能です。バックアップの保存方法はiTunesに統一しておきたいという方でもiCareFoneを使って手軽に復元が行えます。

  • ステップ1. 「バックアップ&復元」をクリックし、バックアップしたデータを選択します。iCareFoneはパソコンのiTunesでバックアップしたファイルを読み込めるので、このリストで表示されます。復元したいiTunesバックアップを選択します。

    バックアップしたデータ
  • ステップ2.iTunesバックアップ中のデータを展開して、復元したいアプリにチェックを入れて復元をクリックします。

    ReiBootのホーム画面

普段iTunesのバックアップを復元する時、一つだけのアプリのデータを復元するのができません。しかしこの方法では、iTunesのバックアップから復元したいアプリのデータだけを復元することが可能になります。

まとめ

今回はiPhoneの特定のアプリデータのみをバックアップし、復元する方法についてご紹介してきました。iPhoneのデータを全てバックアップするのは時間もかかるため手間がかかりますが、特定のアプリのみならすぐにバックアップおよび復元を行えるので簡単に完了できます。特定のアプリのデータを復元する場合は今回紹介したiCareFoneがおすすめです。iCareFoneでは他にも端末間のデータの移行や写真、音楽の管理なども行えるのでぜひチェックしてみてください。

  最終更新日 2020-04-17 / カテゴリ  iPhoneデータ復元

(クリックしてこの記事へコメント)

(6 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください