iPhoneデータ復元・活用術

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【パソコン不要】iPhoneバックアップをパソコンなしで簡単にやる方法

iPhoneのバックアップは、大切なデータを守るために欠かせません。でも、パソコンを使ってバックアップするのは面倒…と感じていませんか?実は、iPhoneだけでも 簡単にバックアップを取る方法があります。

この記事では、iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法を、3つご紹介しています。パソコンなしで手軽にスマホをバックアップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

Part1.パソコンなしで、iPhoneをバックアップする方法

それでは、パソコンなしで簡単にiPhoneをバックアップする方法を、3つご紹介します。バックアップ方法によりメリット・デメリットがあるため、ご自身にとって最適な方法を選んでみてください。

方法1:iCloudを介してiPhoneをバックアップする【5GB無料容量】

iCloudはAppleが提供するクラウドサービスです。iPhoneからiCloudにデータを保存することで、パソコンなしで、インターネット上にデータをバックアップできます。この方法の主なメリットは、以下の通りです。

  • インターネットがあれば、どこからでもデータにアクセス可能
  • Apple IDでログインできれば、どのデバイスからアクセスできる
  • 自動バックアップを設定できる

ただし、 iCloudは 5GBの無料ストレージ容量しか提供していません。データの容量が大きい場合は、ストレージの追加購入が必要になる可能性があるので注意しましょう。

  • Step1: 設定アプリを開き、「画面上部の名前(Apple ID)」> 「iCloud」をタップします。

  • Step2: 「iCloud」>「iCloudバックアップ」>「今すぐバックアップを作成」の順番にタップします。

  • iCloudでiPhoneのデータをバックアップ

方法2:Googleドライブを介してiPhoneをバックアップする【容量制限】

GoogleドライブはGoogleが提供するクラウドサービスです。 iPhoneから Googleドライブにデータを保存することで、特定のデータ(連絡先、写真・動画、カレンダー)をパソコンなしでバックアップできます。この方法の主なメリットは、以下の通りです。

  • 無料で15GBのストレージが利用できる
  • インターネットがあれば、どこからでもデータにアクセスできる
  • Googleアカウントでログインできれば、どのデバイスからもアクセスできる

ただし、 Googleドライブでは、連絡先、写真・動画、カレンダーのみバックアップできます。また、無料で利用できる容量は15GBまでで。データの容量が大きい場合は、ストレージの追加購入が必要になる可能性があるので注意しましょう。

  • Step1: App Storeから「Googleドライブ」アプリをインストールします。

  • GoogleドライブでiPhoneのデータをバックアップ
  • Step2: アプリを開き、Googleアカウントでログインします。

  • Step3: 画面左上の「三」>「設定」>「バックアップ」をタップします。

  • GoogleドライブでiPhoneのデータをバックアップ
  • Step4: バックアップしたいデータ(連絡先、写真・動画、カレンダー)を選択し、「今すぐバックアップ」をタップします。

方法3:USBメモリを利用して、パソコンなしでiPhoneをバックアップする

USBを利用して、パソコンなしで iPhoneのデータをバックアップすることもできます。iPhoneとUSBメモリを繋ぐ、専用ケーブルを準備する必要がありますが、有線で直接繋ぐことができるため、パソコンなしですばやく確実にバックアップできます。 この方法の主なメリットは、以下の通りです。

  • インターネット接続が不要なため、場所を選ばず素早くバックアップできる
  • iPhoneのバックアップを外付けUSBに保存するため、クラウド上のデータ漏洩のリスクがない

ただし、外付けのUSBを利用する以上、故障や紛失などで、iPhoneのバックアップを紛失するリスクがあるため、管理は十分注意してくださいね。

  • Step1: USBとiPhoneをケーブルで接続します。

  • Step2: バックアップしたいデータを開き、「共有」ボタンをタップします。

  • Step3: 「ファイルに保存」をタップ>保存先のUSBを選択>「保存」をタップします。

  • USBメモリでiPhoneのデータをバックアップ

Part2.やはりパソコンで安心!iPhoneを無料でパソコンにバックアップする

パソコンなしで、スマホだけでバックアップすることはできますが、クラウドストレージを利用する場合は、容量制限やアップロードに時間がかかるなど、不便な点もあります。外付けUSBを利用したバックアップに関しても、紛失によるデータ漏洩が多く発生しています。パソコンを利用したバックアップであれば、容量制限なしでiPhoneのデータを安全にバックアップできます。また、インターネットを介さないためセキュリティリスクも低くなります。

Tenorshare iCareFoneは、iPhone専用のデータ管理ソフトです。iPhoneのバックアップにも対応しており、iPhoneの全てのデータを、無料でパソコンにバックアップできます。 インターネット接続なして利用できるため、容量や料金の制限なくバックアップができる点も特徴です。一括バックアップだけでなく、必要なデータを選択してバックアップすることもできるため、場面に応じた柔軟なバックアップができる便利なソフトです。

  • iOSデバイスをPC/Macに接続

    iCareFoneをインストールして起動し、お使いのiPhone・iPod・iPadをアップル付属のUSBケーブルでPC/Macに接続します。

    デバイス 接続
  • バックアップしたいファイルを選択

    対応可能ファイル一覧表から、バックアップした項目を選択し、「バックアップ」ボタンをクリックします。

    バックアップしたいファイルを選択

    バックアップの作成にかかる時間は、バックアップ対象データの容量とネットワークの速度によって異なりますので、十分に時間があるときに行ってください。

    バックアップ中
  • データのバックアップが完了

    しばらくすると、iOSデバイスのデータがパソコンにバックアップされます。

    バックアップ 完了

Part3.iPhoneをパソコンなしでバックアップする際の注意点

1.インターネットの接続状況を確保する

iPhoneのバックアップをパソコンなしでする際は、安定したインターネット接続を確保しましょう。データの転送中に接続が途切れると、バックアップが正常に完了しない可能性があります。

2.最新のバージョンにアップデートする

バックアップ前は、iPhoneのOSを最新バージョンにアップデートしましょう。最新バージョンにアップデートすることで、セキュリティの問題やバグが修正され、バックアップの安全性が向上します。

まとめ

以上、iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法をご紹介しました。

バックアップ方法により特徴が異なるため、ご自身にとって最適な方法を選んでみてください。また、iPhoneのデータを無料でパソコンにバックアップする方法として、Tenorshare iCareFoneのソフトをご紹介しました。容量制限なしで大切なデータを安全にバックアップできる、おすすめのソフトです。

関連記事: 【データ損失なく】iOS 18ベータ版をダウングレードする方法

iOSとPC/Macの間で自由にデータを整理・転送
  • 無料かつ迅速でiOSデータをPC/Macにバックアップ可能
  • バックアップデータをプレビューし、必要なデータを選択的に復元可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先を無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能・iPhone画面をPCと自由に共有