LINEの便利ワザ

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iPhone・iPadにLINEがインストールできない(ダウンロードできない)時の原因と対処方法

iPhone/iPadの機種変更時にLINEのインストールができない、または遅い・進まない場合、多くのケースでは原因に対する適切な対処をすることで問題を解決できます。この記事では、そのような場合の原因と対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1、iPhoneでLINEアプリがインストールできない原因

まず、iPhone/iPadでLINEをインストールできない場合に、考えられる原因をご説明します。

  • 原因1、Wi-Fiの通信環境が悪い
  • 原因2、iPhoneストレージの空き容量が足りない
  • 原因3、App StoreでApple IDを登録していない
  • 原因4、iPhoneでアプリのインストールが許可されていない
  • 原因5、LINEアプリ自体に何らかの不具合が生じている
  • 原因6、iOSアップデートによるシステム不具合が発生している

2、iPhoneでLINEがインストールできない・進まない場合の解決策

それでは、iPhone/iPadでLINEがインストールできない、または進まない場合の解決策をご紹介します。

対策1、より安定したWi-Fiネットワークを選択する

Wi-Fiルーターから離れた場所にいるなど、通信環境が不安定な場合には、LINEのインストールが途中で止まってしまったり、時間がかかったりする場合があります。

通信環境が原因の場合には、より安定したWi-Fiネットワークに切り替えましょう。不特定多数の人が利用する公衆Wi-Fiは、通信速度が遅くなる可能性があるため、できる限り個人のWi-Fiを利用すると良いでしょう。

対策2、スクリーンタイムでLINEアプリの制限を解除する

アプリやWebサイトの利用時間・利用機能を制限するスクリーンタイム機能で、アプリのインストールを許可しない設定になっている場合には、LINEを含めて全てのアプリをインストールできません。スクリーンタイムでアプリのインストール制限がかかっている場合には、解除しましょう。

  • iPhoneまたはiPadの「設定」アプリを開いて、「スクリーンタイム」を選びます。
  • 「コンテンツとプライバシーの制限」を選択して、「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタブします。
  • 「インストール」の項目を「許可」に切り替えます。

    LINEアプリの制限を解除

対策3、iPhoneストレージの空き容量を確認する

iPhone/iPadにアプリをインストールするには、iPhone/iPadのストレージにその分の空き容量が必要です。空き容量が不足している場合には、LINEを含めてその他のアプリもインストールできません。iPhone/iPadのストレージの空き容量が不足していないか確認してみましょう。

  • Step1: 「設定」アプリを開いて、「一般」を選択します。

  • Step2: 「iPhone(iPad)ストレージ」の順にタップすると、写真やアプリなどの項目ごとに、使用中の容量を確認できます。

    iPhoneストレージ容量を確認

対策4、iPhoneストレージから不要なアプリを削除する

iPhone/iPadのストレージが不足している場合には、不要なアプリを削除して空き容量を確保しましょう。手作業で個別に削除することもできますが、「iPhone(iPad)ストレージ」のページで「非使用のAppを取り除く」をタップすると、使用していないアプリを自動で取り除くことが可能です。

iPhone ストレージ 削除

対策5、iPhoneのiOSバージョンを最新版にアップデートする

最新のiOSバージョンにアップデートした後、何らかのエラーでLINEのインストールがうまくいかない原因になり得ます。また、古いiOSを利用していると、LINEのインストールに失敗することがあります。iOSバージョンのアップデートにより、LINEアプリをインストールできない場合には、次の最新版のiOSにアップデートしましょう。

  • Step1: 「設定」アプリを開いて、「一般」を選択します。

  • Step2: 「ソフトウェアアップデート」をタブし、最新バージョンiOS16.1.1の更新内容を確認して、「ダウンロードしてインストール」の順にタップします。

  • Step3: iPhone/iPadのパスコードを入力するとソフトウェアのダウンロードが始まります。

  • Step4: ダウンロード後、「今すぐインストール」をタップしましょう。

    iOSバージョンを最新版にアップデート

対策6、しばらく放置して、再インストールする

LINEアプリやiOSの一時的な不具合が原因の場合には、しばらく時間を置いてから再度インストールしてみるとうまくいくことがありますので、試してみましょう。

対策7、AppleとLINEの修復を待つ

LINEアプリ自体に何らかの不具合が発生している可能性もあります。例えば、新しく公開されたバージョンにバグがあるということも考えられます。AppleやLINEの公式サイトなどで、アプリやiOSにバグが発生していることが告知されている可能性もあります。修復状況などの情報を入手して、修復完了後に再度LINEをインストールしてください。

重要:LINEをアンインストールする前に、LINEデータをバックアップする

LINEのアンインストールや、iPhone/iPadの機種変更時には、LINEデータのバックアップを事前に取っておきましょう。バックアップを取っておくことで、万が一のトラブルの際にデータの紛失を防げる他、直近14日以前のトーク履歴も後から新しい端末に復元できます。

なお、専門なLINEバックアップツールのiCareFone for LINEを利用すると、LINEのトーク履歴を無料でバックアップできます。それに、LINEデータの中身をプレビューしながら必要なデータのみを選択してバックアップを復元することが可能で、LINEデータの整理にも役立つため、おすすめです。iCareFone for LINEでLINEデータをバックアップする手順は下記の通りです。

  • Step1: PCでiCareFone for LINEを起動して、USBケーブルでiPhone/iPadを接続します。

  • Step2: 「バックアップ」機能を選択して、「今すぐバックアップ」をクリックすると、LINEデータのバックアップが始まります。

    今すぐLINE バックアップ

LINEがインストールできない問題についての質問

LINEがインストールできない問題に関してよくある質問をご紹介します。

質問1、iPhoneにLINEをインストールする方法は?

Apple IDでApp Storeにサインインして、LINEアプリを検索します。LINEアプリが見つかったら、「入手」>ダウンロードアイコンの順にタップするとインストールできます。

質問2、iPhoneにLINEを再インストールする方法は?

まず、iPhoneのホーム画面でLINEのアイコンを長押しして、「Appを削除」をタップします。アプリの削除後、App Storeにサインインして、LINEアプリを検索し、ダウンロードアイコンをタップすると、再インストールできます。

質問3、iPhoneのストレージが不足するとどうなる?

iPhoneのストレージが不足すると、LINEやその他のアプリのインストールができなくなります。不要なアプリを削除したり、写真などのデータをiCloudに移行したりして、空き容量を確保しましょう。

まとめ

iPhone/iPadにLINEをインストールできない問題は、原因に応じた適切な対処を取ることで解決できることが多いため、お困りの際は、この記事を参考に対応してみてください。なお、LINEをアンインストールしたり、端末の機種変更をしたりする場合には、専門ツールのiCareFone for LINEを利用して、LINEデータのバックアップを取っておくことをおすすめします。iCareFone for LINEは、誰でも簡単に利用できるシンプルな操作性が特徴で、トーク履歴の他、連絡先や添付ファイルなどを含むLINEデータを短時間で効率的にバックアップできますので、ぜひお試しください。

関連記事: LINEが「読み込み中」のまま動かない場合の解決策

異なるOSの間で自由にLINE データを移行
  • 無料でLINEデータをPCにバックアップして、バックアップファイルをプレビュー可能
  • AndroidとiOSの間、iOS同士の間、Android同士の間で簡単にLINEトークを転送
  • LINEデータをパソコンに保存して、ストレージの容量を解放
  • LINEのトーク履歴、LINE写真、LINEスタンプなどのデータをバックアップから選択して、iPhoneに復元
  • 最新のiOS 18ベータとiPhone15及びほとんどのAndroidに適用