LINEの便利ワザ

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

「LINEにアクセスできません」とエラーが表示された原因と対処法

「LINEにアクセスできません」のエラーでLINEが使えず、困った経験はありませんか?

LINEは日常生活や仕事に欠かせないツールなので、急にアクセスできなくなると非常に不便ですよね。本記事では、「LINEにアクセスできません」エラーの原因と対処法を、分かりやすく解説しています。適切な対応ですぐ解決できる場合もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

Part1.ラインが繋がらない原因は?

LINEアプリで「LINEにアクセスできません」「ラインサーバーに接続できません」のエラーが表示される原因として、以下が考えられます。該当するものがないか、一つずつ確認してみてください。

原因1:ネットワーク接続の問題

Wi-Fiやモバイルデータなどのインターネット接続が不安定だと、LINEサーバーとの通信が中断されたり、遅延が生じたりと、ネットワークのエラーが発生しやすくなります。

原因2:OS/LINEアプリのバージョンが古い

OSやLINEのバージョンが古いと、不具合や互換性の問題が影響して、LINEが繋がらない問題が発生することがあります。

原因3:キャッシュが溜まりすぎている

キャッシュが溜まりすぎると端末のストレージを圧迫し、動作が遅くなったり、ラインが繋がらない問題が生じたりする可能性があります。

原因4:通話の着信許可/マイクへのアクセス権限がオフになっている

着信許可やマイクへのアクセス権限がオフになっていると、LINE通話やボイス機能が利用できず、エラーが発生する可能性があります。これらの機能を利用する場合は、アプリへの適切な権限設定が必要です。

原因5:デバイスのストレージ不足

LINEアプリでは、メッセージや画像、動画などのデータを一時的に端末に保存します。デバイスのストレージが不足していると、これらのデータを処理できずエラーになることがあります。

Part2.「ラインサーバーに接続できません」エラーと出た場合の対処法

LINEアプリで「LINEにアクセスできません」「ラインサーバーに接続できません」のエラーが表示された場合、以下の方法で対処することができます。

方法1:通信環境を改善する

Wi-Fiを使用している場合は、必要に応じてルーターの再起動をしてみましょう。

モバイルデータを使用している場合は、機内モードをオン/オフにして接続をリセットすると、LINEが繋がらない問題が解消するかもしれません。

機内モードをオン/オフにする

方法2:OS/LINEアプリを最新バージョンにアップデートする

端末のOSやLINEのバージョンが古い場合は、最新版にアップデートすると、アプリの動作やパフォーマンスが改善され、ラインが繋がらない問題が解消することがあります。

方法3:LINEアプリのキャッシュを削除する

キャッシュの削除により、 LINEの動作が軽くなりネットワークエラーが解消することがあります。キャッシュの削除で、トーク履歴や友だちが消えることはないので安心してください。

1. ホームの「設定」>「トーク」>「データの削除」をタップします。

LINEアプリのキャッシュを削除する

2. キャッシュ 横の「削除」をタップします。

LINEアプリのキャッシュを削除する

方法4:通話の着信許可/マイクへのアクセス権限をオンにする

LINEの通話をする際に「LINEにアクセスできません」などのエラーが起きる場合は、通話の着信許可やマイクのアクセス権限を確認しましょう。適切な権限設定で、エラーか解消する可能性があります。

◎通話の着信許可:LINEの設定アイコン>「通話」>「通話の着信許可」をオンにします。

通話の着信許可権限をオンにする

◎マイクの権限許可:iPhoneの設定で「LINE」をタップ>「マイク」をオンにします。

マイクの着信許可権限をオンにする

方法5:デバイスのストレージを確認・確保する

利用している端末のストレージに、十分な空き容量があるかを確認しましょう。

空き容量が不足している場合は、不要なアプリやファイルを削除することにより、LINEが繋がらない問題が解消されることがあります。

iPhoneの設定で「一般」>iPhoneストレージをタップします。

デバイスのストレージを確認

方法6:LINEを再インストールする

LINEを再インストールすることで、不具合の解消や動作の軽快化に繋がり、「LINEにアクセスできません」エラーが解消することがあります。なお、LINEを再インストールする際は、必ず事前にバックアップを取るようにしましょう。

1. ホーム画面のLINEアイコンを長押し、「アプリを削除」をタップします。(LINEのアンインストール)

LINEのアンインストール

2. App Store で LINEを検索し、インストールします。(LINEの再インストール)

方法7:端末・LINEアプリを再起動する

端末とLINEアプリを再起動することで、一時的な問題が解消されることがあります。LINEアプリを終了させた後、端末を再起動し、再度LINEアプリを開いて接続を確認してください。

方法8:LINEのサポートセンターに問い合わせする

上記を試してもラインが繋がらない場合は、LINEのサポートセンターに問い合わせましょう。サポートセンターでは、より詳しいトラブルシューティングやサポートを受けられます。

LINEの設定アイコン>「ヘルプセンター」「お問い合わせ」をタップします。

LINEのサポートセンターに問い合わせする

追加:エラーが出ても、LINEデータを安全にバックアップ(保存)できる

LINEのネットワークエラーや不具合で、大切なLINEデータが消えてしまうケースも珍しくありません。そのため、万が一に備えて、LINEのバックアップを取っておくことをおすすめします。iCareFone for LINEはLINE専用のデータ管理ソフトです。LINEでエラーが発生していても、LINEのデータを安全にPCへバックアップして保存できます。

  • 【LINEトーク履歴を同OS・異OS間移行】AndroidとiOSの間でLINEトーク履歴を自由に移行できる。
  • 【LINEを無料・無制限にバックアップ&復元】バックアップファイルからiOS/AndroidへLINEトーク履歴を復元できる。
  • 14日以上のLINEトーク履歴を移行】異なるOS間で14日以上のLINEトーク履歴を移行できる。
  • PCやMacにiCareFone for LINEをインストールして起動し、「LINE」を選択します

  • AndroidとiPhoneをケーブルでパソコンに接続して、「バックアップ&復元」をクリックします。

    デバイス 接続
  • バックアップしたいファイルを選択

    対応可能ファイル一覧表から、バックアップした項目を選択し、「バックアップ」ボタンをクリックします。

    バックアップしたいファイルを選択

    バックアップの作成にかかる時間は、バックアップ対象データの容量とネットワークの速度によって異なりますので、十分に時間があるときに行ってください。

    バックアップ中
  • データのバックアップが完了

    しばらくすると、iOSデバイスのデータがパソコンにバックアップされます。

    バックアップ 完了

まとめ

以上、「LINEにアクセスできません」エラーの原因と対処法を解説しました。

LINEが繋がらない原因はさまざまなので、一つずつ要因を確認し、適切な対処方法を試してみてください。また、LINEデータをバックアップする方法として、iCareFone for LINEをご紹介しました。分かりやすい操作画面で、初心者でも確実にバックアップできるので、ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事: iPhone写真整理のコツを大公開!

異なるOSの間で自由にLINE データを移行
  • 無料でLINEデータをPCにバックアップして、バックアップファイルをプレビュー可能
  • AndroidとiOSの間、iOS同士の間、Android同士の間で簡単にLINEトークを転送
  • LINEデータをパソコンに保存して、ストレージの容量を解放
  • LINEのトーク履歴、LINE写真、LINEスタンプなどのデータをバックアップから選択して、iPhoneに復元
  • 最新のiOS 18ベータとiPhone15及びほとんどのAndroidに適用