LINEの便利ワザ

バックアップ なしでLINEのトークを復元する方法

LINEとiPhoneと言えば今や我々の生活には欠かせないものの組み合わせですが、みなさん機種変更の際はどのようにデータを移行していますか。機種変更したはいいものの、うまくバックアップ出来ていなかった、バックアップしたのにデータが消えてしまったなどとデータ移行にトラブルはつきものです。今回はLINEのバックアップがないという状況に陥ってしまった際の対処法をご紹介したいと思います。

Part 1: ラインとは

LINE(ライン)はLINE株式会社が提供するSNSサービスの名称で2011年から提供されています。スマートフォンやパソコンを使ってインターネット電話やテキストチャットが利用可能なソフトウェアとなっており、基本的な機能は無料で利用出来ます。現在では15以上の言語に対応しており、利用者は世界中で3億人を超えるとされています。

日本国内においては8,000万人の利用者数を誇り、今ではリモートコミュニケーションに欠かせない存在となっています。

ラインインストール

Part 2: LINEのトークを復元する理由

そんなLINEですが、機種変更をする際には当然トーク履歴などのデータの移行が必要になってきます。より詳しく説明すると以前使っていた機種でバックアップをとり、新しく使う予定の機種で復元を行う必要があるのですが、中には間違ってバックアップを消してしまった、バックアップをとるのを忘れてアプリを消してしまったというようなトラブルも存在します。

バックアップをしたはずなのにうまく復元出来ない時の原因としては、以前の端末と新しい端末のOSが異なっている、それぞれの端末で違うIDでログインしている、クラウドサービスがオンになっていないなどの原因が考えられます。バックアップをとるときにはしっかりと確認してから操作を行うようにしましょう。

Part3:バックアップ なしでLINEのトークを復元する方法

もし、万が一バックアップをとり忘れてアプリを消してしまったなどといった場合にはツールを使ってデータを修復することをおすすめします。今回紹介するのはTenorshare UltDataというツールで、消してしまったデータなども復元できる機能を備えているツールになります。

  • UltDataを起動し、「ソーシャルアプリデータをバックアップ&復元」を選択します。

    LINEデータをバックアップ&復元
  • 「LINE」を選択します。

    「LINE」をクリック
  • データを選択し、「復元」をクリックします。

    バックアップデータを復元

まとめ

LINEは仕事で使っている人も少なくないだけに、トーク履歴などのデータが消えてしまったら困る人も多いです。もし、間違って消してしまった際には慌てずにTenorshare UltDataを使ってデータを復元しましょう。UltdataはLINEに限らず、動画や写真、カレンダーなど様々なデータを復元することができるので持っておいて損はないツールとなっています。

安全・強力・iPhoneデータ復元・iOS 15まで対応
  • 初心者にも優しい、失われたデータを安全かつ選択的に復旧
  • iCloudバックアップファイルの抽出・復旧を業界最高水準で実現
  • 連絡先・写真・動画・LINEのメッセージなど、35種類以上のデータが復元・抽出

  最終更新日 2022-05-27 / カテゴリ  LINE

(クリックしてこの記事へコメント)

(32 票、平均: 4.6 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください