LINEの位置情報設定・位置情報変更

LINEには、その他の多くのアプリと同じように自分の現在地や位置情報を他の人と共有できる機能があります。地震などの緊急時の対応に役に立ったり、チャット中に友人との待ち合わせ場所をスムーズに伝えられたりと便利な機能です。ただ一方で、また多くの人がLINEで位置情報サービスを利用するのが不安に思っていると予想します。そこで今回は、LINEにまつわる位置情報利用について詳しくご説明します。

LINEで位置情報を使われるシーン

LINEで位置情報が利用されるのはどのような機能なのか想像はつきます。一般的に以下のような場面で使われます。

  • LINEチャットで自分の位置を共有できます。

  • 位置情報に基づく広告の配信や表示などに役立ちます。

  • 大地震などの自然災害時の緊急速報などを受け取ることも可能です。

  • LINE Beaconで近くのお店からクーポンなどを受信できます。

しかしながら、常に右のような位置情報サービスを利用していると、自分のプライバシーがしっかり守られているのか気になることもあるでしょう。

LINEの位置情報を設定・変更する方法

LINEで位置情報を利用したくない人はどのように対処すればいいのでしょうか。LINE上で位置情報サービスをオフにすることができるのでしょうか。いくつかやり方があるので、順にお伝えしていきます。

LINEで位置情報機能を設定する

LINEのホームページを開き、右上の設定をタップして、「プライバシー管理」から「情報の提供」に進み、「位置情報の取得を許可」のところでLINEの位置情報機能を設定できます。「位置情報の取得を許可」がオンになっていれば、位置情報がバレてしまう恐れがありますが、これでオフにすることができます。

LINEで位置情報の取得を許可をオフ

スマホ自体でLINEの位置情報の使用をオフにする

LINEのアプリ上で位置情報サービスをオフにするやり方を説明しましたが、その他の方法として、お持ちのスマホ自体でLINEの位置情報の使用をオフにする方法があります。ここではAndroidとiPhoneの2機種の設定方法を紹介します。

AndroidでLINEの位置情報機能の使用をオフにする方法

Androidの場合は、端末の「設定」から位置情報をタップし、「位置情報の使用」のスイッチをオフにすると、LINEを含んですべてのアプリで位置情報が使用できなくなります。また、LINEにだけ位置情報を共有したくない場合には、「位置情報」でアプリの一覧からLINEを「許可しない」にチェックを入れましょう。

AndroidでLINEの位置情報機能の使用をオフ

iPhoneでLINEの位置情報機能の使用をオフにする方法

iPhoneの場合は設定のプライバシーから位置情報サービスを開き「位置情報サービス」のスイッチをオフにします。そして、「確認メッセージ」でもオフを選択すると、すべてのアプリで位置情報サービスが利用できなくなります。また、Androidの場合と同じように、アプリからLINEを選択し、「なし」を選択すれば、LINEだけ位置情報をオフにすることも可能です。

iPhoneでLINEの位置情報サービスの使用をオフ

位置偽装ソフトTenorshare iAnyGoでLINEの位置情報を勝手に変更する

最後に、位置偽装アプリやソフト・ツールを使って、相手に気づかれずに居場所の位置情報を変更する裏技をお伝えします。特にiAnyGoという位置偽装専門ソフトが簡単な操作でどこへでもiPhoneの位置情報を変更できます。最新のiOS 14とiPhone 12/12 mini/12 Pro /12 Pro Maxもサポートしています。さらにすごいのは、全てのアプリでiPhoneの位置情報変更が可能なことです。もちろんラインも含まれています。

  • 1.コンピューターでTenorhare iAnyGoをインストールして起動して、お使いのデバイスをパソコンに接続します。

      ianygoで位置情報モードを変更する
  • 2.検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックして、位置情報はすぐに変更されます。

    ianygoの場所を選択

また、iAnyGoは位置変更する機能以外に、位置情報ゲームに役立つ2点間移動や、マルチスポット移動機能もあります。

  • ★「シングルスポット移動モード」を使うことで、2地点間のルートに沿ったGPSの動きをシミュレートすることができます。指定された速度で移動し、経過記録も残ります。

  • ★「マルチスポット移動モード」を選択することで、複数スポットを持つルートに沿ってGPSの動きをシミュレートします。地図上で複数の場所を選択すると指定された速さで移動していきます。

  • ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

LINEで嘘の位置情報を変更時の注意点

最近は、位置情報の偽装と呼ばれる行為が問題になっています。この偽装を悪用し、ゲームアプリ等で不正行為を行ったり、より悪質になると相手を騙すなどの問題がおきます。このような行為はほとんどのアプリでは禁止行為とみなされます。万が一、LINEの位置情報の偽造をした事実が発覚した場合は、アカウントの削除・停止、メール制限などの処罰が科されます。したがって、興味本位でそのような「チート行為」を行ったり位置情報を偽装したりするのはやめましょう。

まとめ

LINEは日本中で大変人気のあるアプリです。最近では世界的にも有名になってきました。自分のプライバシーを守るためにもLINEではどのように位置情報が設定されているのか、そして、どのようして位置情報サービスをオフにできるのか、ということを知っていることが重要です。Tenorshare iAnyGoなどの位置偽装ソフトは非常に便利なですが、使用する場合は、しっかりルールを守ったうえで利用しましょう。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください