GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

移動せずにポケモンGOの位置情報をチートする最新のやり方

Part1:ポケモンGOの位置情報をチートするアプリ4選【iPhone・iPad向け】

まず、iPhone/iPadでポケモンGOの位置情報を偽装できるアプリを4つご紹介します。

アプリ1:3ステップでポケモンGOをチートする【iAnyGo-脱獄不要】

まずご紹介するのが、3ステップでポケモンGOの位置情報をチートできるiAnyGoです。iAnyGoを起動したPCにiPhone/iPadを接続して、マップ上に任意の場所を入力するだけで簡単に位置情報を変更できます。最新バッジョではiOS 17.2に対応し、ケーブル不要でWi-Fiだけで位置情報を変更/移動することがより簡単に。また、システムの制限を非正規の方法で解除する「脱獄」が不要なため、セキュリティ面の心配がなく、安心して利用できます。機能については、現在地の変更だけではなく、複数の場所を経由する複雑な移動を偽装できる他、移動スピードを選択したり、画面上のジョイステックをコントロールすることで、移動の方向を自由に調整したりすることも可能です。

iAnyGoでできること

  • 【位置情報の変更】モード:ワンクリックでiPhoneのGPS情報を変更する
  • 【シングルスポット移動】モード:任意の2点間の移動のシミュレーションができる
  • 【マルチスポット移動】モード:複数の移動手段(速度)を組み合わせることが可能な他、往復回数も指定できる
  • 【ジョイスティックの移動】モード:好きな方向にドラッグすると、設定した速度でその方向に動き始める
  • 対応可能なアプリの種類:位置情報ゲームアプリ、位置情報共有アプリ、マッチングアプリ、位置情報共有のSNS系アプリ
  • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

    ianygoで位置情報を変更する
  • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

    ianygoで位置情報 変更開始

関連記事: 【安全・簡単】Tenorshare iAnyGoの使い方と評判・レビューを徹底的にご紹介

関連動画はこちらにチェックしてください!

YouTube Video

アプリ2:iSpooferを利用してポケモンGOの位置情報を偽装する

次にご紹介するのが、位置情報の偽装機能に加えて、ポケモンGOのプレイに便利なさまざまな機能を備えるiSpooferです。

  • メリット:位置情報の偽装機能としては、画面上のジョイスティックを利用して自由な方向に移動できる機能や自動歩行機能、ポケモンの位置座標リストから好きな座標を選択して移動できる機能、移動したいポイントをマップ上でロングタップすることで移動できるテレポート機能などがあります。

  • デメリット:ただし、自動歩行機能などを長時間利用していると、位置情報の偽装がバレてアカウントの停止処分が下される可能性が高い他、対応言語が日本語のみである点がデメリットであると言えます。

  • iSpoofer ポケモンGOの位置情報を偽装

関連記事: ポケモンgoで位置偽装・チートする裏ワザ【iSpoofer for pogoの使い方】

アプリ3:PokeGo++でポケモンGOのGPS情報をずらす

ポケモンGOの位置情報のチートアプリとして知名度が高いiOSアプリの一つに、PokeGo++が挙げられます。

  • メリット:ポケモンGOの現在地を簡単に偽装できる他、実際には移動せずにポケモンGO上を自動で動き回ることが可能です。また、位置偽装機能に加えて、ポケモンGOを効率的に進めるための機能も搭載されています。

  • デメリット:ただし、PokeGo++も日本語に対応していない他、現在はAppStoreでインストールすることができず、インストールや設定作業に手間がかかります。

  • PokeGo++ ポケモンGOのGPS情報をずらす

【PokeGo++のインストール方法①】

  • Step1:iPhone/iPadでBuildStoreを設定し、BuildStoreからPokeGo++をインストールします。(すでにポケモンGOをインストールしている場合には、事前にアンインストールしてください。)

  • Step2:ただし、PokeGo++も日本語に対応していない他、現在はAppStoreでインストールすることができず、インストールや設定作業に手間がかかります。

  • Step3:ポケモンGOのマップ画面から「設定」>「偽装」タブの順にタップして、位置情報を有効にします。

【PokeGo++のインストール方法②】

  • Step1:PCでCydia ImpactorとPokeGo++のIPAファイルをダウンロードします。 (すでにポケモンGOをインストールしている場合には、事前にアンインストールしてください。)

  • Step2:Cydia Impactorを起動したPCにiPhone/iPadを接続して、Cydia ImpactorにPokeGo++のIPAファイルをドラッグ&ドロップします。

  • Step3:Apple IDのメールアドレスとパスワードを入力して「OK」をクリックします。iPhone/iPadの「設定」アプリを開いて、「一般」>「VPNとデバイス管理」の順にタップし、デバイスがアプリを読み込むことを許可します。

関連記事: 【PokeGO++の使い方】ポケモンGOの位置偽装アプリをご紹介

アプリ4:iPokeGOでポケモンGOの位置を偽装する

  • メリット:iPokeGoも、ポケモンGOの位置情報を簡単な操作で自由自在に変更することが可能なアプリです。

  • デメリット:ワンランク上のポケモンを捕まえるための豊富な機能が搭載されていますが、多くの機能が有料で、日本語には非対応です。また、iOSデバイスの脱獄が必要なため、セキュリティ面の心配が残る他、利用開始までに必要な設定作業も煩雑です。

  • iPokeGO ポケモンGOの位置を偽装

関連記事: 【解決済み】 iPogoが動かなく使えない問題の解決方法

アプリ5:Xcode for MacでポケモンGOの位置を偽装する

  • メリット:お金をかけずにXcodeの「Simulate Location」メニューを使用して、MacでiPhone/iPadのシミュレートされた位置情報を設定することができます。

  • デメリット:Macが持ちないと使いません。また利用開始までに必要な設定作業も煩雑です。

  • Xcode for Mac 位置 偽装

Part2:ポケモンGOの位置情報をチートするアプリ2選【Android向け】

続いて、ポケモンGOの位置情報をチートするAndroid向けのアプリをご紹介します。

アプリ1:Fake GPS locationでポケモンGOの位置情報を変える

  • メリット:Android向けにまずご紹介するのが、位置情報変更アプリのFake GPS locationです。Fake GPS locationは、Google Playから直接Android端末にダウンロードでき、ポケモンGOに限らず、さまざまなアプリの位置情報の変更に対応しています。マップ上で位置情報を選択するだけで簡単に現在地を偽装したり、移動速度を変更したりすることが可能です。

  • デメリット:指定した2点間の移動などには対応していない他、日本語に対応していないのがデメリットであると言えます。

  • Fake GPS location ポケモンGOの位置情報を変える

関連記事: Fake GPS Location - GPS JoyStickの使い方

アプリ2:iTop VPNを使ってポケモンGOの位置情報を変更する

  • メリット:iTop VPNもポケモンGOの位置情報の変更に有用で、Fake GPS locationなどの位置情報偽装アプリと組み合わせて利用すると効果的です。

  • デメリット:無料版は速度が遅くてセキュリティに不安があり、有料版は暗号化規格が不明です。有料版はカスタマーサポートを使えるけれどもタイムラグがあります。

  • iTop VPN

【iTop VPNの使い方】

  • 手順1:App StoreからiTop VPNをダウンロードします。

  • 手順2:画面中央の「Conect」をクリックします。

  • 手順3:ドラクエウォークをダウンロードします。

アプリ3:PoGoskill経由でポケモンGOのGPS情報を偽装する【Windows / Mac / Android】

Pogoskillは、Android向けのポケモンGO位置情報アプリです。2023年12月にリリースされた比較的新しいアプリですが、すでに多くのユーザーに支持されています。

  • メリット:使いやすさ:Windows / Mac / Androidで利用可能。日本語全対応でUIがシンプルでわかりやすいため、初心者でも簡単に使用できます。機能の豊富さ:クールダウン、ジョイスティック、ルート計画、自動化などの機能を備えています。安全性:ポケモンGOの利用規約に違反する可能性を最小限に抑える設計になっています。

  • デメリット:アプリの全機能を使用するには課金する必要があります。

  • PoGoskill ポケモンGO GPS情報 偽装

【PoGoskillの使い方】

  • 手順1:Google PlayストアからPogoskillをダウンロードしてインストールします。「設定」から必要な設定をタップします。

  • 手順2:地図で移動したい場所をタップします。

  • 手順3:「シンプルムード」をタップし、位置情報を変更します。

Part3:ポケモンGOをプレーする時によくある質問

続いて、位置情報を偽装してポケモンGOをプレーする際によくある質問をご紹介します。

質問1:ポケモンGOをプレーする時にバンされたらどうなるか?

ソフトBANと永久BANの2種類があり、ソフトBANは一時的な機能制限がかかるのみで、時間が経てば解除されます。一方、永久BANは、不正ツールなどを利用した場合に課されるもので、アカウントが利用停止となり、再度利用することができなくなります。その点を十分に認識した上で位置情報偽装アプリを使ってください。

質問2:ポケモンGOの位置情報をチートするには、脱獄が必要?

脱獄しないと使えないアプリもありますが、iAnyGoは脱獄なしでポケモンGOの位置情報を自由に変更できるため、安心してご利用いただけます。

iPhoneでポケモンGO位置偽装のリスク

ポケモンGOの位置偽装をiPhoneでする方法は複数あります。しかし、安易な方法を使いポケモンGOで位置偽装するとバレるリスクがあることを忘れてはいけません。ポケモンGOで位置偽装がバレるとアカウントの一時停止・永久停止の可能性があります。

iAnyGoは位置情報を変更できる他に、2点間のルート移動、複数のルートに沿ったGPSの動き、ジョイスティックの移動などポケモンGOをプレーする時にBanされないような機能を搭載しています。ご安心にお試しください。

まとめ

この記事では、ポケモンGOの位置情報を移動せずにチートする最新のやり方をご紹介しましたが、iPhone/iPadのユーザーであれば、 iAnyGoの利用がおすすめです。iAnyGoは、脱獄不要で利用できるため、セキュリティ面で安心な他、直感的な操作でさまざまな機能を利用することが可能です。また、利用開始までに難しい設定などがない点も魅力的です。なお、ポケモンGOでは、位置情報の偽装が疑われる場合に、一定時間操作を制限する「クールダウン」が実行されますが、iAnyGoには移動開始前にクールダウン時間を推定して表示する機能があるため、うまく活用して偽装がバレないようにしましょう。

関連記事: 【画像貼り付け】iPhone・AndroidでポケモンGOの位置情報を偽装する方法まとめ

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用