GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2023最新】ドラクエウォークの位置情報をチートする裏ワザ

ドラクエウォークの位置情報を偽装したいときにつかえる方法をここで紹介していきます。iPhone向けのやり方や、Android向けのやり方とそれぞれに合わせた方法の裏ワザですので、ドラクエウォークのプレイヤーは必見です。チートなんて難しいのでは…と思うかもしれませんが簡単にできるやり方ですので、ぜひ目を通してみてください。

Part1:【iPhone向け】ドラクエウォークの位置情報を偽装するソフト3つ

まずは、ドラクエウォークの位置情報を偽装するiPhone向けのソフトについてみていきましょう。

アプリ1:iAnyGoでドラクエウォークの位置情報を簡単にチートする【脱獄不要】

まずご紹介するのが、3ステップでドラクエウォークの位置情報をチートできるiAnyGoです。iAnyGoを起動したPCにiPhone/iPadを接続して、マップ上に任意の場所を入力するだけで簡単に位置情報を変更できます。最新バッジョではケーブル不要、Wi-Fiだけで位置情報を変更/移動することがより簡単に。また、システムの制限を非正規の方法で解除する「脱獄」が不要なため、セキュリティ面の心配がなく、安心して利用できます。

iAnyGoでできること

  • 【位置情報の変更】モード:ワンクリックでiPhoneのGPS情報を変更する
  • 【シングルスポット移動】モード:任意の2点間の移動のシミュレーションができる
  • 【マルチスポット移動】モード:複数の移動手段(速度)を組み合わせることが可能な他、往復回数も指定できる
  • 【ジョイスティックの移動】モード:好きな方向にドラッグすると、設定した速度でその方向に動き始める
  • 対応可能なアプリの種類:位置情報ゲームアプリ、位置情報共有アプリ、マッチングアプリ、位置情報共有のSNS系アプリ
  • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

    ianygoで位置情報を変更する
  • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

    ianygoで位置情報 変更開始

関連記事: ドラクエウォーク(DQウォーク)「GPSの信号を探しています」となった時の対策

詳細はこちらのYoutube動画をご参考にしてください。

アプリ2:iSpooferを利用してiPhoneでドラクエウォークの位置情報を偽装する

iSpooferには無料版と有料版があり、無料版でもかなりの機能が使えます。ジョイスティックによるマップ移動、独自の移動ルートを作成しての巡回、自動巡回機能、テレポートなどが代表的です。今回は「ジョイスティック」「テレポート」の2つの機能を紹介します。

「ジョイスティック」機能

  • Step1: iSpooferをダウンロードし立ち上げます。

  • Step2: 画面右下の「ジョイスティック」を必要によってドラクエウォークのGPS位置を移動します。

  • Step3: 「ジョイスティック」を長押しすれば自動歩行モードに移動できます。

「テレポート」機能

  • Step1: Coordinates Feedには座標リストが表示されるので、そこから偽装の目的地を選択します。

  • Step2: アプリに表示される地図から場所を直接タップしての選択も可能です。

  • Step3: 選んだ場所に移動すればドラクエウォークをチートできます。

iSpoofer ドラクエウォークをチート
  • メリット:位置情報の偽装機能としては、画面上のジョイスティックを利用して自由な方向に移動できる機能や自動歩行機能、ポケモンの位置座標リストから好きな座標を選択して移動できる機能、移動したいポイントをマップ上でロングタップすることで移動できるテレポート機能などがあります。

  • デメリット:ただし、自動歩行機能などを長時間利用していると、位置情報の偽装がバレてアカウントの停止処分が下される可能性が高い他、対応言語が日本語のみである点がデメリットであると言えます。

アプリ3:iBackupBotツール経由でDQウォークを偽装する

ここではiBackupBotを使用した方法をみていきましょう。まずiBackupBotとはデータをバックアップし、バックアップされたファイルに変更を加えることができる無料のサードパーティツールのことです。

  • Step1: パソコンにiBackupBotをインストールします。iPhoneの「位置情報サービス」と「iPhoneを探す」をオフにして、パソコンにiPhoneを接続し、iTunesでバックアップを取ります。

  • Step2: iBackupBotを起動してパソコンでバックアップデータを編集します。iBackupBotSystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferencesを開き、com.apple.Maps.plistファイルをテキストデータファイルとして開きます。

  • Step3: データ内の</dict>の前に<dict><key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key><true/>を入力します。

  • Step4: 書き換えたファイルを右クリックして、「Restore to device」を選択して、「Full Restore」にチェックを入れてOKをクリックします。

  • Step5: iPhoneの地図アプリを開いて、GPS位置情報を偽装したい場所にタップします。 マークされた場所を長押ししてメニューを開き、そうすると一番下に「Simulate Location」が現れるようになるはずです。それをタップすれば、位置情報の偽装が完了です。

iBackupBot iPhone 位置情報偽装
  • メリット:パソコンとiTunesさえあれば、無料でiPhoneの位置情報偽装が可能です。

  • デメリット:操作手順が面倒なのと、iTunesに不具合がある場合はこの方法は使えません。

Part2:【Android向け】ドラクエウォークの位置情報をチートアプリ2つ

次は、ドラクエウォークの位置情報を偽装するさいのAndroid向けの方法を紹介していきます。

アプリ1:Fake GPS Location -JoyStickででドラクエウォークの位置を偽装する

Fake GPS Location -JoyStickとは実際にいる場所ではなく位置情報を偽装することで、自由な場所に位置情報を変更できるAndroidアプリです。まずAndroid端末で開発者オプションを有効にする必要がありますのでその手順から紹介します。

  • Step1: 使う前に開発者オプションを有効にしてください。

  • Step2: GPS JoyStickを起動して「場所を設定」をタップし、「地図を開くにはここをクリック」をタップします。

  • Step3: 設定したい場所を地図から選択し、「この場所を選択」をタップします。アプリに戻ったら開始をタップします。

  • Fake GPS location ドラクエウォークの位置情報をチート
    • メリット:Fake GPS locationは、Google Playから直接Android端末に無料でダウンロードでき、さまざまなアプリの位置情報の変更に対応しています。マップ上で位置情報を選択するだけで簡単に現在地を偽装したり、移動速度を変更したりすることが可能です。

    • デメリット:1.広告が長い場合が多いのでそこは残念な点です。2.指定した2点間の移動などには対応していない他、日本語に対応していないのがデメリットであると言えます。

    関連記事: Fake GPS Location - GPS JoyStickの使い方

    アプリ2:VPNaを使ってDQウォークをチートする

    VPNaとは位置情報を変更するもう一つのアプリです。このアプリを使ったやり方が以下になります。

      • Step1: ドラクエウォークを開き、変更して表示したい場所を探します。そして、Google PlayストアからVPNaアプリをインストールし開きます。

      • VPNa DQウォークをチート
      • Step2: 開発者向けオプションがオンになっていると仮定して、アプリの「ENABLE MOCK LOCATIONS」をタップします。

      • Step3: 「開発者向けオプション」で「仮の現在地情報アプリを選択」を選択しオプションから「VPNa」を選択します。

      • Step4: 再びVPNaアプリにアクセスし、行きたい場所を探します。最後に場所のチートを確認して、電源ボタンを押します。

      VPNa DQウォークをチート

ドラクエウォークの位置情報をチートする時の注意事項

  • 1、位置情報を偽装するやり方は本来のドラクエウォークの遊び方ではないため注意が必要です。安易な方法を使いドラクエウォークで位置偽装するとバレるリスクがあることを忘れてはいけません。ドラクエウォークで位置偽装がバレるとアカウントの一時停止・永久停止の可能性があります。

  • 2、できれば設定されたルートで正常のスピードのままで使ってください。設定されたルートを本来のスピードではなく、異常なスピードで移動してしまうと位置偽装を疑われる恐れがあります。

  • 3、できるだけ頻繁に目的地を変更しないようにお使いください。目的地の変更を頻繁にしすぎると位置偽装を疑われる恐れがあります。

  • まとめ

    ドラクエウォークのiPhone向け・Android向けそれぞれの位置偽装のやり方はお分かりいただけましたか。iPhone/iPad位置情報の偽装アプリは iAnyGoなどたくさんあります。それぞれのアプリにはもちろんメリットやデメリットもあるのでしっかりと確認してください。そして最後にも紹介した通り位置情報の偽装は注意が必要です。やりすぎには気をつけてください。

    関連記事: iPhoneでドラクエウォークの位置情報を偽装する方法

脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
  • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
  • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
  • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
  • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用