iPhone/iPadのGPS位置偽装アプリトップ5

iPhoneにはGPS位置情報を偽装するアプリが多くあります。よく使われる理由としては、位置情報を偽装して友人を驚かせることでしょう。他にも位置情報ゲームで利用して、効率よくプレイする人もいます。ただゲームで利用する場合は、アカウント停止処分もあるので注意が必要です。では2020年に人気のGPS偽装アプリを紹介していきます。

iPhoneのGPS偽装アプリトップ5

Tenorshare iAnyGo

iPhoneの位置情報を偽装するのならAnyGoがおすすめです。幾つかアプリはありますが、デバイスにインストールするタイプは脱獄などの手順が必要になります。しかし、Tenorhare iAnyGoなら面倒な操作は不要で、初心者でも直感的に利用できるのが魅力です。これから、操作方法と主な機能は以下のように紹介します。

  • 1、コンピューターでTenorhare iAnyGoをインストールして起動して、iPhoneやiPadのデバイスをパソコンに接続します。
  • 2、ホーム画面左にあるアイコンで「位置情報の変更」、「シングルスポット移動」、「マルチスポット移動」3つのモードが選択できます。

      ianygoで位置情報モードを変更する
  • 3、位置変更したい場合は、「位置情報の変更」モードに入り、検索ボックスに変更したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックします。

    ianygoの場所を選択
  • 4、GPSの動きをシミュレートしたい場合は、メイン画面で「シングルスポット移動」、「マルチスポット移動」モードに切り替え、地図上で開始点と移動先を設定して、移動スピードを調整して移動開始をクリックします。

    ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

詳細は以下のビデオをご参考してください。

PokeGo ++

iPhoneで位置情報の偽装をしてポケモンGOをするのなら、PokeGo ++が有名です。脱獄をしなくても利用でき、ゲームのプレイに便利な機能がついていました。ですがゲームの提供会社との訴訟沙汰になり、現在は提供が停止されています。それでも操作手順を載せておきます。

PokeGo ++
     
  • 1、非公式のアプリになるため、プロファイルの認証が必要となり、iPhoneの設定、一般、プロファイルとデバイスの管理、エンタープライズAPPへとタップして進みます。
  • 2、PokeGo ++アプリを探してiPhoneにインストールして起動します。
  • 3、PokeGo ++があるので信頼するをタップし、マップ画面にある設定から偽装タブに進み、偽装情報を有効にします。
  • 4、位置変更を行います。

dr.fone - GPS変更 (iOS)

dr.foneはiPhoneの総合メンテナンスツールとして有名です。さらに最近になってGPSの位置情報を偽装する機能が追加されました。無料版もありますが2時間しか利用できません。では操作方法を確認します。

Dr.Fone - GPS変更
  • 1、パソコンにDr.Fone - GPS変更をインストールしてから起動して、iPhoneを接続します。
  • 2、アプリのホーム画面で位置情報の偽装、2点間移動、マルチスポット移動を選択して、目的地を入力、または地図上の任意の場所を指定して、スタートをクリックします。

iMyFone AnyTo

iPhoneのGPS偽装をするアプリの1つがAnyToです。このアプリの特徴はパソコンにインストールするタイプなので、脱獄なしで大丈夫な点でしょう。他にもiPhoneで複雑な操作をする必要もありません。では操作方法を確認します。

iMyFone AnyTo
  • 1、iMyFone AnyToをPCにインストールして起動して、iOSデバイスをパソコンに接続します。
  • 2、画面左のアイコンから位置偽装、2点間移動、マルチスポット移動を選択し、地図上の任意の場所を指定して、スタートさせます。

iSpoofer

iSpooferもiPhoneで位置情報を偽装できるアプリです。最もシンプルなのはiPhoneにインストールする方法です。では操作手順を確認しておきましょう。

iSpoofer
  • 1、ブラウザからiSpooferをインストールしてから、プロファイル認証を行って、iSpooferを起動させます。
  • 2、iSpooferの設定を開いて歩く速度などを調整しておき、表示されたジョイスティックで長押しで移動できます。

比較表

ツール名 iAnyGo PokeGo ++ dr.fone AnyTo iSpoofer
サポートデバイス iOSデバイス iOSデバイス iOSデバイス iOSデバイス iOSデバイス
主な機能 GPS偽装、2点間移動、マルチスポット移動 GPS偽装、2点間移動、マルチスポット移動 GPS偽装、2点間移動、マルチスポット移動 GPS偽装、2点間移動、マルチスポット移動 GPS偽装、2点間移動、マルチスポット移動
料金 月額799円、3ヶ月1950円、年間3950円 月額10ドル、ただし提供なし 月額1499円、3ヶ月2999円 月額980円、3ヶ月1980円、年間4980円、永久6980円 月額4.95ドル、3ヶ月12.95ドル
無料体験版 あり あり あり あり あり
メリット 脱獄なし、操作が直感的 ポケモンGOに最適化された機能性 脱獄なし、他のメンテナンス機能もあり 脱獄なし、操作が初心者でもできる ゲーム仕様なので機能が豊富
デメリット パソコンにインストールして使うのが必要 現在は利用停止中 若干だが料金が高めの設定 パソコンにインストールすべき インストールまでのハードルが高い

まとめ

iPhoneで利用できる位置情報の偽装アプリについて紹介しました。iPhoneでも位置情報を偽装できるアプリは多くあります。ただしゲームに利用できるタイプのものは、何らかの事情で提供を中止するケースが増えているので注意してください。ちなみに利用がバレるとアカウントの停止処分です。

パソコンにインストールするタイプのiAnyGoであれば、脱獄などの手間もかかりません。手軽にインストールして楽しめるので、初心者から玄人のプレイヤーまで利用しやすいでしょう。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(12 票、平均: 1.4 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください