iPhone/iPadポケモンGOで位置情報を偽装する方法

ポケモンGOをプレイする時のネックになるのが位置情報です。ふだんから出歩く人なら広範囲にわたってプレイできますが、あまり出歩かない人なら範囲そのものが限られてしまいます。そうした時に役立つのがGPSの位置情報を偽装するアプリです。このアプリを使うことでスマホの位置情報を偽装して、様々な場所のポケモンをゲットできます。ここでは位置情報を偽装する方法を紹介します。

ポケモンGOで位置偽装が大人気がある理由は?

ではポケモンGOで位置情報の偽装が人気となっている理由について見ていきます。基本的に位置情報の偽装を行うことによるメリットは、以下のようなものがあるのです。

  • ★自宅に居ても他の場所の位置情報へと偽装できる
  • ★限られたプレイ時間で効率をあげられる
  • ★地元にはないポケモンをゲットできる

これらが代表的な理由です。位置情報ゲームは現実とゲームの世界がリンクすることが魅力の1つですが、反対にネックになることもあります。そのマイナス点を解消できるのが、位置情報を偽装することだと言えるでしょう。

iPhone/iPadポケモンGOで位置情報を偽装する方法

方法1、Tenorshare iAnyGoを使ってポケモンGOで位置情報を偽装する

ポケモンGOでiPhoneの位置情報を偽装するのなら、Tenorhare iAnyGoがおすすめです。パソコンにインストールするタイプなので、スマホで特別な操作も必要ありません。またポケモンGOに最適な2点間移動や、マルチスポット移動なども可能です。しかも移動できる速度まで指定できるので、使い勝手がとても良いでしょう。では使い方を紹介してみます。

  • ステップ1、 iAnyGoをインストールして起動して、iPhoneやiPadのデバイスをパソコンに接続します。

    iPhoneをianygoに接続する
  • ステップ2、 iAnyGoを起動した画面の左側にあるアイコンで、位置情報の偽装のみか2点間移動か、マルチスポットでの移動かを選択します。

    マルチスポット動作を選択する
  • ステップ3、どのモードで動かすのかを選択すると画面が地図に変わるので、任意の場所を指定するのができます。2点間移動なら地図上の任意の2点、マルチスポットなら任意の地点を地図上で指定して、移動開始をクリックします。

    移動開始をクリックする

Tenorhare iAnyGoは単純GPS位置情報の変更できだけではなく、2点間でのルート移動を偽装するとマルチスポット移動もできます。マルチスポット移動は複数地点を登録して、その場所を巡回するような偽装情報です。

方法2、PokeGo ++を使ってポケモンGOで位置情報を偽装する

iPhoneのポケモンGOを位置情報偽装したいのなら、PokeGo ++の知名度が高いでしょう。2019年には既にかなり人気を得ています。ゲーム内の位置にのみ影響するアプリで、他にも効率的にプレイするための機能が揃っています。手順は以下の通りです。

PokeGo ++
  • 1、BuildStoreを設定します。
  • 2、BuildStoreからPokeGo ++をインストールします。
  • 3、ポケモンGOをインストールして既存のアカウントでサインインします。
  • 4、マップ画面から設定をタップ、偽装タブへ進みます。
  • 5、諡号タブからニセの位置情報を有効にします。
  • 6、地図上のスポットとタイムラインを選択します。

以上でPokeGo ++が使えます。

方法3、iSpooferを使ってポケモンGOで位置情報を偽装する

PokeGo ++と似たアプリなのがiSpooferです。このアプリもポケモンGOをiPhoneでプレイする人にとって、2018年あたりから人気となっています。ただしiOSのデバイスにインストールするには、パソコンが必要になるのが特徴です。手順は次のようにします。

iSpoofer
  • 1、MacならAltStoreサーバー、WindowsならWindows用iCloud AltServerパッチャーをインストールします。
  • 2、AltStoreサーバーのドロップダウンリストにある、カスタムIPAリンクを選んでインストールします。
  • 3、http://dl-dist.ispoofer.com/pmgo/isp-0.163.4v.ipaをIPA URLの欄にコピーします。
  • 4、パッチをタップ、AltStoreサーバーのデスクトップアプリケーションを実行して、インストールAltStoreサーバーの上段にあるデバイスから、デバイス名をクリックします。
  • 5、位置を指定して移動を開始iPhoneをパソコンに接続、Apple IDを入力した後に設定から一般、デバイス管理から信頼を選択します。
  • 6、iOSデバイスでiSpooferを起動します。

方法4、Nord VPNを使ってポケモンGOで位置情報を偽装する方法

iPhoneでポケモンGOの位置情報を偽装する方法として、最新版とも言えるのがNord VPNを使った方法です。VPNはプロキシサーバーのアプリを使うことで、IPアドレスから現在地を識別させないようにするものです。安全で自由に使えることから高い人気があります。

Nord VPN
  • 1、アップルストアからNord VPNをインストールします。
  • 2、iPhoneを脱獄します。
  • 3、Cydiaストアにアクセスして位置情報の偽装を取得します。
  • 4、tsProtectorを有効にしてデバイスのVPNも有効にします。
  • 5、ポケモンGOを起動します。
  • これでNord VPNが利用できます。

まとめ

iPhoneでポケモンGOをプレイする時に、位置情報を偽装する方法でした。ポケモンGOは、位置情報を偽装することで効率よくプレイできます。ただやりすぎるとアカウント停止のリスクもあるので注意しましょう。位置情報を偽装するアプリは多いのですが、大抵は複雑な設定をするので初心者には難しいです。ですがポケモンGOの位置偽装アプリ - iAnyGoならパソコンにインストールするだけで、複雑な操作も必要ありません。また効率よくプレイできる2点間移動やマルチスポット移動もできます。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください