iPhoneで居場所の位置情報をバレない対策

iPhone利用者の中で位置情報を隠すことは非現実的に聞こえるかもしれませんが、位置情報をバレないようにすることで、さまざまなメリットが生じます。もともとの位置位置を架空の位置に切り替えると、システム上のアプリケーションもそれにだまされ、どのアプリを使っても架空の地域で提供される機能が使えるようになります。では、iPhoneで位置情報を隠す方法、iPhoneの位置情報をバレない方法を見ていきましょう。

なぜiPhoneのGPS位置情報がバレてしまうのか

iPhoneには、位置情報を発信し記録するGPS機能が装備されています。Wi-Fiアクセスポイントや携帯電話の基地局情報を組み合わせて、現在地が把握できるような仕組みになっているのです。このGPS機能を使うと、非常に正確なiPhoneの位置を特定することができます。また、位置情報サービスを利用する場合、撮った写真には場所が記録されているので、SNSなどにアップしたら場所がわかってしまう。

iPhoneのGPS位置情報をバレない方法

相手に自分の位置情報を知られたくない、iPhoneを追跡されたくない場合は、どのように対策すれば良いのでしょうか。最も簡単な方法としてはiPhoneの「設定」からGPSをオフにする方法です。iPhoneで場所を非表示にする最も簡単な方法は、仮想の場所を設定して、iPhoneにあなたが本当にそこにいると信じ込ませることです。ではいくつかの方法を見てみましょう。

方法1、iPhoneの位置情報をバレない裏技ー位置偽装ツールiAnyGoを利用する

iPhoneで場所を非表示にする最も簡単な方法は、仮想の場所を設定して、iPhoneの位置情報を偽装するにはiAnyGoという位置偽装専門ツールでiPhoneの位置をどこにでも変更できます。また、ルートをカスタマイズしてGPSを移動させることもできます。それがどのように機能するかを見てみましょう。

  • 1.コンピューターでTenorhare iAnyGoをインストールして起動して、お使いのデバイスをパソコンに接続します。

      ianygoで位置情報モードを変更する
  • 2.検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックして、位置情報はすぐに変更されます。

    ianygoの場所を選択

また、iAnyGoは位置変更する機能以外に、位置情報ゲームに役立つ2点間移動や、マルチスポット移動機能もあります。

  • ★「シングルスポット移動モード」を使うことで、2地点間のルートに沿ったGPSの動きをシミュレートすることができます。指定された速度で移動し、経過記録も残ります。

  • ★「マルチスポット移動モード」を選択することで、複数スポットを持つルートに沿ってGPSの動きをシミュレートします。地図上で複数の場所を選択すると指定された速さで移動していきます。

  • ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

方法2、機内モードをオンにする

機内モードをオンにするにはiPhoneの位置情報を隠す・バレない一つの方法ですが。iPhoneの電源を落とした時に近い状態にしたい時、たとえば忙しい時間帯に電話に出たくない場合は、「機内モード」をオンにすることで機能できます。

機内モードをオンにするための方法は次のとおりです。ロック画面またはホーム画面で、iPhoneの下端から上にスワイプして、コントロールセンターを表示します。上部のボックスに飛行機のアイコンが表示されているので、それをタップします。アイコンが濃い青色に点灯している場合、モードが有効になっていることを示します。

機内モードをオンにする

方法3、位置情報を共有する機能でiPadまたは別のiPhoneの場所として使用する

iPhoneは、別のiOSデバイスからiPhoneと現在地を共有できる素晴らしい機能を備えています。これを機能させるには、特定のデバイスとの現在地共有を設定する必要があります。方法は至って簡単です。まずiPhoneを開き、プロファイルをタップします。スイッチをオンに切り替えて「位置情報を共有」をオンにします。また、別のiPhoneまたはiPadの「探す」アプリケーションを開くと、現在地GPS機能を設定することができます。場所を共有できる人のリストを下にスクロールし、リストをタップして、場所を送信することを選択します。

別のiPhoneの場所として使用する

方法4、「位置情報を共有」をオフにする

位置情報を共有する機能は便利ですが、ずっとオンにしておくことで、現在地情報などが他人にバレてしまう恐れがあります。「自分の位置情報を共有」サービスをオフにするには、位置情報の漏洩を防ぐことができます。

「位置情報を共有」をオフにする

方法5、「友達を探す」で現在地の共有を停止する

最後に、「友達を探す」アプリは、家族や他の人のiOSデバイス間で現在地を共有できるようにサービスが設定されています。この機能を使用すると、紛失したときにいつでもスマートフォンを追跡できます。しかし、このサービスも同じく自分の位置情報が簡単にバレてしまいます。従って、必要のないときは、この機能もオフにしておくといいでしょう。

「友達を探す」で現在地の共有を停止する

まとめ

これまで自分の位置情報が他の人に漏れているということに気づかずにiPhoneを使っていた人も、位置情報をどうやって変えていいかわからなかった人も、この記事を読めば簡単にGPS機能を使って、位置情報の漏洩が防げます。便利な機能の裏側になるリスクを含めて覚えておくのが良いでしょう。特に位置偽装ソフトiAnyGoを使うと、iPhoneの位置情報を変更でき、実際の居場所を他人にバレないでしょう。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください