iPhoneのGPS位置情報を偽装する方法

最近ではスマートフォンが普及したことによって、従来にはなかったタイプの犯罪なども増えてきています。その中の1つがプライバシーの侵害です。このプライバシーを守るために、実はスマートフォンのGPS位置情報を知らせないというケースもあるのです。ですが多くの人にとって、GPSの機能を誤魔化すのは、どうすればいいのか分からないのではないでしょうか。そこでiPhoneのGPS位置情報を偽装する方法について調べて見ました。

GPS位置情報を偽装したい原因&シーン

そもそもの話ですがまずはGPSの位置情報を偽装したい理由や、そのシーンとはいったいどういうものが考えられるのでしょうか。

  • ★SNSを利用する時に位置情報の共有をしたくない
  • ★位置情報ゲームで効率的なプレイをしたい
  • ★プライバシーを守りたい

といったような点があります。最近では特に位置情報ゲームで利用する人が増えていますが、規約違反になるので最悪はアカウント削除の処分を受けることもあるので十分注意してください。

iPhoneのGPS位置情報を偽装する方法について

iPhoneのGPS位置を偽装する一般方法

実は位置情報を偽装するには特別なアプリを必要としたり、いわゆる脱獄をしなくてはなりません。ですが少し位置を偽装したいだけなら、そこまで本格的な方法は必要ないのです。

iPhoneには「人を探す」という機能があるのですが、これはGPSの機能を使って行われています。そのためこの機能を切るだけで、自分の位置情報を発信しなくてもすむのです。ただし地図アプリと連携したナビゲート機能などが使えなくなるリスクがあります。

位置情報を共有したくない場合は、iPhoneの設定画面を開き、自分のアカウント名が表示されている部分をタップして、探すをタップしてからAppleIDを確認またはログインして、「位置情報サービス」と「自分の位置情報共有」をオフにします。

他に、偽の位置情報を他人に共有したい場合は通常地図アプリで場所を探してから共有できますが、地域制限などがあり、実際の位置情報は偽装ではありません。

iBackupBotツールを利用してGPS位置を偽装する方法

iPhoneなどのiOSデバイスでGPSの位置情報を偽装するには、どうすればいいのでしょうか。Androidの場合はfake gpsなどのアプリがあります。ただiOSデバイスは原則として脱獄しなくてはいけません。脱獄なしに位置情報を偽装したいのは、iBackupBotツールを使うのが必要です。これから、操作手順を紹介します。

  • 1.パソコンにiBackupBotをインストールします。
  • 2.iPhoneの「位置情報サービス」と「iPhoneを探す」をオフにして、パソコンにiPhoneを接続し、iTunesでバックアップを取ります。
  • 3.iBackupBotを起動してパソコンでバックアップデータを編集します。iBackupBotでSystemFiles/HomeDomain/Libirary/Preferencesを開き、com.apple.Maps.plistファイルをテキストデータファイルとして開きます。

  • 4.データ内の</dict>の前に<dict><key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key><true/>を入力します。

  • 5.書き換えたファイルを右クリックして、「Restore to device」を選択して、「Full Restore」にチェックを入れてOKをクリックします。
  • 6.iPhoneの地図アプリを開いて、GPS位置情報を偽装したい場所にタップします。
  • 7.マークされた場所を長押ししてメニューを開き、そうすると一番下に「Simulate Location」が現れるようになるはずです。それをタップすれば、位置情報の偽装が完了です。

Tenorshare iAnyGoを使ってiphoneの位置を偽装する方法

最後にTenorhare iAnyGoというアプリを使ってiPhoneの位置情報を偽装する方法を紹介します。このアプリはパソコンにインストールして利用するタイプなので、脱獄なしでも利用可能です。さらに幅広いiOSに対応していてiOS11、iOS12でも使えます。

  • 1.コンピューターでTenorhare iAnyGoをインストールして起動して、iPhoneやiPadのデバイスをパソコンに接続します。

      ianygoで位置情報モードを変更する
  • 2.検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックして、位置情報はすぐに変更されます。

    ianygoの場所を選択

iAnyGoで位置を変更する方法の簡単さはぜひ体験しましたでしょう。初心者でも使えるのが魅力的です。また、ここで、位置情報ゲームに役立つ2点間移動や、マルチスポット移動の特徴も紹介します。

  • 1.Tenorshare iAnyGoを起動してデバイスとパソコンを接続します。
  • 2.メインメニューで2点間移動は「シングルスポット移動」をタップし、数点間の移動「マルチスポット移動」モードに切り替えます。
  • 3.地図上で開始点と移動先を設定して、移動スピードを調整して移動開始をクリックします。

    ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

まとめ

iPhoneのGPS位置の情報を偽装する方法について紹介しました。iPhoneにはデフォルトでGPSを使って位置を知らせる機能があります。この機能をオフにすれば、プライバシーの保護につながるでしょう。ただし地図アプリとの連動ができなくなる、などのリスクがあります。 こうしたリスクや脱獄といった手間をかけずにすむのが、iAnyGoというアプリの良さでしょう。初心者でも直感的に利用できますし、何よりアプリが日本語対応なのも嬉しいポイントです。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(3 票、平均: 2.3 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください