iPhoneの居場所を知られたくない、今いる場所の位置情報を変更する方法

現在、スマートフォンやパソコンを持っている人が大幅に増加しました。特にApple社のiPhoneは世界でも人気のあるブランドの一つです。毎日使っているスマートフォンですが、自分の居場所が誰かに知られてしまうのではないかと悩んでいるiPhoneユーザーもいるのではないでしょうか。今回は、位置情報がどうして知られてしまうのかということと、iPhoneを使ってどのような方法で位置情報を変えることができるのか、ということについて解説します。

なぜ居場所の位置情報が知られてしまうのか

位置情報の共有をしている場合

iPhoneでは、「iPhoneを探す」や「友人を探す」などのアプリを利用することで、友人や知り合いと位置情報を共有できます。便利な機能ですが「探す」で位置情報を共有したままの設定にしておくと、そのときの居場所が簡単にわかってしまうと考えられます。

Apple IDとパスワードが相手に知られてしまう

Apple IDとパスワードが相手に知られてしまうと、iPhoneの位置も知られてしまいます。なぜなら、iPhoneを紛失した場合は、通常「iPhoneを探す」という機能で探します。従って、相手があなたのApple IDとパスワードを知っていると位置情報もわかってしまうわけです。

撮影した写真やSNSから位置情報漏洩

iPhoneで撮影した写真をSNSにアップロードしたり、他の人に送ることで位置情報も同時に共有してしまっている可能性があります。なぜなら、Exfiというものが記録として撮影された写真と一緒に残されているからです。Exfiには、位置情報及び撮影者情報、撮影日時も記録されているのです。

iPhoneの居場所を知られたくない・現在地の位置情報を隠したい時の対処法

iPhoneの行動履歴は、現在地のみならず、それまでの位置情報が行動履歴情報として全て記録されています。では、現在地を含め居場所を知られたくない場合の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はいくつかの主要な方法を見てみましょう。

iPhoneで「位置情報サービス」の設定を確認する

位置情報サービスの有効/無効を切り替える

「設定」を開き、「プライバシー」から「位置情報サービス」をタップして、位置情報サービスの有効/無効を切り替えるスイッチがあります。オンになっている場合は、あなたの位置情報が常に相手に知られてしまう可能性があります。位置情報を使う予定がないのであれば、位置情報の設定を無効化しておいたほうが位置情報の漏洩リスクが減少可能です。

位置情報サービスの有効/無効を切り替える

各アプリの位置情報利用設定を確認する

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」に進み、位置情報サービスがオンになっている場合でiPhoneにインストールされている各アプリの位置情報サービスの利用状況が個別に設定できます。

各アプリの位置情報利用設定を確認する

位置情報の共有設定をオフにする

iPhoneには「自分の位置情報を共有」サービスがあります。これを有効にすると、iPhone、iPad、iPod touch で「探す」を使って、自分の居場所を友達、家族、連絡先に登録している人に知らせることができます。このサービスをやめることで、位置情報の漏洩を防ぐことができます。やり方は簡単で、設定の「自分の位置情報を共有」をオフにするだけです。

位置情報の共有設定をオフにする

利用頻度の高い位置情報をオフにする

設定から位置情報サービスの画面を開きます。位置情報サービスの画面を下にスクロールさせ、「システムサービス」、「利用頻度の高い位置情報」の順にタップします。こちらのサービスがオンになっていると、あなたの位置情報の履歴がiPhoneに記録され続けていることになります。これをオフにすることで、履歴を残さずにすみます。

利用頻度の高い位置情報をオフにする

iPhoneで相手に気づかれずに居場所の位置情報を変更する裏ワザー位置偽装ソフトiAnyGoを使う

最後に、アプリケーションを使って、相手に気づかれずに居場所の位置情報を変更する裏技をお伝えします。アプリの名前はiAnyGoです。この位置偽装専門ツールでは、簡単な操作でどこへでもiPhoneの位置情報を変更できます。最新のiOS 14とiPhone 12/12 mini/12 Pro /12 Pro Maxもサポートしています。さらにすごいのは、全てのアプリでiPhoneの位置情報変更が可能なことです。下記に掲載している3つのステップで簡単に位置変更ができるのです。

  • 1.コンピューターでTenorhare iAnyGoをインストールして起動して、お使いのデバイスをパソコンに接続します。

      ianygoで位置情報モードを変更する
  • 2.検索ボックスに転送したい住所/ GPS座標を入力し、「変更開始」をクリックして、位置情報はすぐに変更されます。

    ianygoの場所を選択

また、iAnyGoは位置変更する機能以外に、位置情報ゲームに役立つ2点間移動や、マルチスポット移動機能もあります。

  • ★「シングルスポット移動モード」を使うことで、2地点間のルートに沿ったGPSの動きをシミュレートすることができます。指定された速度で移動し、経過記録も残ります。

  • ★「マルチスポット移動モード」を選択することで、複数スポットを持つルートに沿ってGPSの動きをシミュレートします。地図上で複数の場所を選択すると指定された速さで移動していきます。

  • ianygoのマルチポイントルートをカスタマイズする

まとめ

これまで自分の位置情報が他の人に漏れているということに気づかずにiPhoneを使っていた人も、位置情報をどうやって変えていいかわからなかった人も、この記事を読めば簡単に位置情報の漏洩が防げる、または、位置情報を変更できることがわかりました。特にiAnyGoのような位置偽装ソフトを駆使することで、お好きなようにiPhoneの位置情報を変更でき、実際の居場所を他人に知られたくないでしょう。

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください