Androidスマホの位置情報を偽装できる方法

Androidのスマホでは位置情報を偽装するアプリが幾つかあります。最も多い使用例としては、位置情報ゲームを効率よくプレイするためのものでしょう。他にも自分の居場所を他人に知られたくない、などの理由から位置情報を偽装したいと考える人もいます。そこでAndroidのスマホで位置情報を偽装できる方法について、幾つか紹介していきましょう。役立つアプリが多いので参考にできます。

AndroidのGPS位置情報偽装で何ができる?

AndroidのスマホでGPSの位置情報を偽装することで、何ができるのかを調べてみました。先に述べたように多くの人は、位置情報ゲームを効率よくプレイするのに使っています。位置情報ゲームは自身の端末のGPSを利用して、プレイするタイプのゲームです。そのため位置情報を偽装することで、効率が格段に跳ね上がります。代表的なのがfake gpsでしょう。他には以下のようなものが考えられます。

  • ★自分が今いる場所を知られないようにしたい
  • ★位置情報を偽装することでアプリ内に不正通信があった時にごまかせるため

初期設定 ー「 仮の現在地情報アプリを選択」までの手順

Androidのスマホで位置情報を偽装するには、前提となる操作があります。それは開発者モードにするということです。その手順について紹介しておきましょう。

  • 1.設定から端末情報へと進み、ビルド番号を7回程度タップします。

    ビルド番号
  • 2.システムから詳細情報、出た開発者向けオプションをタップします。

    開発者向けオプション
  • 3.仮の現在地情報アプリという項目をタップして、スマホにインストールした位置情報偽装アプリを選択します

    仮の現在地情報アプリを選択する

Android位置偽装実現できる方法

次にAndroidのスマホでGPSの位置情報を偽装する方法を紹介します。具体的にはアプリを紹介していく形です。アプリをインストールした後は、先程お伝えしたスマホ上の設定を行ってください。

Fake GPS Location

Fake GPS location

Androidのスマホで位置情報を偽装する時に、最も有名なアプリの1つがFake GPS locationでしょう。最近人気の高いXiaomiのスマホでも利用できます。利用手順については以下で紹介します。

  • 1、Fake GPS locationをプレイストアからダウンロード、インストールして起動します。
  • 2、初回起動時にはOPEN SETTINGと表示されるのでタップします。
  • 3、前述で紹介した開発者オプション、仮の現在地情報アプリを選択、Fake GPS locationを指定します。
  • 4、地図が表示されるので任意の場所を指定して、画面右下にある三角マークのアイコンをタップでスタートします。

Fake GPS Location - GPS JoyStick

Fake GPS Location - GPS JoyStick

huaweiのAndroid端末でも位置情報の偽装ができるアプリとしては、Fake GPS Location - GPS JoyStickがあります。このアプリの特徴としてはアプリ上で、動かすためのジョイスティック画面が表示されることです。操作性という点では、3歳児でも操作できる簡単さとして有名なアプリです。Fake GPS Locationよりも上だと言えるでしょう。

  • 1、デバイスの設定から端末情報へと進み、ビルド番号を7回タップして、開発者向けオプションをオンにします。
  • 2、仮の現在地情報アプリを選択で、Fake GPS Location - GPS JoyStickをタップします。
  • 3、Fake GPS Location - GPS JoyStickを起動して、場所を設定にチェックを入れて、地図を開くにはここをクリックをタップします。
  • 4、地図が表示されるので現在地をタップします。(初回起動時はドロー権限が必要とでる)
  • 5、設定に移動して、他のアプリの上に重ねて表示できるを選択して、開始をタップします。

Fake GPS Go location Spoofer

Fake GPS Go location Spoofer

Fake GPS Go location SpooferもAndroidのスマホで利用できる、位置情報を偽装するアプリの1つです。無料版と有料版の2つがありますが、機能面で大きな違いはありません。ただ無料版だと広告が出るので、それが嫌な人は有料版を利用するといいでしょう。ただこのアプリは居場所のみしか偽装できませんので、ゲームには向きません。

  • 1、Fake GPS Go location Spooferをインストールして起動します。
  • 2、開発者向けオプションでFake GPS Go location Spooferをタップして選択します。
  • 3、Fake GPS Go location Spooferを再開きさせ、地図が表示されるので任意の場所をタップして開始します。

Fake GPS Location Donate

Fake GPS Location Donate

Androidのスマホでは他にもLocation Donateというアプリで、位置情報の偽装ができます。こちらも無料版と有料版があるアプリですが、サポートはすべて英語なので日本語対応は期待できません。

  • 1、Location Donateをインストールして起動します。
  • 2、開発者向けオプションでFake GPS Location Donateを指定します。
  • 3、Location Donateを再起動して地図を表示させ、地図上の任意の場所を選んで指定し、開始をタップします。

まとめ

Androidスマホの位置情報を偽装できる方法についてでした。位置情報を偽装する多くの人がゲームでのプレイ効率をあげるために使います。中には他の人に居場所を知られたくないというパターンもあるでしょう。

ただゲームで利用する時はアカウント停止にならないよう、注意して利用する必要があります。基本的に位置情報偽装アプリは規約違反にあたるからです。Androidでも利用できるアプリは多いので、自分にあったものを使ってください。

脱獄せずにGPS位置情報に自由に変更可能
  • ワンクリックでどこへでもiPhoneの位置情報を変更できる
  • 地図上で2つ以上のスポットを選択してルートを計画する
  • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
  • お気に入りの位置情報や過去の移動記録を保存してルートをすばやく組み立てる
  • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Ingress、フィットネスアプリ、Facebookなど全ての位置情報アプリに対応

  最終更新日 2021-04-02 / カテゴリ  GPS 変更

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください