iOS 15アップデートでiPhone位置情報を偽装する方法

様々な新機能が追加されたiOS 15へアップデートはされましたか?最新バージョンのiOS 15では、脱獄なしでiPhoneの位置情報を偽装できるのかが気になるところです。位置情報の偽装ができれば、プライバシーを守るためなど様々な理由で役に立つでしょう。

そこで今回は、iOS 15にアップデートした後でiPhoneの位置情報を偽装する最新の方法についてお伝えします。

iPhone の位置情報を偽装したい場合

iPhoneの位置情報を偽装したいと思う場面は様々ですが、ここでは3つ紹介します。

  • アプリに自分の位置情報を知られたくない

  • ポケモンGOような位置情報ゲームを遊びたい

  • より便利に出会い系アプリを使用したい

アプリに自分の位置情報を知られたくない

位置情報は、地図アプリでナビゲーション機能を利用する時などにはとても便利ですが、その反面、自分の位置情報を誰かに知られて悪用されるかもしれないというリスクがあります。自分の位置情報をアプリに知らせないように設定することで、悪用されることを防げます。

ポケモンGOような位置情報ゲームを遊びたい

大人気のポケモンGOは、現実世界を自分で探検しながらポケモンを捕まえられることが魅力です。しかし、実際に自分で探検できる範囲は限られており、移動手段や天候の都合も考えなければなりません。位置情報を偽装できれば、地理的に制限されたゲームでも自由に世界中を探索して楽しめます。

より便利に出会い系アプリを使用したい

最近、位置情報で出会いを見つけられる出会い系アプリが人気です。実際にすれ違ったことがあるかもしれないような相手と出会える可能性がありますが、出会いの幅が限定されてしまうというデメリットもあります。そんな時は位置情報を偽装することで、より多くの出会いを見つけられるでしょう。

iPhone位置情報を偽造する方法

それでは、気になるiPhoneの位置情報を偽造する方法を説明していきます。

  • 「iAnyGo」を使って、iPhoneの位置情報を偽造する

「iAnyGo」を使って、iPhoneの位置情報を偽造する

Tenorhare iAnyGoを使うと、脱獄することなくiPhoneの位置情報を簡単に変更できます。今まで脱獄をして位置情報を偽装していた人も、iPhoneの安全を守るために「iAnyGo」を利用してみてはどうでしょうか。

「iAnyGo」は、最新のiOS 14.7ベータ、iOS15ベータおよびiPhone12/12 mini/12 Pro(Max)に対応しています。ポケモンGOやドラクエウォークなど全ての位置情報アプリに対応しており、ワンクリックでどこへでもiPhoneの位置情報を変更できる優秀なソフトです。

それでは、実際に「iAnyGo」を使用してiPhoneの位置情報を変更する方法を説明していきます。

  • パソコンで「iAnyGo」を起動します。

  • ianygoで位置情報モードを変更する
  • 検索ボックスに転送したい住所またはGPS座標を入力して「変更開始」を押すと位置情報がすぐに変更されます。

  • ianygoの場所を選択
  • 検索履歴はお気に入りに保存することができます。

  • 検索履歴を保存する

※: 脱獄とはiPhoneのプログラムを変えることにより普段は使えない機能を利用することであり、ウィルス感染しやすくなるなど様々なデメリットがあります。

まとめ

iOS 15にアップデートしてもiPhoneの位置情報が偽装できれば、プライバシーを守れたりして安心です。位置情報アプリ「iAnyGo」を利用すれば、脱獄せずに位置情報を変更できるのでiPhoneのデータが消えてしまうなどの心配がありません。また「iAnyGo」には、自由に移動方向を変更できるGPSジョイスティックや移動速度が調整できるスピードバーなど色々と便利な機能が揃っています。

関連記事: 【iOS15 対応】脱獄なしでiPhoneの位置情報を偽装する方法

  最終更新日 2021-09-14 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください