GPS位置情報変更・偽装

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

ポケモン GO で「位置情報を取得できません(12 )」を修正する方法のまとめ

近年、ポケモンGOは非常に人気を博し、今日の世代の新しいトレンドとなっています。このゲームは素晴らしいグラフィックスと並外れたアニメーションを持ち、素晴らしいゲームプレイに貢献しています。さらに、占有するスペースが少なく、下位機種から上位機種までをサポートしているため、ほとんどのユーザーの選択肢となっています。しかし、ユーザーが直面する一般的な問題の1つが、ポケモンGO で「位置情報を取得できません12」というエラーです。具体的な問題は位置情報の変更後にエラー「ポケモンGOで位置情報の取得ができない」と表示されることです。でも、心配する必要がありません。この状況に対応して、業界最高な位置情報偽装アプリiAnyGoの開発チームはその最新の解決策を積極的に探しました。詳しい解決策について、下記の記事で紹介しましたので、ぜひ最後までご覧くださいね。では、ポケモンGO で「位置情報を取得できません」の原因と最新の対処法を詳しく紹介いたします。

Part1、ポケモンGoで位置情報が取得できないのはなぜですか?

ポケモンGOが場所を検知できない原因は数多くあります。しかし、最も一般的に認識されている原因には以下のものが含まれます:

  • 原因1:スマートフォンの設定でモックロケーションが無効になっていないと、エラー12がゲーム内で発生する可能性があります。
  • 原因2:デバイスでGPSサービスがオフになっているか、建物などの避難所にいるため、デバイスがGPS信号を受信できない可能性があります。
  • Part2、ポケモンGO で「位置情報を取得できません(12)」を修正する方法

    次はポケモンGO で「位置情報を取得できません(12)」を修正する方法について詳しく解決します。

    方法1:位置情報サービスを有効にする

    ポケモンGO で 「位置情報を取得できません」というエラー12を修正する最初の方法は、位置情報サービスの設定を確認することです。正確な移動をするためには、位置情報サービスが有効になっていることが重要です。位置情報サービスが無効になっている場合は、以下の手順に従って位置情報サービスを有効にすることができます。次はAndroidデバイスで位置情報サービスを有効にする手順を紹介します。

    • Androidデバイスで「設定」を起動します。

    • パスワードとセキュリティのタブの下にある「場所」に移動します。

    • 今、"モード"をタップして、GPSを高精度モードに設定するために「高精度」を選択します。

    方法2:開発者オプションでモックロケーションを有効にする

    Androidデバイスで「モックロケーション」オプションを有効にしましたか?モックロケーション機能が無効になっていると、AndroidデバイスでGPSロケーションエラーが発生します。モックロケーションを有効にすることは比較的簡単です。以下の手順に従って有効にすることができます。

    • 電話内でビルド番号を探します。ほとんどの場合、設定>端末についてで見つけることができます。

    • 開発者になるためにビルド番号を7回タップします。その後、開発者オプションに進みます。

    • 今、モックロケーションを許可するオプションを探して、有効にします。

    • 以上で、ポケモンGOをプレイして、エラーが修正されたかどうかを確認してみてください。

    方法3:デバイスを再起動する

    問題を修正するもう一つの有益な方法は、デバイスを再起動することです。デバイスの再起動はシンプルに見えますが、このようなエラーを修正するのに効果的です。Androidデバイスを再起動すると、すべてのバックグラウンド操作とサービスが更新されます。これにより、すべての小さなエラーや機能しないアプリがクリアされます。

    • 電源ボタンを長押しし、再起動ボタンをタップしてください。

    • GPSサービスを有効にして、Pokemon Goを再起動します。

    方法4: ポケモンGoをログアウトし、再ログインする

    ポケモンGoがまだ位置を検出できない場合、あなたのアカウントにエラーがある可能性があります。そのため、Pokemonアカウントからログアウトし、再度ログインする必要があります。これにより、ゲームで遅れている可能性があるものが削除され、問題が解決されるかもしれません。以下は、行う必要がある手順です。

    • デバイスでポケモンGoを起動し、Poke ballボタンをタップします。

    • 次に、「設定」をクリックします。

    • 画面の一番下までスクロールし、「ログアウト」をクリックします。

    • ログアウトしたら、アプリケーションを終了します。

    • 再起動して、アカウントにログインします。

    方法5: ポケモンGoデータのリセット

    もしそれらのいずれもうまくいかない場合、最後の手段はポケモン Goのデータをリセットすることです。ポケモン Goのデータをリセットした後、すべてのデータとキャッシュがクリアされます。おそらく、ポケモンGoのすべてのパラメータとデータが初期化されるため、うまくいくでしょう。以下の手順に従って、ポケモン Goのデータをリセットすることができます。

    • 設定を起動し、ストレージに移動します。

    • リストからポケモンGoを探してタップします。

    • 「ストレージをクリア」をタップします。データがクリアされるまで数秒お待ちください。ここで、ポケモンGOで「位置情報を取得できません 12 」が修正されました。

    Part3、iPhone/iPadの位置情報を偽装するソフトiAnyGoでポケモンGOの位置情報を偽装する

    もし、iPhoneでポケモンGOの位置情報を偽装したいなら、Tenorshare iAnyGoを試してみてください。Fly GPSやFake GPSとは異なり、iAnyGoはユーザーが希望するように現在の位置を変更するための多くのオプションを提供します。iPhoneでの位置情報の変更にはワンクリックの解決策を提供します。さらに、四つのモードを提供するので、ポケモンGoをプレイする際に非常に役立ちます。

    また、上記では、ポケモンGO で「位置情報を取得できません(12 )」を修正する一般的な方法を紹介いたしました。特に、最近、ポケモンGO位置偽装ソフトを使って、ポケモンGO で「位置情報を取得できません(12 )」 というエラーが出て、位置情報を偽装できない問題があります。これはポケモンGO公式がすべての位置情報を偽装するソフトをブロックした可能性があります。でも、心配する必要がありません。iAnyGoチームはすでに最新の解決策を探しました。つまり、ポケモンGOカスタマイズ版のインストールアシスタントPoGo Wizardをダウンロードしてから、PoGo WizardとiAnyGoを組み合わせてポケモンGOをプレイーする方法です。

    現在、弊社はパートナーであるPoGoskillと一緒に、より安定した最新のPogo Wizard ベータ 4をリリースしました。PoGo Wizard ベータ 4 の最新バージョンが 6 月 21 日にリリースされて以来、何回のテストを通じて、位置偽装の成功率は100%で、ユーザーからの反映によると、アカウントがBANされた事態は発生していません。iAnyGoを購入したユーザーは下記のPoGo Wizard ダウンロードリンクでPoGo Wizardをダウンロードしてから、カスタマーサービスに連絡し、無料でPoGo Wizardを使用できますので、安心してご利用いただけますよ。各プレイヤーはPoGo Wizardを使用中にサブアカウントを優先してテストしてください。また、位置情報偽装アプリを使う時、アカウントがロックされないように冷却時間に従うことに注意してくださいね。

    PoGo Wizardのダウンロードリンク:

    • まず、PoGo Wizardをダウンロードします。

    • パソコンにソフトウェアをダウンロードした後、「Apple ID」アカウントでログインする必要があります。

      ianygoで位置情報を変更する
    • ログインすると、ポケモンGOのインストールを選択するボタンが表示されます。

    • PoGo Wizardをインストールした後、後で配置を変更するには、iPhone の設定で「開発者モード」を手動でオンにする必要があります。ここで、PoGo Wizardのインストールが完了しました。

      ianygoで位置情報を変更する
    • つぎに、インストールしたばかりのPoGo Wizardを開くだけで、iAnyGoをダウンロードし、位置を自由に変更できるようになります。

    • パソコンにiAnyGoをダウンロードしてインストールします。iAnyGoを起動し、USBケーブルまたは同じWi-FiでiPhoneをパソコンに接続します。「開始」をクリックします。

      位置 情報 を 取得 できません 12
    • ポケモンGOを遊ぶ時に、転送したい住所を検索ボックスに入力して或いは地図上の任意の場所をクリックして、「変更開始」を押します。

      ポケモン go 位置 情報 を 取得 できません 
    • なお、iAnyGoの四番目の「ジョイスティックの移動」機能を選択すると、変更場所を決めた後、移動スピードと移動方向をいつでも自由に変更できます。

       ポケモン gogps エラー

    まとめ

    この記事では、ポケモンGO で「位置情報を取得できません(12)」を修正する方法を詳細に紹介しました。ポケモンGOの位置情報を偽装したいなら、業界最高なソフトTenorshare iAnyGoをおすすめしました。最近、各位置偽装ソフトを使っても、ポケモンGO で「位置情報を取得できません(12)」エラーが出た問題に対して、今すぐiAnygoを使って位置情報を偽装しましょうか。

    脱獄せずにGPS位置情報を自由に変更!
    • ワンクリックでiPhone/Android現在の位置情報を変更
    • GPXファイルのインポート/エクスポートをサポートする
    • 地図上で2つまたは複数のスポットを選択してルートを計画可能
    • GPSジョイスティックを使って、移動方向をより適切に制御可能
    • カスタマイズされたルートに基づいてGPSの動きを簡単にシミュレーション
    • ポケモンGO、ドラクエウォーク、Life360などの位置情報アプリで活用