iPhoneデータ管理

【2022年新版】iPadからiPhoneに音楽を転送する方法

iPadの音楽を持ち運びに便利なiPhoneに転送したい。" Androidから機種変更してiPhoneを手に入れたから、iPadの音楽をiPhoneに入れたい。"

iPadからiPhoneに音楽を送る方法は多様化しています。iOSデバイス間のデータ転送に詳しくなければ、その手段を取るべきか迷うでしょう。そこでこの記事では、iPadからiPhoneに音楽を転送するやり方について紹介します。

やり方1、Tenorshareの音楽転送ソフトを利用して、簡単にiPhoneへ音楽を転送する

Tenorshare社が提供する音楽転送ソフトiCareFoneを使うとスムーズにiPadからiPhoneに音楽を転送できます。さらに、音楽以外にも写真やビデオ、連絡先、メッセージ、アプリケーション、iBooksやブックマークを含む8種類のデータの転送と管理をサポートしています。

  • Tenorshare のホームページからiCareFoneをダウンロードしてパソコンにインストールします。

    iPad 音楽 転送
  • iPadをパソコンに接続してから、「音楽」アイコンをタブして、iPhoneに転送したい曲をパソコンにエクスポートします。

    iPad 音楽をPCにエクスポート
  • 次に、iPadをPCから取り外します。iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続して「♫音楽」をクリックします。

    iPadからiPhoneに音楽を追加
  • 「追加」から「ファイル」を押してiPhoneに転送したい音楽ファイルを選択して、「開く」をクリックするとパソコンからiPhoneへの転送が始まります。

    iPhone 音楽 転送

やり方2、MobieTransを使って、iPadからiPhoneに音楽を取り込む

MobieTransは、2017年に設立されたApeaksoft社が提供するデータ転送ソフトで写真、連絡先、音楽、ビデオ、SMSに対応しています。iOSデバイス間やAndroidデバイス間、さらにAndroidデバイスとiOSデバイス間、iOSデバイスとパソコン間でのデータ転送が可能です。

  • MobieTransを起動してからUSBケーブルでiPadをパソコンに接続すると、データがスキャンされます。

  • 転送したい音楽を選択します。

  • 転送先のiPhoneを選択してから転送を開始します。

    iPad 音楽 転送 MobieTrans

やり方3、iTunesで曲をiPadからiPhoneに同期する

Appleが提供するソフトウェアのiTunesを利用して音楽を管理していれば、iTunesを通してiPadとiPhoneの音楽を同期できるため転送するよりも速く作業ができます。iPadに入っている全ての曲がiTunesに入っている、またはiPadとiTunesが同期していることが条件となります。

  • パソコンでiTunesを起動します。

  • iPhoneをパソコンに接続します。

  • スマホアイコンをクリックし「ミュージック」を選びます。

  • iPhoneに追加したい曲やプレイリストにチェックを入れて「適用」を押すと音楽がiPhoneに同期されます。

    iPhone 音楽 転送 iTunes

注意: iTunesを使用してiPadからiPhoneに音楽を転送する場合は、まずiPadの音楽をコンピュータにバックアップする必要があります。

やり方4、エアドロップを利用して、iPadからiPhoneに音楽を移す

iPhoneに標準搭載されているエアドロップを利用して、iPadからiPhoneに音楽を転送する方法です。エアドロップはApple社が開発したiOSデバイス間のデータ転送をサポートする機能ですが、データを一括で送ることは出来ません。そのため、1曲ずつエアドロップでiPhoneに音楽を転送する作業が必要です。

  • iPadの「設定」から「一般」を選択して「AirDrop」をタップします。

  • 「すべての人」にチェックを入れて「AirDrop」を有効にします。

  • ミュージックアプリを起動し、転送したい音楽を選び「…」から「曲を共有」を選択して、送り先のiPhoneをタップします。

  • iPhoneで「受け入れる」をタップします。

    ipadからiphone 音楽 エアドロップ

やり方5、Apple IDにサインインして、音楽をiPadからiPhoneへ移動する

Apple Musicのサブスクリプションを利用していれば、デバイス設定で「ライブラリ同期」をオンにすると全てのデバイスでApple Musicから音楽をダウンロードできるようになります。

  • iPadとiPhoneで同じApple IDを使いApple Musicにサインインします。

  • それぞれのデバイスで「設定」から「ミュージック」を選び「ライブラリ同期」をオンにします。

  • iPadで聞いていたApple Musicの音楽をiPhoneでも聞けるようになります。

    ipadからiphone 音楽 転送

iPadからiPhoneに音楽を取り込む際のFAQ

iPadから音楽を取り込む方法は色々あります。その中でよく耳にする質問についてお答えします。

FAQ1、MacからiPhoneに音楽を転送できますか?

iOSデバイスとMac間では、Finderを通して曲、アルバム、プレイリスト、映画、テレビ番組、Podcast、ブック、オーディオブック、写真とビデオ、連絡先とカレンダーなどのデータを同期できます。曲に関してはミュージックライブラリ全体または選択した曲だけを同期できます。

  • iPhoneに転送したい曲をMacに用意します。
  • MacでFinderを開きUSBケーブルでiPhoneを接続します。
  • 「ミュージック」を選択し「ミュージックをiPhoneと同期」を選択して「適用」をクリックします。

FAQ2、iPadからiPhoneへ音楽をエアドロップできない場合はどうなりますか?

エアドロップはワイヤレス通信によりデータの転送をするため、なんらかのトラブルによりデータを転送できない場合もあります。エアドロップでの転送では各種設定の変更が必要となるため、どこかの設定の変更を忘れてしまっている可能性もあるでしょう。エアドロップでデータを転送できない場合は、念のためそれぞれのデバイスで以下の項目を確認してみましょう。

  • Wi-Fiに接続されているか
  • iCloudにサインインしているか
  • Bluetoothがオンになっているか
  • インターネット共有がオフになっているか
  • AirDropの設定が受信しないになっていないか

FAQ3、iPadの音楽を転送せずにiPhoneで再生できますか?

iPadをiPhoneにミラーリングすることで、iPadの音楽を転送せずにiPhoneで再生できます。しかし、効率が悪いためiPadの音楽はiPhoneに転送して再生することをオススメします。

まとめ

iPadからiPhoneに音楽を転送する方法を見てきました。パソコンを使う方法やiPadとiPhoneだけで出来る方法があるので、最適な転送手段を利用しましょう。Tenorshareの音楽転送ソフトiCareFoneは、シンプルなUIデザインと操作手順で初心者に最適なデータ転送手段です。ホームページに使い方ガイドが完備されており、無料の技術サポートを利用できます。

関連記事: iPadの音楽データをWindowsパソコンへ転送する

iPhoneデータ転送に最適・iOS 15対応
  • 無料でiPhone/iPad/iPodで必要なデータを一括バックアップ、選択したデータだけもバックアップ可能
  • iTunesを使わずにiOSデバイスとPC/Macの間で音楽、写真、ビデオ、連絡先、SMSを無制限に転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • 現在のデータを消去せずにファイルを選択的に復元可能
  • 複数の画像をHEICからJPGに数秒で変換可能

  最終更新日 2022-03-14 / カテゴリ  iPad音楽

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 4.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください